システムエンジニアインサイド010〜名乗れない社名〜

今いる現場はエンドユーザ(お客さん)と直接会話することが多い。お客さんと話をするときの切り出しは、こんな感じだ。

「お世話になっております、○○(社名)のKamiyaと申します」



このときに名乗っている社名だが、自社の社名ではない。この仕事を受注した大手SIerの社名だ。公共システム関係等、大きめの仕事を
しているとこういうことは良くある話である。ていうかお客さんに自社の社名名乗ったこと無いなそういえば。

日本のSI業界でSEやってる人で、お客さんに自社名を名乗って仕事できる人はそこそこ幸せな立場だと思う。(全てがそうでは無いだろうが)
ゼネコン形態の日本のSI業界では元請けの名前を名乗るのがほとんどだからである。自分で書いててしみじみ感じるが、本当に腐った業界だ。



名前だけじゃなく、とかく自社との結びつきが薄い人が多いのがこの業界の特徴。たとえば、



・自社の事務所に自席がない

・本社の場所を知らない

・自分の組織上の上司に会ったことがない(連絡先も知らない)




等々。3番目、ネタだと思う人もいるがかなり良くある話である。(上司は本社、自分は常駐先というケース)
ここまで来ると「これは会社と言えるのだろうか」と疑問が沸くことも多いのだが、どうもこれがイマドキの会社というモノらしい。



いや絶対に違うと思っているが。

Written by Kamiya



もうフリーでやればいいじゃないかとのご意見もあるだろうが、セキュリティの関係でフリーの人には直接仕事が発注できず
やむを得ず二次請けの会社の社員としてプロジェクトに参画させている場合が増えている。
八方ふさがりもいいところだ。

2011/2/27 初稿