Hikaru Kamiyaの旅日記 長崎編 ヒトバシラー的企画

さて、長崎旅の旅日記を……と思ったが、ブログでも主要部分は書いたしなあ。



ということで今回は目先を変えて、長崎旅に持って行った物品について、持って行った感想とその評価を書くことにする。
決して物欲倉庫の更新とセットにしたい訳じゃないぞ―(棒読み)。

評価は以下3点。
◎:必需品、ないしは持って行った物がベストマッチ
○:役には立ったが最悪無くても何とかなる、もしくはもっとほかの物を持って行った方がいい
△:あまり使わなかった、持って行かなくて良い


また、製品そのものに独自性がある等、こだわりを持って選んでいる物は製品名とリンクを入れてある。写真は気まぐれで投入。



その1.装備品

カメラバッグ-Parcferme ◎


左・ベルトで三脚止め。バッグ上部の小さい小物入れにちょうどレンズキャップが入る
右・上部のチャックを開けると内部のカメラにアクセス可能。今までDOMKEを使っていたのでチャックってどうなのかと思っていたが、特に不満なし。


今のところ持ち歩き用カメラバッグとしては最高。これだけ入る。
レンズ付きカメラ本体+カメラレンズ2本
体側のポケットに7インチタブレット
サイドポケット×2にポタアン+プレイヤー&ティッシュ等
カバーポケット(大)に、パンフやらチケット等の紙類
カバーポケット(小)に、レンズキャップ、予備SDカード、バッテリー
カバー内側フロントポケット×2にレインカバーとレンズクリーナー


そしてこの鞄の最大のメリット、バッグ下部の三脚取り付け用のベルト。
今回はVelbon Leight 450D(重量約1kg)を取り付け。がっちり固定ではなく多少ずれるものの、落ちるような不安は感じない。
ベルトの長さがそれほど長くないので、大型三脚はさすがに取り付けできないが、バッグの性質上軽量三脚が使えれば問題ないだろう。
伊佐山の夜景もこの三脚で実施している。

とかく邪魔な三脚を持ち歩くハードルを大幅に下げ、使わないときはレインコート等を丸めて固定しておくためにも使える。
軽量、機能十分、体へのフィット感良し、レインカバー付き、裏地はナイロンで汗がしみこみすぎることもなし、と便利すぎて
もはや旅行でこのバッグ以外を持ち歩くことはないだろうとさえ思う。

なお、PCの持ち歩きも想定しており、バッグ内部に13インチ対応のPCが収まるポケットが用意されている。
比較的重さを感じにくい作りなので、通常のノートPC(VAIO T)を入れてカメラ&ズームレンズ2本で十分持ち運び可能。

と、ここまで褒めまくっておいてあれなのだが、実はこのバッグ、デフォルトで付いている長さ調整用のストラップが途中で止まってくれず、
ストラップがゴミ過ぎてしょうがないという致命的な欠点がある。
そのため、このバッグを買ったら速攻でストラップをぶった切り、38mmのナイロンストラップを付け直し、終端を同じく38mmのテープアジャスターで
留めることをオススメする。ウリ文句の機能が一つ吹き飛ぶが、これぐらい無くても十分過ぎる良品なので安心して切断しよう。
なお、部材はモンベルのストアですべて入手可能。バックルが壊れた場合でも、モンベルのストアにあるバックルが使える。


ウエストバッグ-ナショナルジオグラフィック NG4476 ◎


左・バッグ全景。ベルトで言うバックル部分が少し特殊だが、付けてみると意外にがっちり付いて外れる不安は全くなし。
右・メインの2室に物を入れてみた。左が単行本、右がスマホ(Xperia UL。画面は5インチ)。単行本は全部入れると見えなくなるぐらいの収まり具合。

バッグのポケット数、ポケットの大きさがウエストバッグとしてはほぼベスト
入れておいたのは GRD、Wimaxルータ(HWD15)、ツールナイフ(VICTORINOX スタンダード)、モバイルバッテリー(LE-UBT12K)、リールタイプUSBケーブル、
3色ボールペン、メモパッド、フラッシュライト(KLARUS XT2C)。
幌布なので体へのフィット感も良しだが、体側に付いている(この写真では裏側になる)チャック付きポケットはあまり使わず。(取り出しづらいし汗で蒸れるし)


