システムエンジニアインサイド009〜切なすぎる育成ゲーム〜

比較的管理側の会社にいると、どうしても避けて通れない責務が発生する。「協力会社の人の育成」である。

いやもちろん育てたくて育ててるわけでも無く育成を頼まれたこともない。プロジェクトに新人や経験の浅い人が入ってくると戦力になってもらうために
どうしてもそうせざるを得ないのだ。とはいえ自社で教育すりゃいいのになんでこんなことになってるのか。



日本のIT業界特有なことだとは思うが、自社の人間も他社の人間も上も下もぐっちゃぐちゃにしてチームが構成されていることが多い。前述のように
チームとしては自分の部下である人間が他社の人間であることなどざら(というか私の場合このパターンしか経験したことがない)だし、逆に自分の
実質上の上司(というかチームリーダー)が他社の人間だったりすることも非常に多い(もちろん法的に指揮命令関係があるわけではないが)。
そんな実情から、不思議な育成関係が生まれてくるのである。



さてこの育成ゲーム、育ててもらっている側は良いとして育てている側としてはとても切ない展開になることが多い。理由としてはいくら手塩にかけて
育てたところで「所詮は他社の人」という事に尽きる。

育ててもらっている側は会社の垣根なんかあまり気にせずに吸収していくので、それなりにまっとうな育て方をされれば感謝こそすれ恨みはしない。
ところが、育てた側にとっては相手は自社の人間ではないので、相手が育ったところでチームを離れられてしまえば自分&自社の利益にはならないからだ。

新人や未経験者の機嫌を損ねないようにしつつ、今のスキルで裁けるだけの仕事量で達成感を与えて自分の強みを持たせていき、ほど良く育ったところで
特に見返りもなくドナドナされていくわけなので育てる側としては人を育てたという自己満足とちょっぴりの部下育成スキルが残るだけで実利的には
教え損である。教育に資金を回せない小規模な会社では、実質タダでOJTをしてくれてさらに金ももらえるまあ素敵と言ったところか。
育ったチームメンバーをドナドナしていく会社を見るたび心の中で「教育費寄こせよこの野郎」と思ったことがあったり無かったり。
(豆知識:SEの新人研修(丸2ヶ月ぐらい)の一人当たりの教育費用は約100万円だそうな)



そんなわけで、この育成はパピーウォーカーにでもなった気分でやらないとやっていけない。相手はわんこでもなくモフれもしない生物だが多少
育てばそのプロジェクトの間はある程度仕事を振れるのでそれがせめてものバックである。

まあ、私も他社の人に育てられたクチなので恩返しと思ってやっている部分もある。とはいえ5人も育てればもう返すもの無いと思うのだがまだ足りないか。

Written by Kamiya

2010/11/16 初稿