システムエンジニアインサイド014〜かみ合わない人々〜

1/31の日記で「次回のSEIはなかなか面白い話だと思う」 とかフラグ立てたらいつの間にか転職までしちゃったよもう。

やっぱりフラグは回収される運命にあるようだ。

まあそれはそれとしてそのお話。ただ、転職を経験したという経験も交えながら話を組み立てられるので、その点ではむしろ暖めといてよかった、てな感じ?
(言い訳です)



さて今日のお話は、考え方が真っ向から違う人たちを集めてシステム開発するとどうなるか、について。私の前職最後の仕事の話である。






私が前職で最後に関わっていたプロジェクトは、とある官公庁のC/Sシステムのリプレースであった。リプレース、とさらっと書いてしまったが実際には
Webシステムへ仕組みを変更し、かつIaaSを使って構築という中々の大改造。実際には再構築に近い。

このプロジェクトには一つ特徴があり、アドバイザとしてとある企業の人間が入っていた。私は社名を聞いたことがなかったのだが、OSSを使ったシステム
開発を得意とする会社の幹部社員クラスの方であり、いわゆる「Web系」の会社の人であった。

と言うことで、「顧客」「Web系のアドバイザ(実際は顧客の一部)」「大手SIの自社」という3者でプロジェクトを進めていくことになった。
この体制が後々問題となっていく。



さて体制が決まりプロジェクトが開始したが、開始当初から顧客と自社の間の話がかみ合わない。
たとえば、顧客(実際にはアドバイザの意見)の要望としてこんな物が来る。



1.検索は全文検索をトップ画面に出すべきである
2.色をある程度自由に選べるようにするべきである
3.UIはAjax等を利用し、UXのレベルまで踏み込んだ作りとして欲しい


これに対して、自社の回答。

1.全文検索は一回一回の検索が遅くなるから個別項目の検索と並列にすべきである
2.ドキュメント作成の都合上、色は固定させて欲しい
3.UXを追求する前に、まずはちゃんと動く物を作りたいと考えている


回答に対する顧客の反応。

1.全文検索でそれほど遅くなるわけがない。こちらの方が使いやすい。
2.色を変えるぐらい大したことはないはずだ。ドキュメントは一色を代表として採用し、機能を追加すれば良いだろう。
3.ちゃんと作るのは当たり前で、+αとしてUXを要求しているだけだ。


この反応に対する自社の回答。

1.クラウドを利用することで性能の問題も発生する可能性がある。また、全文検索ではヒットする件数が多すぎる。
2.ドキュメントと作成物は整合性を取る必要がある。また、テスト項目も増えて工数がかさむことになる。。
3.システムの形態がWebシステムへ変わることで、設計部分が非常に多く、UXまで手が回るかどうか分からない。UXについては仕様書にも記載が無く、
まずは仕様書を満たす物を作る方が先決だ。

(以下略)



はい、平行線という言葉がとてもよく似合う状況である。

別にどちらかかが間違った事を言っているわけではない。実際にはかみ合っていないのは自社の意見と顧客のバックにいるアドバイザの意見であり、
これが会社ごとの文化の差なのである。



大手SIである自社としては石橋を叩いて渡る的な開発を行う事が多く、UXは二の次になることが多い。ぶっちゃけ業務に関係ないものは
作りたくない
というのが本音だったりもする。
技術面でも最新トレンドに疎い人が多く、保守的な開発手法、実装方法を採用しがちだ。

一方、Web系の開発者とかと話をしていると、取りあえずサクッと作ってダメなら変えればよい、という考えの人が多く、技術面でも最新トレンドの
キャッチアップが早い人が多い。
検討するより実装して検証したほうが早い、そういう考え方を是としている。
(転職先もどちらかと言えばWeb系の会社の文化だが、上記のような傾向がある)



この考え方の違う二者がそれぞれの主張をしたら食い違うのは当然。

極端な事を言えば、UXが欲しかったらウチの会社に受注させるべきじゃなかったし、大手SIの石橋を叩いて渡る的な開発方法に乗っかるのであれば、
アドバイザも大手SIの人間を引っ張ってくるべきだった。

大手SIの開発力とWeb系の会社のアイデアを上手くミックスできていたらこの組み合わせも悪くなかったと思うが、現実はそう上手くいく物ではない。
誰も間違っていないからこそ上手くいかない、難しい部分である。



この会社レベルでの選定ミスの結果、このプロジェクトの基本設計、詳細設計フェーズはかなり難航することとなる。

最終的には自社の主張がほぼ通った形になったが、アドバイザの方が会議に出るたび意見が通らず不機嫌になるという状況になってたり。
結果だけを書けば、アドバイザが入った事により調整が面倒臭くなっただけだった。






……ということで、今回は「ベンダー選定はよく考えて行いましょう」というお話を紹介してみた。
特に、発注する側の方々は会社によって成果物の作成イメージも開発スタイルも大幅に違う場合があるということは理解しておいた方がよいだろう。

とはいえ、大手SI関連の人達はもうちょっと勉強した方がいいというのは強く思うところであるが……



Written by Kamiya

一つ誤解しないように補足すると、大手SIの人間の技術が劣っている訳ではないと思う。ただ、最新技術に興味がない人が多いだけだと思う。
(それも大問題だとは思うが)

ちなみに、私はどちらかと言えば顧客側(つまりアドバイザ側)の意見の方が賛同できていた。今思えば退職のきっかけの一つだったかも知れない。



2012/4/23 初稿