システムエンジニアインサイド外伝〜真実を映す鏡(転職活動のお話です)〜

今回はかなりパーソナルな話なのでSEI外伝としておく。他人の転職のすったもんだを見聞きして楽しい人間がいるのかどうかも分からないが、
とあるSEの転職経験のお話と言うことで。



前HPの時代から日記を追いかけていただいている方はよく分かると思うが今年(2010年)の夏頃から転職活動をしてきた。別に会社に不満があった訳ではない。
というか、うちの会社は流石にベンダー子会社だけあって待遇はかなり良いのだ。
残業代がよっぽどのことでもなければフルで支払われる会社、と言えば同業者には待遇の良さも伝わるだろう。
(残業代が出ることが良い会社の条件ってのもおかしな話だが)

じゃあ何故その待遇を捨ててまで転職活動をしているかと言うと、理由は大きく分けて二つ。「今の会社の技術力の無さにがっかりした」ことと、
「自分の市場価値の確認」である。どういうことか。



1.技術力の無さ

前者の技術力の無さは今に始まったことではない。そもそも親会社の人間からして技術力に難ありなのである。
大手ベンダーの社員だからIT技術がすごい、なんて事は全くないのである。むしろ、純粋な技術力や知識を比較したら子会社の人間の方が技術が上だ
なんてことも良くある。

大手ベンダーで技術力を持つ人がいないわけではないが、人数はそれほど多くはないと思う。それこそ製品開発部門や技術サポート部門のような人間で、
IT企業の大多数を占める顧客と商談しシステム開発を行う人間の技術力は大方において大したことはない。どのくらい大したことがないかと言えば、
Linuxベースのシステムのインフラ担当なのにLinuxのコマンドが分からない(それこそlsとかfindが分からないレベル)だったりする。

ちなみにこんな事があった。データセンターでの深夜作業に親会社の社員が何故か一緒について来たので、作業を見て覚えようとしてるのかなあと思い

「○○さん(大手ベンダー社員)も一緒に作業やりましょうよ」

と誘ってみたら

「いやあ私よく分からないからお任せしますよ」

とのこと。 テメェもう帰れ。



で、親の社員がこんな感じなので子の社員も技術力よりマネージメント重視になってくる。(もしくは私みたいに技術志向に走る) 確かにプロジェクト
マネージメントも技術だけどいくら何でもIT技術軽視しすぎじゃねえか? そんなこんなで「オラこんな部署嫌だ」状態になったのがきっかけの一つ目。

正確に言うと嫌というよりは、「ここにいると自分もそうなってしまうんじゃないか」という恐怖感の方が強かったりするのだが。



2.自分の市場価値の確認

大企業なり中小企業なり、一つの会社に勤め続けると「世間一般としての」自分の価値が分からなくなってくる。ここで言う価値というのは、端的に言えば
給料の話である。

ある会社においての価値というのは単純な能力だけでは決まらない。その会社の風土になじみ、上手くやっていける能力や上司からの贔屓なんてのも
価値に含まれる。

じゃあ、特定の会社に依存する情報を全て切り落として単純な能力だけで勝負したら自分にいくらの価値がある? という単純な疑問がわき上がり、
転職活動を通してそれを見極めようとしたのがもう一つのきっかけだ。



さて、長くなったがここまでが転職活動をするに至った動機だ。では、1四半期ほど転職活動をしてきたその結果はどうだったのか、転職のきっかけに
なった事項も絡めて端的に書こう。



・結果

書類通過、筆記、面接を行った企業は10数社。そのうち最終面接まで行った企業は1社。しかし、相手方の事情により不採用となった。
結果として(2010年12月現在)転職はなし。



・自分の技術力について

転職先で求められる技術力には達していない。少なくともプロジェクトマネージャとして人、モノ、金を動かす経験をするか、
ITアーキテクトとして求められる技術(Linuxについてのカーネルレベルの知識やOracle構築、チューニング能力)が必要。
アプリケ―ション基盤(フレームワーク等)についての知識も欠けており、技術で勝負できる実力はない。



・自分の市場価値について

実力のみで勝負する場合、年俸で言えば450〜550が妥当かと(各企業との面談の感触から)。今の会社での評価はそれ以上のため、
能力+実績補正を考えると妥当かやや貰いすぎぐらい。



まあ、何というか良い意味で天狗の鼻っ柱折られた感じである。市場で勝負できると思っていた技術力はとうてい及ばないと知り、意図的に担当を
避けていたプロジェクトマネージャの能力も無い。つまるところ、武器なんて何にも持ってなかったというのがよく分かった。
しかし同時に明確になったのは「技術力をさらに鍛え上げるか、マネージメントを学ぶ必要がある」ということ。



課題は見えた。時間もある。足りないものがあれば補えばいい。結婚もせず彼女もいないんだから自己研鑽に時間を費やせばいい。
うん、書いてて心が結構痛いよ。(最近親からも「まだ結婚しないのか」とか言われるようになった)



今後の予定としては2011年1月半ばまでは今の仕事が忙しいので、一旦転職活動は中止。仕事をこなしつつOraleのAWRとSTATSPACの読み方と
RedHat Enterprise Linuxのチューニングを学んで、1月末から再始動を目論んでいる。ひとまず、年越しは今の会社のままなのでほっとしたやら
残念やら。



転職する事そのものを最終目的としないのであれば、内定が出ようが出まいが、転職活動ってのは結構楽しいモノである。いやまあ、会社に勤めつづけていればの話だが……

Written by Kamiya



余談:タイトルについて

自分の姿を姿見で見て、正確な判定が出来る人間がどれだけいるものだろうか。それより、無関係の第三者に忌憚ない意見を貰った方が分かりやすいと思う。
とどのつまり、そういうことである。

2010/12/13 初稿