システムエンジニアインサイド006〜ググレカスの洗礼〜

少し前の話になるが、私が担当しているシステムで使っているパッケージ品のWebアプリケーションからアラートメッセージが出たので、
メッセージの内容を協力会社の人(新卒入社2年目)にサポートへ問い合わせをしてもらうようお願いした。

サポートからの回答は「ApacheのMaxClientsの上限に引っかかっているため出力されます。必要であればMaxClientsの上限値の変更をお願いします」とのこと。
とりあえず私は回答をみて納得したのだが、まあ新人さんのお勉強も兼ねて、協力会社の人がどう対応するかなと観察していた。すると、こんな回答をしていた。



「ApacheのMaxClientsの設定はどうやって変えるのですか?」



それ聞いちゃいますかあなた。流石に協力会社の人相手にググレカスとも言えないので「ちょっと調べてから回答して欲しかったなぁ」
やんわり言っておいたが……頭が痛くなる回答ではある。ここで問題なのは2つ。



1.調べればすぐ分かる設定を素人丸出しでサポートに聞いている

2.レベルの低い質問をサポートに投げることを恥ずかしいと思っていない




1.のほうはとりあえずgoogle先生に聞いてみる癖を付けさせる(もう一声行くと聞き方を自分で工夫できる)ようにすればいいので比較的理解させやすいが、
2.の恥ずかしさを教え込む(字面がとてもエロい)にはどうしたら良いんだろうか……と考えてふと気付いた。

もしかしたら、この子は今までに無知を笑われたことが無いんじゃなかろうか。



ネットを使いパソコンやら何やらを覚えて行った人なら、「掲示板とかでアホな質問したら笑いものにされた」というのは誰しも通る道だろう。一回でも
馬鹿にされると「次からはちゃんと調べて、どうしても分からなかったら聞こう」と思うようになる。この経験が無い人は「何でも人に聞けばいいや」と
思ってしまう、いわゆる教えてクンになってしまうんだろう。

そういえば私も高校、大学時代には色々やらかして一回某掲示板に自サイト晒しさえされたもんである。もはや思い出したくもない
黒歴史なわけだが、そこから学んだことは少なくない。
そういう失敗経験やら地雷踏んだ経験って大人になっても役に立つもんだなぁと、この一件を見ていて強く感じた。



会社によっては今年の新人が配属される頃だが、新人教育において「怒る」というのも手だが「馬鹿にする」ってのも一つの手かなと思う。
ただし、実践して新人との仲が悪くなったり上司に呼び出されて怒られても当方は一切の責任を負わない。

Written by Kamiya



ちなみに協力会社の人の模範解答は、

「本件についての対応はhttpd.confのMaxClientsの設定を変更するだけでよいでしょうか」

かと。

MaxClientsなんてググればすぐ出てくるのに……



2010/5/22 初稿
2010/11/14 改稿