システムエンジニアインサイド017〜使えなくなるということ〜




今の仕事では立場的にチームビルディングをする事が少なからずある。

チームには協力会社の人も、社員の人もいるが、やはりいろいろな事をお願いするという観点では社員を増やした方が良い
ところが売り手市場の今の転職市場、社員が増えるというのは中々あるものではなく、そもそも面接をして欲しいと言われることすらまれだったりする。
某青い銀行のシステムリプレースの仕事をやるくらいならウチに来た方が良いと思うんだけどなあ……(元&現参画者から話を聞いている身として)



そんな状況に一筋の光明が。インフラ系志願でウチに応募してきた中途の方がいる、という話があった。年齢は41。

ついては面接をして欲しい、との事だったので二つ返事で了承。40ちょいでそれなりのスキルがあるなら即プロジェクトのインフラリーダーにぶち込める、というゲスい淡い期待を抱いて。



そして面接。もちろんマッチングの観点があるので、まずはどういったことをやってきていて、どういったことが得意か、どういった仕事をしていきたいか、などを聞いてみた。



開始直後の私:( ^ω^ )

10分後の私:(;^ω^)

終了直前の私:( ゚д゚)、ペッ



あくまで私の心の中を表している、ということは書いておこう。とにもかくにも、全くダメだった。

技術が? 経験が? いいや、そんなことはない。というかそこはそれほど見ていない。
唯一にして最大にダメだったのは、まともにコミュニケーションが出来ないということだ。



意外かどうかは人によるだろうが、1+1は?と聞いて「2」と答えられない人は意外に多い。仕事で上司に怒られるパターンの上位に上がるパターンだ。
簡潔に聞かれたことに答えてくれればいいのだが、



・「それはですね、」と聞いてもいない回答のバックグラウンドを話し始める人

・全然関係ない話を始める人(最終的にはつながっている的に話すけどミッシングリンクがあって結局つながりきってないケース多し)

・質問をはき違えて話を始める人(こちらの質問が悪かったかと思って話の途中で補足してもやっぱ話が違う)




などなど。この受け答えが出来ないと根本的に一緒に仕事をする人としてやってけない、という思いが立って、落選確定となってしまう。

もしかしたらものすごくコーディングやシステム構築が出来る人なのかもしれないが、その場合つきっきりでフォローする人がいないと成り立たない。残念ながらそこまでの余裕は私たちにはないので、
お断りせざるを得ないわけである。






さて、お断りした後に思ったのは一種の恐怖。もしかしたら自分もああなるかも知れない、という恐怖だ。

新人に近ければ近いほど、年をとって経験を積んでいけば、それなりに仕事が出来るようになるだろう、と思っている人が多いと思うが、残念ながらそうではない。
SEという職種に限って言えば、自己研鑽の意識と、周囲からの適切なフィードバック、そしてフィードバックに応えるためのトレーニングが無ければ、年を取れば取るほどどんどん使えない人になっていってしまう。



年をとるという事実だけで言えばデメリットの方が多い。わかりやすい例で言えば、若いなら経験不足で許されたことでも、年を取れば年齢の割に何も知らない馬鹿扱いされる、とか。

つまり年を取るということは、無条件で年齢に見合ったスキルを求められるのである。
何も期待されない新人や若手よりよっぽどハードルの高い世界で生きていかなければならない。しかも強制的にだ。



ダメ扱いされないためには、常日頃から目標とその達成を意識し、将来の自分がどのように扱われ、その状況でも活躍できるかを考えながらいろいろなスキルを身につける必要がある。
そうでなければいつの間にか「使えない人」と見なされて糊口をしのぐ程度の仕事と給料しかもらえなくなるかも知れない。

具体的にどうすれば良いかのヒントは、その年代にある人たちから学ぶしかないのだろうと思う。40、50でも尊敬されパフォーマンスを発揮している人たちがどういうスキルを持ち、それを
どのように使っているのかを見て、それを参考にして自分が「こうあったらきっと他の人の役に立つだろう」というポジションを見つければ良いのだ、とアラサーの私は思うわけである。

Written by Kamiya



久々のSEIが思った以上に説教臭くて自分の年齢を実感。



2016/7/16 初稿