システムエンジニアインサイド007〜パートナーは部下じゃない〜

IT企業、特にSI(※)を生業とする企業の構造を皮肉って「ITゼネコン」なんて呼ばれたりする。それは仕事を受注する企業(元請け)が大量の下請け会社を
使って仕事をする
という構造が建設業界の構造とよく似ているからだったりする。

(SI:システムインテグレータ。システム開発を受注して作る仕事)

私のチームも例に漏れず、私の会社が元請けから仕事を受け、私の会社+オペレータ専門の会社(パートナー)+保守専門の会社(パートナー) という感じで、
私の会社がとりまとめをして他二社にオペレータ作業と保守作業をお願いしているというチーム構成である。

このように、仕事上管理する側される側という構成はあるが、下請けとはいえそこは別会社として扱うのが当然であり、それを念頭に私は作業している。



ところが。



少し前に私の参画するプロジェクトのプロジェクト会議があった。これはプロジェクトに参画する全会社の作業進捗状況の確認や連絡をする会議で、月一程度で
実施している。

私のチームからは私が出席して進捗やら作業依頼やらをやっていたのだが、オペレータの作業内容等について報告しているところでプロジェクトリーダ
(つまり元請けの会社の人)
から突っ込みが入った。

(以下黄色がプロジェクトリーダ、水色が私)

「kamiyaさんさぁ、なんで運用オペレータのことオペさん(オペレータさん)って言うの?」

「え? いやオペさんはオペさんなんで……」

「それ何だかウチから見ると違和感あるんだよねぇ。オペレータはkamiyaさんの部下なんだからさぁ」






……え? 部下?






部下なんだからオペレータをもっと上手く使っていってくださいよ」






それはギャグで言ってるのか!?(やや古いがクロ高風)



オペレータさんは別会社なんだから部下じゃねーだろが頭沸いてんのかこのトッツァンボーヤ(ウチのリーダはいい年して童顔)とは言わず
「はぁ……ええ……」というベンリナニホンゴで流したがこの発言は中々衝撃だった。別会社の人間を「部下」と言うか。
(反論しなかった事については会議開始後すでに3時間経過しており「もうやだこの会議」状態だったことも付記しておく)

「部下」という言葉に噛みついたら「言葉のアヤ」とか言われるかも知れないがやはりそれが本音なんだろうなぁ、ということは良く理解した。
流石にプロジェクトリーダなので私の会社とオペレータの会社が違う事を知らないわけはない。(知らなかったら知らなかったでマネジメント的に大問題だが)



今回の件は部下のように思うことで仲間意識が強くなるというのとは次元の違う話だと感じている。嫌な言い方をすれば「自社だろうがパートナーだろうが
全部ひっくるめて自分の手下」
というニュアンスが色濃い。元請け会社の全員がこう思っている訳ではなく、パートナーはパートナーとして扱う人もいる
ということはフォローしておこう。

なお、「部下」発言を法律的に考えると、IT業界のパートナーさんの多くは「請負」契約であり「派遣」契約ではないので元請けが「部下」扱いしたら
ほとんどの場合法律的には真っ黒である。(この辺参照
だもんで、今回のプロジェクトリーダーの発言は元請けのリーダという立場を考えたら思ってても絶対に言ってはいけない類の言葉でもある。
私も含め、パートナーさんに発注している立場の方々は要注意だ。



そんなこんなでプロジェクトリーダーとは全く意見の合わない私なので、近いうちにそれこそ会社の垣根を無視して喧嘩しそうな気がする。
「私はあなたの部下じゃないので」とか言ったらどうなるかなぁと楽しみである。多分プロジェクトからは外されるだろうなぁ。まあやむなし。

Written by Kamiya



(後日談)

プロジェクトリーダと喧嘩する前にプロジェクトリーダが別プロジェクトに移ったのでとりあえずこの件はそこで終了。しかし私が移った先のプロジェクトで
再び相まみえることになったのは神様の裏工作か



2010/8/8 初稿
2010/11/14 改稿