トロリー-グローブトロッター 21インチトロリー ◎


もっとほかにいいトロリーもあるだろうし、4輪トロリーも使い勝手良さそうだなあと思うが、これを連れて行く楽しさは代え難い。

元々デザインと軽さに惚れ込んで使っているので多少の使いづらさは覚悟の上だが、バックパックの方がいいなあと思うときは多々。
今のところカメラバッグと両立する方法が無いので難しいが。
(トップローディング+サイドポケット大きめのバックパックなら可能だが、カメラバッグだけ持ち歩きたいときに困る。車で移動するなら
気にならないがそうなるとバックパックである理由が無くなる。ということで選択肢から外れる)


傘-大きめの折りたたみ(適当に買ったので製品名忘れた) ○

本気の雨であれば必須だろうが、レインコートでしのぐのも手かと。まあ、折りたたみ一本は合って良し。


服類-シャツ4枚、クロップド1本、カーゴ1本、ショートパンツ1本(部屋着想定) ○


一番使い込んだクロップド。AVIREXのカーゴクロップドで荒く使うにはもってこい。

ズボンはクロップドをもう一つ欲しかった。暑くてほかの物を履く気になれず使い続けてたら塩吹いたし……

また、念のためホテル用にハーフパンツを持って行ったが結局使わず。結局外に出るときは普通の装備、部屋の中では
用意された部屋着 or 半裸のため使うタイミングが無かったのである。
カーゴパンツを一着持って行ったがこちらも最後に使っただけであまり出番なし。(クロップドが塩吹いたのでさすがにまずいと思って着替えただけ)


レインコート-アークテリクス TheteSV  ○


ハードシェルとしては分厚い素材だがこれでもまだ普通の雨具よりは蒸れづらい

Arcteryxのハードシェルを一枚持って行ったが、使ったタイミングは軍艦島上陸時に雨が降ったときの一回。とはいえ、一回でも使ったことを
考えるとあって悪い物ではない。
使わないときは丸めてカメラバックの三脚取り付け部分に括り付けておけたのでそれほど邪魔にはならず。現地のアウトドアショップでモノを
調達しても良いだろうが、いざというときはタイミングの悪いときというマーフィーの法則は覚悟しておくべきだろう。

夏に平地でSVって暑くね? と思う方々もいるだろうが、これがうちにある唯一のハードシェルなんだからしゃーなかろう


靴-NewBalancen 990v3 ◎


あれ、色が……? とか思わない気にしない

今回は写真旅用に導入したNewBalancenの990v3を投入。その実力は確かだった……

明らかに行動範囲が広がり、一日中カメラバッグを背負って移動していても足に疲れがたまらなかった。路面が濡れていてもグリップ力は高く、
雨天でも足下に気を遣う必要が無いが、土踏まずの部分のグリップが少ないようで、滑りやすい階段を下りるときに土踏まずの部分を角に押し当てて
降りる(かかと部分を引っかけて降りるような感じ)人はちょっと気をつけるように。

気をつけられなかった人からの忠告だぞ♪(尻にそれなりのダメージを負いました)






その2.デジタル物

メインカメラ-Canon 6D ◎



本体を持って行くことについては評価するまでもないが、レンズについてはなかなか悩みどころ。
今回は標準(24-105 F4L)、広角(16-35 F4L)、望遠(70-300 F4-5.6)の三種を持って行ったが、悩むのが望遠。
基本は標準、景色を広く撮りたいときは広角、とまではちゃんとイメージができていたが、望遠の使いどころが
具体的にイメージできず。

比較的レンズが重いこともあり、とりあえずで持って行ったがやっぱり無くてもいいなあというのが正直な感想。実際ほとんど使わなかったし。
35〜50mmぐらいの軽量単焦点レンズでも良かった。でもせっかく遠路はるばる来たのに望遠の画角が欲しくなったら困るなあと思い、
次もきっと持って行くんだろうなあというそんな気分。


