Hikaru Kamiyaの旅日記 黒薙温泉編 その2

到着した宿には驚かされた。いや、だってこんな山中にこんな立派な建造物があるなんて。




ちなみにここへのルートは黒薙駅からの徒歩ルートのみ。自販機にビールがあるのは奇跡としか言いようが無い。



ちなみに目の前はこんな↓感じ。


柵の向こうは渓流になっている。



他に人家も、旅館も、店も無い。本当に、この旅館しか無い。ハイキングコースも道路も無いので、根本的に人が寄りつかない。まさしく秘境。
…ていうかもしかして、黒薙駅ってこの旅館のためにあるの?(元は工事用のトロッコだから工事の用途ありきだろうが…)



ちなみにこの旅館の歴史は古く、江戸時代にはあったそうな。一般に知られるようになったのは鉄道が出来てからとのことだが、まあ入湯するだけで
イッテQ!レベルの強行軍が必要な秘湯にそうそう行ける人はいないだろう。



周囲には電源保守用のトンネルや橋があり、宿を目的とする人以外に訪れる人は工事関係者のみ。うん、素晴らしい。


左:保守用の橋。工事関係者オンリーイベントで利用。 右:同じく保守用のトンネル。……撮っておいてナンだけど、怖い。



さて宿の概要を説明しよう。

・温泉は三つ。そのうち二つが露天、一つは混浴の大露天風呂。もう一つは女性専用の天女の湯。(大露天が女性専用に、女性専用が男性専用になる時間帯あり)
・露天風呂は朝の日の出から夜9時まで利用可能。
・夜9時以降は外出禁止
・夕食は5時半、朝食は7時。


以上。遊びに行ける場所もないので温泉入って飲んで食って寝る以外の選択肢が一切無い
と言うことで、以下私たちのチェックインからチェックアウトまでの行動。



●1日目(到着日)

チェックイン(14時頃)

露天入る

ビール飲んでモンハン

内風呂入る

ビール飲む

飯食う

酒飲む

天女の湯入る(男性時間帯)

ビール飲む

露天入る

寝る(20:30)



●2日目

起きる(5:30)

露天入る

ビール飲む

飯食う

天女の湯入る(男性時間帯)

ビール飲む

内風呂はいる

ビール飲む

チェックアウト(9時半頃)




ずっと酒飲んでたんかいと言われそうだがそれについてはこう答えよう。それが何か。

2日目はほぼ移動とお土産購入に費やしたが、移動中もビール飲んでたので、2日間で飲んだビールの総量は350ml缶10本を優に超える
ダメ人間万歳。



続いて温泉の感想。

・大露天風呂

大自然に包まれて(色々な意味で)全てを解放できる。風呂の周囲ならストリーキングしても怒られない希有な場所。(露天風呂は宿からは見えない場所にある)
大きさは20人程度なら入れそうな大きさで、プール的な大きさだ。実際、混浴と言うこともあり水着着用可である。
(むろん全裸入浴をオススメする)

真夏だとアブにたかられて大変なようだが9月半ばも過ぎたこの季節ならOKの模様。股間がそよぐイキな爽快感(by電気グルーヴ)をキミも味わおう!

給湯口のお湯は熱めだが、自然の法則に従い温度は風呂の中でまちまち。朝はぬるめで昼は熱めという自然に従った温度になっている。
熱め、とはいえ40度以下かなあという場所もあるので熱いお湯が苦手な人も大丈夫。

この宿の醍醐味にして他では中々味わえない感覚。目隠し板のない風呂なんてそうは無い。なお、河原には降りないようにとの事なので、行く人は注意。
(熱水噴出口があるらしい)



・天女の湯

大露天が開放感を味わう場所ならこちらは絶景を味わう場所。大露天より狭い(10人程度で満員)が湯温が安定していて、屋根もついている。

こちらの露天の特徴は、なんと言っても渓流を見下ろす位置に設置されており、風呂の下側からはお湯が排出されていてモクモクと立ち上る湯煙をかぶりながら
渓流を堪能できることだろう。
河原の温泉というものを楽しみたい人には最高のロケーションである。



・内風呂

露天よりは小さく地味な内風呂だが、シャワー、シャンプー等が完備されているので、露天で満喫後、体を洗う目的で内風呂、と言うのが良いパターンかと。

しかし内風呂とは言え甘く見てはいけない。この内風呂、なんとシャワーまで温泉なのだ。

まさしく源泉垂れ流し。湯船は温泉でもシャワーは水道水or井戸水が多い中、このシャワーこそがこの旅館の実力を示していると言っても過言ではないだろう。
つまり、この宿で風呂に入ると、温泉以外のお湯に触れることが無いという素敵状態になるわけである。



温泉紹介が終わったところでこの旅館のそれ以外の見所を写真と共に。




左:旅館の窓から外を見ると見える段差。堰? 右:旅館のすぐ近くを流れ落ちる滝。



写真を見て「もしかして結構水音うるさい?」と思われる人もいるだろうが、確かに水音は大きい。ただ、気になるかどうかは人次第だし、
人工の音では無い(堰のとこは微妙だけど…)ので、音量大=うるさい ではなかろう。

気になる人は耳栓もあるようなので、宿の人にお願いだ。

さて、昼食時のお楽しみが一つあるので紹介しておこう。岩魚の骨酒である。




食事時のキラー品目、岩魚の骨酒。写真だとひたすら地味……



骨酒はエクストラチャージで、少々お高いと思われるかも知れないが、一度ヤってみることをオススメする。いわゆるあご酒とかふぐのひれ酒と発想は
同じで、焼いた岩魚を入れた酒を熱燗にした物なのだが、岩魚の旨味が酒に溶け込み、おつまみ要らずの極上の一品に仕上がっている。

日本酒臭が強いので日本酒がイケる人前提にはなるが、中々に素晴らしい。

惜しむべくは酒がワンカップレベルの代物だったことだが、骨酒セットなる物が売っているので、ハンドメイドで好きな酒を組み合わせる事は可能。
ただし、宿の物は岩魚を焼いた物を使っているがセットの物は日干しになっている事だけ注意。(どれだけ変わるかは不明))



ちなみに宿の食事は夕食朝食共に素晴らしかったことを付け加えておく。素材が良く、サクッと揚がった天ぷらを始め、出てきた物は確実に良品。
旅館ではふんだんに金をつぎ込んだ食事よりも質素だが質の高い食事を食べたいと思う人間は私だけでは無かろう。



こうして夢のような1日を過ごし、首都圏にリターン。大宮を通り過ぎたあたりで「もっとぬるま湯につかっていたい病」が発病したが仕方のない話。

この想い出を胸に、また1年間仕事をするのさ……ということでHikaru Kamiyaの旅日記 黒薙温泉編、これにて終了。


良い空と山でした。写真の謎の建物は水力発電所。何故これだけこのデザインに。

Written by Kamiya




おまけ:帰りがけに見つけたクワガタ。リアルを見たのは久しぶり。

黒薙温泉編 その1へ