システムエンジニアインサイド外伝〜Hikaru Kamiyaの転職日記その1〜

テーマそのままずばりのSEIを筆頭に、システムエンジニア(つかSI業界)の内面を垂れ流してきた人間としては書かねばなるまい。

SI業界の特徴でもある「転職」。ましてや伝聞ではなくそれを自分が経験したわけで。つまりこれ以上ない良いネタが転がってきたわけで

と言うわけでSEI外伝、「Hikaru Kamiyaの転職日記」、はじまりはじまり〜。



0.さて、

転職話をするにあたっては、ネタだけではなくそれなりにお役立ち情報も提供していきたいと思う。ということで、今回はその1として「お役立ちコーナー」を、
その2として「私が会社を変えた理由」ということでいつものSEIノリの文章を、それぞれ書いていこうと思う。

ということでまずはお役立ちコーナー。ここでは以下の4点について記載していく。

・転職までの流れ
・転職の始め方
・会社の選び方
・転職の心構え


別に指南書書きたいわけではない。あくまでも一SEとして、そして一転職者として感じたことを書いていこうと思う。



1.転職までの流れ

SEI外伝で書いているとおり、結局2回目の転職活動で会社を移ることになった。この流れを時間だけ追うと、以下のようになる。



2010年夏〜2011年の春 転職活動実施


・2011年
5月 転職活動終了

12月中旬 転職活動再開

12月下旬(もう年末の頃) 現職の初回面接



・2012年
2月9日 現職の最終面接

2月13日 現職からオファーレターを受領(企業へのアプローチ終了)

2月15日 前職の上司に辞意を伝える

3月30日 前職を退職

4月1日 現職に入社




6ヶ月ダラダラやっても決まらなかった1回目の転職活動時に比べ、2回目は開始から企業へのアプローチ終了まで3ヶ月。転職活動は3ヶ月以内で
終わる人がほとんど
、というセオリーに見事に当てはまっている。

さらに言えば一回転職活動を停止してから一年以内に再開、というのも割とよくある話らしく、期間だけで言えばスタンダードなパターンで職を変えた
ということのようだ。

なお、転職エージェントを利用していた場合、3ヶ月を過ぎるとエージェントからのオファーが極端に少なくなるため、3ヶ月というのが転職活動の
一つに目安になっているのは間違いないようだ。
言い換えれば、3ヶ月で決まらなかったら機が熟してなかった、と考えて一旦転職活動を中止したほうが良いのかも知れない。



2.転職の始め方

私の場合、取りあえずリクナビとかに登録するところから始めてみた。金も手間もかからなくて超お手軽。
そこからエージェントサービス会社を紹介してもらい、数社のエージェントサービスへ登録し、最終的にはそこで登録した一社のエージェントさんを経由して
現職に入社したので、この選択はあながち間違っていなかったと思う。

ただし、残念なことに初回面接で案件を数社紹介して後は放置、というエージェントサービス会社が少なくない。ちゃんと対応してくれる会社は、
私の経験で行くと全体の20%ぐらいの印象だ。まあ、残念ながら、少ないと思う。

中には定期的にメーリングリストで転職に関する情報を送ってくれるようなエージェントさんもいるので、リクエー以外のエージェントサービスが全てダメだとは
言わないが……個人情報だけ掠め取っていくクズ会社は駆逐されて欲しいものである。



3.会社の選び方

コレは会社(仕事)に対して何を求めるかで全然違ってしまうが、SEの転職を考えた際には考慮すべきキーワードがあると思う。それが、以下の三つ。

・ポジション
・技術
・系列(FとかNとかHとか)


順に説明していこう。



「ポジション」とは「何をする立場の人間となるか」である。
実際の仕事の内容もそうだが、IPAのITスキル標準を考えた場合、どのカテゴリに当てはまる物であるかと言うことも重要なポイントの一つだ。
これは、今後自分がどの方面で役立つ人材となっていくかという部分に関わる。また、技術重視か管理重視か、どういったSEとして生きていくか
決めるポイントでもある。



「技術」とは「どういった方面の技術を重視するか」である。
分かりやすいのはOSS志向かパッケージソフト志向か、といったようなことだが、ネットワークでもWANとLANで使う技術は異なってくる。
特定の技術を伸ばしてトップランナーとなるか、広く浅くのジェネラリストになるか、自分が不得手な部分であっても将来の需要を期待できる
技術を身につけるか……

知識や技術が飯の種である技術系SEにとっては、先を見据えた技術の選定は頭の痛い話だ。
ただし、流行っているからといってhadoopだのクラウドだのをキーワードにするのは止めた方が良いだろう。それはただの流行である。



