システムエンジニアインサイド001〜人材不足の罠〜



数ヶ月前に、うちのプロジェクトチームに一人の男が入った。協力会社の方なので私の部下という訳ではない。元々8人という少人数でやっていたのだが、一人
抜けることとなり代役として入ってきたのだった。

年齢は29歳。働き盛りで体力勝負になりがちな現場においては最も頼れる年代の人間である。もちろん私も期待していた。






ところが仕事が出来なかった。






聞いたところによると、ずっとオペレータ的な仕事をしていて、SEのように物を作ったりスケジュール管理をしたりという経験が無かったそうだ。そういう人間が
SEになるとどうなるか。



1.スケジュール管理が出来ない

2.関係各所(自社内含む)との調整が出来ない

3.物が作れない(ドキュメントはもちろんプログラムなど期待するだけ無駄)




ということで今月末にて残念ながら更迭と相成った。ちなみに本人はまだそのことを知らないようだ。会社って怖い。



それにしても、年を取ると無条件で期待値が増えていくというのは個人的にも辛いものがある。全く畑違いの所に行けば新人も同然ながら、それなりのスキルと
成果を求められるというのは酷な話だ。

今回のケースにしろ、元はと言えばSEとしては新人同然の人間を協力会社のリーダーとして送り込んできた会社側が悪い。個人が得意とするスキルと
要求されているスキルが違うことをスキルミスマッチと言うが、もはやそれ以前の問題である。だって自分一人の仕事の進捗管理すら出来ないんだもん。

人材不足の悲劇と言えばそれまでだが、それでも良しとする会社のモラルもどうかなぁ……と思いつつ、とりあえずこういうケースでプロジェクトから離れる場合は
送別会をやるべきかやらないべきかが当面の問題。

Written by Kamiya



(後日談)

その後、更迭された彼はいくつもの現場を転々としたが(つまり、行く先々で更迭された)、とうとうウツっぽくなってしまい会社を辞めることになったそうな。
かわいそうだとは思うが、そもそもSEに「向いてない」人だったので、ある意味では強制的に方向転換できて良かったのかも知れない。


2009/7/3 初稿
2010/11/14 改稿