システムエンジニアインサイド008〜準備8割作業が2割〜

お盆も過ぎ9月に入ったというのに暑い。ちょっと暑いとすぐPCのファンがブン回るので風きり音に残暑を感じるそんな今日この頃。
そんな残暑も厳しいのに休日出勤する羽目に。お客さんが休みの間に機械の設定変更をするとのことだった。
この作業の作業リーダの人は、金曜日の作業打ち合わせの時にはこう言っていた。

「立ち会いだけやってくれればいい、すぐ終わるよ」

この言葉に何度騙されたことか。そしてまた騙される。



作業自体はそこまで大したことはない。とあるシステムのネットワークの設定変更を実施するという作業だった。私が直接担当しているシステムでは
ないのだが、担当システムの通信経路の一部に設定変更対象のネットワーク機器が入っているので設定変更後の動作確認(疎通確認)をして欲しい
とのことだった。
なので私はとくに作業をしない気楽な立場ではあるが、動作確認が出来るようになるまでの1時間を高山気候であるデータセンター内で
過ごさねばならない
ことだけが気が重い。(温度15〜20度前後&強風&乾燥)

作業は朝10時開始昼12時終了予定。設定変更に1時間、動作確認に1時間というスケジュールだ。設定変更は物理的なケーブルの差し替え作業と
ネットワーク機器の設定内容(ウチは「定義」と言う)の変更作業に分かれているが、定義は事前に作っておいた物を上書きすれば良いので
簡単なものだ。と、思っていた。



さて、予定通り11時を過ぎても何も連絡がなかったので作業リーダの人に確認してみた。すると、

「ケーブルは差し替えたんだけど、ネットワークの定義の変更が終わって無くて……



え、事前に作ってないの?



そして全く以て予定通りに12時を過ぎる。過ぎたあたりでようやく完了連絡が来たのでさていっちょやるかと動作確認をしてみたら繋がらない。
作業スケジュールを決めるときは最悪の想定をして決めろと言われるがここまで見事に最悪ルートをトレースしてくれなくても良いのに。

あーだこーだやったが結局繋がらず、何やってんだと設定変更チームの様子を見に行ったら設定変更担当のSEがGUI上(Webブラウザ)で
設定変更している
のを見てがっかりした。CUIで直せる定義をGUIで直すSEを私は信用しない。

「定義をエクスポートして上から下まで確認してから設定変更したほうが早いし精度上がると思うんだけどなぁ……」 と思ってこっちでも確認するから
定義よこせと言ったら設定変更担当のSEの人に「てめーうぜーんだよどっか行ってろ」という目で見られた。
手ぇ出されたくないならならきちんと事前準備してこいやコラ。
(まあ相手のシステム弄ろうとした私も良くないのでそこは反省)

その後2時間苦戦し、14時を過ぎたあたりで作業リーダの人が作業中止と設定の戻しを決断した。最後に戻った状態でちゃんと動作するかを確認して
作業完了(ていうかキャンセル)。結局休日の半日以上を凍えて過ごしただけだった。外の猛暑がむしろ心地よかったのはガマンの証拠。






SEに限らず、仕事をしていると予定の時間に終わらなかったりすることが良くある。私の経験上、その原因は大きく分けて二つ。



1.事前に出来ることはしたが当日ハプニングが発生して予定が崩れる

2.事前準備を怠り縮められる時間を縮められなかったために予定が崩れる




今回の場合は後者。設定後うまく繋がらなかったというトラブルはあったものの、それも事前に定義を作成して机上で確認しておけば分かった話かもしれない。
私とて、定義を事前に作成し確認してそれでもダメだったならここまで腹は立たないし、同じSEなので事情も理解して仕方がないかと理解できる。だが
事前準備して無い奴に弁解の余地は無い

事前準備がどこまで出来るかってのはその人のスキルや知識に寄るところが多い(今回なら定義が事前に作れる事を知っているかどうか)のでその辺の
ノウハウは出来るだけ多く知っておく方が自分のため&周りのためである。今回の作業リーダはノウハウをちゃんと持ってる人だと思ってたんだけどなあ……
やっぱり自分で確認しない限り他人の能力を信頼してはいけない業界らしい。何この疑心暗鬼職場。

Written by Kamiya



SEの現場作業は前倒せば前倒すほどメリットがある場合がほとんど(早く帰れるとか遊びに行けるとか、もちろん作業に余裕も持てる)なので全力で効率化すると吉。



2009/9/5 初稿
2010/11/14 改稿