サブカメラ-Richo GRDigital4 ◎

やっぱりサブカメラは必要。脳直で撮ろうと思ったときに出しやすいGRD or パンケーキレンズ付きミラーレスはメインのバックアップという観点も
考えるとあって悪いものではない。
GRDであるかどうかはあまり問題ではないが、ウエストバッグなど、クイックドローができるバッグやポケットに入る物であることは大事なポイントかと。
なお、GRDの画像がないのはこのカメラでブツ撮りしてたため。




小物をまとめてパシャっておく。結構色々持ってってるなあという感想。
左上からタブレット、フラッシュライト、下に行ってモバイルバッテリ−、USB充電器andツールナイフ、ルータ、そしてMBPとACアダプタ。



モバイルルータ-HWD15 ○

ノートPC&タブレットを持ち歩くのであれば必須。そうであればなくてもいいかなー。
今回はWimaxルータを持ち歩いたが、建物内では厳しい。結局追加料金の発生するLTEモードを使うことに。
余談だが、軍艦島近辺でも電波が1本入ったのはちょっと驚き。


ノートPC-MacbookPro Retina 13inch △

今回はカメラのデータバックアップとインターネット接続&情報調査用に持ってきたが、やはり重い&貴重品が増えるという点では
持ち歩きたくはない。SDカードを大量に持ち歩くのも策だし。(今回の撮影では50GB強撮影)
データ転送用であればsurface pro 2あたりを担いでくるのが一番な気が。カメラバッグに入るなら目を離せない荷物が一つ減る。
稼働時間を考えるとACアダプタは持って行かないと割り切るのもありかと。


タブレット-Nexus 7(2013モデル) ◎

なんだかんだで調べ物やmap確認に使えるタブレット。スマホのバッテリー節約にもなる。
使うならルータ必須。Wifi使えるところも多いけど持っておいた方が良し。






その3.その他小物等

三脚-Velbon Light 450D ◎


かなり古い代物(というか父親が使わなくなった物を勝手にパチってきた)。もう売ってないが、不満のない優秀機。

◎だが、結果的にという感じ。かさばるかつ重量物かつほかの荷物とまとめるのが難しいという三重苦な代物で、持って行くかはだいぶ悩んだ。
最終的には三脚がくくりつけられるカメラバッグの存在と、稲佐山の夜景撮影の予定が決め手となり、持ち歩くこととした。
結果、夜景撮影での必需品っぷりを再認識したので、夜景撮影or定点撮影の予定があるなら持って行くべきだろう。言い換えれば用途がなさそうなら
置いてったほうがいい代物になる。

6Dクラスの中量級一眼ならトラベル向けの軽量級三脚でも十分用途は足りるので、気張って重量級を持ち歩く必要はないかと。


ツールナイフ-Victorinoxスイスアーミースタンダード ◎

それほど重くないし、栓抜きやらナイフやらを使うケースは割とある。とりあえず持って行くべき。


モバイルバッテリー-LOOKEAST Powerpond △

微妙なところだがあまり要らないかも。サイズ比としては重量物だし。使ったのは行きの電車の中で使ったぐらい。(それもバッテリー節約のために使ったまで)
キャンプなど何らかの理由でACUSB充電器が使えないなら必須だろうが、そうでなければ充電器を持って行けば事足りる。
持って行くとしてももう少し長さの短いもののほうが、ウエストバッグにも収まりがよくて使い勝手が良さそうだ。


ボールペン+メモ ○

使う機会は私の場合は限られるが、必須という人も多い。今回の旅でもボールペンを一回利用。
軽いしかさばらないので入れておいてよし


フラッシュライト-KLARUS XT2C ◎

これもツールライトと同じく入れておいて損のない装備。最近のLEDライトのランタイムは長いので、予備バッテリーは不要かと。


AC USB充電器 ◎

スマホユーザーとしては必須。ケーブルも必須。


ブロアー+レンズクリーナー ◎

レンズにはなんだかんだで雨がかかったりほこりが付いたりするので必須。我慢するという手もあるが重いものでもないし。



ということで持って行った物の評価を記載してみた。写真旅をする方の参考になれば幸いである。
なお、今回のMVPは確実にParcferme。値段も安いし、高機動型一眼ユーザにとってこれはいい買い物だった。
(耐久性は少し不安なので、カーキも買おうかな……)



Written by Kamiya