システムエンジニアインサイド011〜事例:やりたいことが無くなると〜

ちょくちょく(2011/1月〜5月)日記の中で出てきている話だが、今のプロジェクトのリーダーはインフラの経験が無いにもかかわらず、インフラ運用のリーダーをやっている
と言う話をすると大半の人からこう言われる。



「何でインフラの経験が無いのにインフラの運用やってるの?

こっちが聞きたいくらいじゃ。



と愚痴っても仕方がないので舞台裏を。端的に言うと、「やれって言われたから来た」そうな。って話をすると、前述の疑問をぶつけてきた人は、



「なんじゃそら」



と反応を返してくる。私も至極自然の反応だと思います。



こういうことが起こるのはウチの会社がプロジェクトマネージメントの仕事が主であるから。
そして、プロジェクトマネージメントならアプリだろうがインフラだろうが運用だろうが開発だろうが大して変わらんだろと思われている節が(一部)あるから。

かつ、一定の年齢になった人は多くがプロジェクトマネージメントの仕事をしているから。
そして、この人たちの中で畑違いの仕事をやれと言われたときに「嫌だ」と回答しない人がいるから。



私自身ツッコミどころが多すぎて困るのだがこれがウチの会社の実情なのである。Noと言えるSEマジ急募。



私も最初は「何も知らないのに連れてこられてリーダーやらされて大変だなぁ……」と思っていたのだが、冷静に考えれば彼らも子供ではない。(むしろオッサン)
「誘われるままホイホイついてきたのはそっちじゃねえか!?」 と考えが変わり、今では同情の余地もなくなった。



私の会社に限らず、IT業界ではどのプロジェクトに参画し、どのような役回りで業務をするかを自分では決められない事が多いように見える。
一生一プログラマーってのも中々難しいし、ずーっとサーバに触っていたいんだ! と駄々をこねても「年齢もイッてるし」という理由でリーダーとなる場合が多い。
(年功序列でリーダーをやる事の是非はここでは問わない。書くと長くなるしいろんなブログにエントリあるし……)



ただ、リーダークラスの役割にしてもプロジェクトマネージャの他にITアーキテクトなんかもあって、必ずしもみんながみんなプロジェクトマネージャを
やらなければならない理由は無い。もちろん、プロジェクトマネージャにしてもアプリインフラ開発運用全部同じなんてことはあり得ない。

マネージャは大なり小なり慕われる物であり、慕われるのは確固たる技術的、経験的裏付けがあるからというのが私の考えだ。
なので、それなりにマネージメント対象の業務に詳しい人がマネージャになるのが筋のはずなのだが、ウチのプロジェクトみたいなスキルミスマッチ地獄
発生する事がある。さてなんでか。



この疑問を解き明かすべく、なるべく遠回しに上記のリーダに事のいきさつと現在の心境を聞いてみると、



「ちょっと来て欲しいと言われたので来た」

とか

「元のプロジェクトに戻りたい」



というご意見が。
えーと、それって「特に自分の意志や将来の希望はありません」って言ってるようなもんじゃね?



SEという職業は同じ会社にいるにしても、複数のプロジェクトを数年刻みで渡り歩くことが多い。銀行や官公庁など、10年20年と同じ業務を
担当する人もいるが、それはきわめて希なケース。
そして、そのプロジェクトごとに担当する業務が全く違うのも良くある話である。

私も社会人7年目だがプロジェクトを5つほど渡り歩いている。そして、アプリからインフラへと大幅な方向転換を経験してもいる。とはいえそれは社会人3年目
ぐらいの頃で、色々と経験することがプラスになった時期。
ある程度経験を積んだ後は、自分の目指す方向性を固めて、過去の経験を生かせるプロジェクトに参画する方が自分にも周囲にもプラスになるケース
が多くなると思う。

もちろん新しいことにチャレンジすることも大事だが、それはそれなりの覚悟と周りからの重圧がある事を理解した上でのチャレンジになる。
年を食っていると言うことはそれだけで仕事への期待値が上積みされると言うもの、新人上がりのチャレンジャーとは扱いが違う。



……って事をどーもあまり考えて無かったみたいなんだなウチのリーダーは。ここからは色々な人から話を聞いた上での仮説だが、
SIerに勤める人は気にしておいた方が良さそうな事でもある。



ウチの会社の場合、会社の規模がそれなりに大きいと言うこともあるのだろうが、一つのプロジェクトが終わると上司からの指示で次のプロジェクトに
入れられることが多い。
まあ人手不足で結構な事は結構なのだが、そうなるといつの間にか受け身になり、「自分のやりたい仕事を取りに行く」という考えが薄れるらしい。
期頭の目標はまずは今のプロジェクトを平穏無事に続けていくこと、ということが数年に渡り続く。

やがて何をしたくてこの会社に入ったのか、好きな仕事は何か、そもそも自分はどういうエンジニアになりたい(なりたかった)のかが思いつかない、
もしくは忘れて日々の業務をこなすことだけを考えるようになると、やがてウチのリーダーのような悲劇に見舞われるのかも知れない。

Written by Kamiya



少しだけリーダーのフォローをすれば、やりたいことや目指す物が全く無くなった訳ではないと思う。しかし、それを表現しなければ同じ事。

結局、上記のリーダーはお客さんとウマが合わず、リーダーを下ろされる事になりそうだとのこと。リーダーを下ろされたところで諸処の理由で
元のプロジェクトには戻れず、一運用作業者としてプロジェクトに残ることになりそうだとも聞いた。

今回はIT業界のリアル怪談というところか。

2011/5/23 初稿