システムエンジニアインサイド序文〜一エンジニアの雑文〜

この文書群は、元々は「システムエンジニアインサイド」というシリーズで旧サイトの日記としてアップしていたモノである。
IT業界で働く人間の悲哀と不条理を詰め込んだ、ざっくり言うと愚痴日記の類だ。これに後日談なんかを付けて再公開したのが
001〜008までの各文書となる。
009以降については新ページへ移設後の文章なので、008と009以降で少し雰囲気が違うかも知れないがそこはそういう理由によるものである。



さて、改めて一コンテンツとしてこの文書群を公開するに当たり、少し私の経歴を書いておこう。



私は新卒で今の会社に入社して以来、ずっとSIの仕事をしてきている。(2010/11現在)主にインフラ系SEであるが、入社後2年間はJavaのプログラマとして
仕事をしていたという経歴もあるので仕事の幅は結構広い。(今後はインフラ系一本で行くつもり)


記載内容から分かるように、階層構造なSI業界において、比較的管理側の会社にいる。具体的に書くと、国内ベンダーの子会社の社員だ。管理側にいる
とは言え根が技術屋なので現場でマシン触りつつプロジェクトの管理もやる、という何でも屋(プレイングマネージャーとも呼ばれたりするが)が私の立場である。



会社は現職で2社目。前職はとある大手SI子会社で丸7年間、インフラ(システム基盤)を主に担当。(ただし、最初の2年間はJavaのプログラマ)

その後、前職のあまりの技術者軽視のスタンスに嫌気が差して、システム基盤の部隊がある現職に転職。(2012/4/2付け)
前職では「プレイングマネージャ」的なポジションが多かったが、現職でもほぼ同じポジションで仕事をしている。ただし、前職に比べると管理側、上流側の
作業比率が増えており、今後はより上流側の仕事が増えると想定。

なお、現職は所謂大手SIerとはあまり関わりがない独立系の会社なので、今までとは違った目線でSI業界を眺めて行けそうである。



そんな現場作業も管理もする人間がSI業界の現場をナナメ45°から見た雑感を文書化したのがこのシステムエンジニアインサイドシリーズ。知り合いには
「これ見たからSEには就職しなかったよ」とか言われて地味に誰かの人生に影響を与えていたりもするが、今後もダラダラと書き続けて行く予定
なので今後ともよろしく。

Written by Kamiya

2012/4/23 改稿
・経歴部分を変更。