「系列」とは私が嫌いなITゼネコンの話である。残念ながら、独立系と言われるところも含め、SIを本業とする会社のうちかなりの数が F=富士通、
N=NEC、データ= NTTDATA、H=日立、I=IBM
 のいずれかの会社と関わりが深い。

子会社はもちろんのこと、一見独立系に見える会社でも、請負の仕事がメインでその仕事は実は特定の系列の会社がほとんどである、
なんてことが結構多い。
もちろん、本当にFNHと関わりが少ない、自社サービスに強みを持つ独立系の会社もある。海外も含めればもっと多いので選択肢はある。



4.転職の心構え

大きく3つ。

・転職しただけで物事が良い方向に行くとは考えるな
・「絶対に転職する」という不退転の決意を持て
・前職に未練があるなら転職するな




まず、転職活動をしている人間が多かれ少なかれ思うこととして、「転職したら何かが良い方向に変わるはず!」ということがある。
残念ながらコレはただの幻想なので夢見ないように

転職すれば今までの不満は解決されるだろうが、必ず別の不満が生まれる。その別の不満が今抱えている不満より大きくなることもありえる。
特に、ステップアップを目的として転職する人は、状況が現状より悪化するというリスクがあることを十分理解した上で転職するべきだ。

そもそも人間関係の再構築、今までとは全く違う作業プロセス、これらは確実にストレスになる。今まではOKだったこともNGになり、
自分の思ってもいないことで怒られる。下手をすれば組織に受け入れられずに村八分になることもあるだろう。

これが転職の負の側面である。脅しているようだが、夢見て転職して再起不能になるよりはいいだろうと思って書かせて頂く。
転職三ヶ月で思っていた以上に負荷が高くてどうしたもんかと思っている私からのアドバイスだ。(残業時間換算で行けば月120時間程度だろうか)



二つ目の「不退転の決意」というのは、転職を完遂するために重要。転職はすごくパワーを使う活動だからだ

自分の就職活動の時を思い出して頂きたい。数十社も落とされて、要らない子扱いされたような気分になった人も多いと思う。就職活動の時は
比較的活動に専念できたが、転職活動は多くの場合自社の仕事と平行して、しかもこっそりやらなければならない。

前職をスッパリ辞めてから転職活動するという侠気のある方もいるかとは思うが、一般的にはオススメされないし私もオススメしない。
となれば 自社の仕事に費やすエネルギー消費+転職活動のエネルギー消費+自社に対してステルスミッションしなければならない気苦労 という
高負荷状態で活動することになる。

当然、自社の仕事をしているだけの時より使うエネルギーは多い。感覚的には普通に仕事している時に比べると倍近いエネルギーがいるんじゃないかと。

はっきり言って中途半端な気持ちで活動するとあっさり心が折れる。自社の仕事と面接がかぶったら自社の仕事を誤魔化してでも面接に行く
ぐらいの気持ちじゃないと転職活動のモチベーションは維持できないので注意。



最後の一つはどちらかというと辞めるとき、辞めた後の話だ。

辞めるときに引き留められてやっぱり残留しました、というのは最悪のパターンだと思う。
転職者は 納得して選んだ転職先を蹴ること+そもそも辞めようと思うに至った動機+一度辞めると言ってしまった気まずさ+結局残留した自分の弱さ が
心に引っかかってモヤモヤしたまま仕事をすることになるし、会社側は「いつ辞めるか分からない奴」という扱いで転職者を見るようになる。

長期的に見て転職者としてはおいしくない状況だ。昇進にも影響が出る可能性は十分に考えられる。
(昇進なんかどーでもいいやと思っている人でも、リストラの対象にされやすい、なんてことがありそうだ)

また、引き留められて心が揺れたけど結局転職した、と言う場合も転職先でことあるごとに前職と比較し、「ああ、前職の方が良かったかな……」とか
思っちゃって結局仕事に身が入らない、ということもありえる。

自分の上司や同僚がとても良い人で、ものすごく良くしてくれて涙ながらの別れになっても、本当に申し訳ないと言いつつ転職の意志は変わらない
ぐらいでないときっと後悔すると思うのだ。



長くなってしまったが、その1はこのへんにして次はその2。私自身がどういったきっかけで転職を思い、行い、現職に至ったか。

そして、転職後3ヶ月が過ぎ、転職の前後で何を思ったか。

最後に――SEとして転職は是か非か。

Written by Kamiya