システムエンジニアインサイド015〜スキキライ〜

年単位で間が空くというQCDの管理が全くされない本シリーズ。

久々の話は、大人の事情に刃向かう話である。



先日の話だが、私の部下に当たる人間(個人的にはそう思ってないが体制上そんな感じ)が、ちょっとした相談事を持ちかけてきた。
年は30前半、私の部下であるが故にシステム基盤系の実装やプロジェクト管理をやってもらっている。



部下「こないだ副社長(うちの組織のトップに当たる)と面談をしたんですが、そのときに去年から何も成長してない、もっと勉強しろと言われてしまって……」

私「うん」

部下「みんなと同等のレベルで仕事をやってきたつもりなんですけど、これで成長してないって言われちゃうと……あとどうすれば良いんでしょうか?




まあ良くあるパターンの話である。そこで私が答えたのが以下のやりとり。



私「○○さん、今の仕事って好きでやってるか、嫌いでやってるか、得意か、不得意か、意識しながら仕事してる?

部下「いえ、それほどは……」

私「好きな仕事なら覚えも早いけど、嫌いな仕事は身につくのも遅い。それを踏まえないと、自分が成長するために使うコスト……時間やそれこそお金だけど、それが
多く必要なのか、少なくてすむのかを見誤るし、結果成長しないって感覚にもなる。まずそこを意識しながら仕事をしてみたらどう?」




という感じである。色々と話を進める前に、まず彼の問題を分解してみよう。大体こんな感じだろうか。



1.周囲から見て成長が見られない

2.周囲は本人の努力が足りないと考えている(本人の感覚と周囲の感覚の差異)

3.本人自体は人並みに努力している認識であるが、期待される成長度とは乖離している




まず、1.についてはこれ自体が問題ではなく、これは彼が抱えている問題から出てきた結果と言うべきだろう。

そうなると、扱うべき問題は2.と3.。2.は成果が出ていないことの解消されるものなので、掘り下げるべきは3.である。
では、実際に本人は努力してるのか。本人の主観的な点で考えると本当にそう思っているだろうし、もし努力していないと
思っているならこんな相談はしてこないはず。

とすると、本人的には努力しているが、その努力のレベルが足りない? という問題2.の話が出てきてしまうわけだが、これはあくまでも
第三者から見た時の感覚である。ここでようやく既出の問題の真因たる問題4.が浮かび上がってくる。



4.求められる成果(成長)を出すために、自分自身がどれぐらい努力をすればよいのかを本人が理解していない



これが問題の真因だろう。この原因をさらに掘り下げると経験の浅さだったりその人の向き不向きなど色々あるが、さしあたってはヒントを与えつつ彼自身の
心が折れないように補強しておく
必要がある。 とてもめんどくさいが……

そこで私の問いかけが出てくる。すごく端的に言うと、「その仕事をどう思ってるかちゃんと意識しながら仕事せい」ということだ。



キャリアが長くなれば長くなるほど、年を取れば年を取るほど仕事は責務であり選んでいる場合じゃないという意識が強くなると思っている。
しかし、ある仕事に対して好きか嫌いか得意か不得意かという所を無視すると、自分がその仕事をやることが適切なのかが判断できなくなったり、
根本的に仕事のモチベーションが保てなくなったりする。

仕事のスキキライはその人の成長にも大きく影響する。一般的に 好きな仕事≒得意な仕事 である場合が多く、好きな仕事だからその分野が
伸びていって得意になる、ということがスキルアップの基本である。
一方でその逆も成り立ち、 嫌いな仕事≒苦手な仕事 でもあるわけで、嫌いな仕事はその分野に関する成長率は低い。また、不得意になるので
嫌いな仕事のコストは高止まりする。

(注:好きな仕事だけどやるのは苦手、というひねくれたタイプの人もいるが、いったん置いておく)



つまるところ、嫌いな仕事で周囲から求められる成果を上げるためには、他人より多くの仕事をしなければならない。
それを理解していれば本人の努力と実績が乖離したとしてもある程度納得できるし、実績を上げるためには人より多くの努力を意図的にしなければ
ならないことも理解できるはずだ。

理詰めで考えると、相談してきた部下は、去年末〜今年半ばに任された仕事が嫌いだったと推測できる。仕事の割り当て上仕方がない部分もあったが、
多少彼の得意な(好きな)仕事も配してあげた方が良かったかなあ……とは思ったり。



人間が特定の分野で成長したいと願うとき、支払うコストは人によって大きく異なる。極端な話、コストを払ってもほとんど成長しないこともあるわけで、
その場合潔くその成長ルートを諦めることも必要になってくる。
そのコストを決める要素の一つとして、仕事に対するスキキライというものは大きく影響するだろう。仕事において個人の感情は軽視されがちであり、
各個人としても吐露することは敬遠されがちだが、心の内ではちゃんとスキキライを把握した上で、どんな作業でも実施すべきである。



……まあ、今回の一件はそのぐらい20代後半のタイミングで気づいておけよと思わんことも無かったが……

2015/9/20 初稿