システムエンジニアインサイド002〜類は友を呼ぶ〜

うちのチームのメンバー(他社の方)が一人体調を崩し、サポートとしてそのメンバーと同じ会社の人が一人チームに加わることになった。まあ仕方がないことである。
体調を崩した理由が「彼女にフられて心身ともに疲れ果てたから」であってもまあ仕方がない。腹立つが。

その体調を崩したメンバーなのだが、いわゆるオタの方だった。事実そうだったのだが、初対面の際に醸し出す雰囲気からして「ああもしかしたらこの人は……」
だったのである。さて、そんな人の所属する会社から来たサポートの人は――やっぱり「ああもしかしたらこの人は……」な人だった。
サポートに来た人の印象について、「体調を崩したメンバーと一緒に並んでても違和感がない」という話を聞いていたが実際に会ってみて非常に納得



小さな会社が多数存在し、大手ベンダーから階層構造的に仕事の発注が行われるIT(というかSI(システムインテグレータ))業界だが、各会社の特徴として
「似たような人が集まる」というのがある。上述の人の会社なんぞ特にその傾向が強いのだが、上司の方も含めみんな「ああもしかしたら(略)」な人だったのは
流石に驚いた。実はオタじゃないと採用されないとか。

似たような人が集まるということは、スキルレベルとしても似たような人が集まることにも繋がる。そんなとこから、現場で働いてる社員のスキルと会社全体の
平均スキルってのは決して相関関係が無いわけではないんだなぁと実感。大きい会社になればなるほど母集団が多い分玉石混交になるので、安易に判断は
出来ないが。
(一応書いておくが、オタの雰囲気を出しててもスキルが高い人はいっぱいいる。ただ、そういう人は初対面で「あ、出来るな」と感じる事が私の経験上多い)



実際の現場ではいろいろな会社の人が働いているので「似たような人が集まる」というのはあまり感じないが、社内だけでやっているようなプロジェクトだと
みんな趣味が一緒とかそういうのもあるのかなぁ……とか考えていた。それが「仕事がやりやすくてよい」のか、「馴れ合いになって緊張感が無くて嫌」
なのかは人次第かも知れないが。

Written by Kamiya



ちなみに、「サポートの人と体調を崩したメンバーでニコイチみたいな感じでやらせますんで」とその会社のリーダーの方に言われている。

……ニコイチって完全な一個体よりパフォーマンス悪いって印象しか無いんだが大丈夫か。
(本当はまあダメだろうなぁと思っているが言わない)



(後日談)

結果から言うと、残念ながらニコイチはニコイチだった。まあ、作業の引き継ぎだけはしてくれたので致命的な問題とはならなかったが……

それより困ったのが彼らが抜けた後の後釜が見つからなかったことだ。理由は、とてつもなく単価(一人当たりの契約金)が低く
その単価でやっていける人が全くいなかったのだ。これが人売り業界の現実って奴である。

とりあえず別の協力会社の新人さんを連れてきたが、その人が「ググレカスの洗礼」で語られている彼女だったりする。結局、それなりの金しか
用意できなければそれなりの人しか来ないというとても単純な仕組みなのだ。

2009/9/12 初稿
2010/11/14 改稿