Hikaru Kamiyaの旅日記 黒薙温泉編 その1

↓新幹線(たにがわだが)に乗って。




もはやレトロと言って良い懐かしさあふれる車体。



↓はくたかに乗って




ビーム出そうなこのデザインはなんとかならなかったのだろうか。



↓ローカル線に乗り




……特急?



↓トロッコに揺られて




プチ電気機関車萌え。



到着。




まさしく山中の隠れ宿。



昔を知ってる方には懐かしい感じのタイトルかと。まあ、見たまま書いたまま、三連休を使って黒薙温泉に行ってきたよと言うお話。
宿の選定は一年に一回ぐらい秘境の宿に…というコンセプトで。



さて、黒薙温泉がどこにあるかというと、黒部川のちょうど中流ぐらい。
うん、イメージがさっぱり沸かないと思うので、公式ページGoogle先生にリンクを張っておく。



場所を見てなんとなく分かるとは思うが、この旅館はそうそう行ける場所にはない。というのも、首都圏からだと移動が大変なのだ。

詳しくはこのルートマップを見てもらうと一目瞭然、場所的には富山であり、乗り継ぎも多いし時間もかかる。今回は一泊二日だったが、
そうなると一日目前半と二日目後半はほぼ移動で費やすことになる。

本当にのんびりしたいのであれば二泊三日となりそうだが…あんなところに二泊もしたら精神がふやけるので一泊ぐらいで良いのかも知れない。






さて、上記で到着までの道のりはざらっと書いたが、例によって到着までは波瀾万丈

まず東京駅で同行者が新幹線に乗り遅れかける。というか寝過ごしギリギリで東京駅までタクシーとかどれだけブルジョアか。



次に越後湯沢で乗り換える先のはくたかだが……

噂には聞いていたが、自由席の通路とデッキを埋め尽くす、千代田線クラスの乗車率は何なんだ。


事前情報で自由席が戦争だと聞いていたので8時過ぎに越後湯沢に到着し、1時間ほど待機して9時14分発のはくたか4号の座席を確保。
一時間も待つなんて、と思う人もいるかも知れないが、この後2時間近くに渡って立ち続けるのとどちらがいいか、よく考えてみるといい。
(なお、魚津(最終駅である富山の一つ前)までに降りる人はほとんどいなかった≒まず席は空かない)

なお、確証はないのだがたにがわ401号で行くならもしかしたら一本前のはくたか2号の席が確保出来るかも知れない。
(たにがわの一つ後の列車のMAXときで来る人が多いため)

今回はMAXときの到着後にホームに降りたので確かめた訳ではないのだが、やってみる価値はありそうだ。



そして到着した魚津で乗り換える特急うなづき号はどう見ても鈍行です本当に(以下略、写真はこのページ上から3枚目)

特急という言葉については何らかのスペシャリティを求める物だと思うが、この路線は「特定の駅に対して普通列車より速く到着する」という
特急の本質さえ捉えていればよいという認識をしているようだ。

まあ、券売機(下記)を見た瞬間に首都圏の人間の常識が通じない路線だとは思ったが。




……食券?



しかしこの富山地鉄本線、個人的には時間の流れ方がスローでとても好き。


延びる線路に、カタン タタン と飛ばしている感の無い線路の継ぎ目の音が響く。



ちなみにバスのごとく両替機があったり、座席が無いスペースがあったりと、中々楽しい電車である。


車両の一部がこんな感じで座席のないスペースになっている。ここに腰かけてダラダラグダグダ話すのが楽しい。



地鉄本線に30分ほど揺られると、いよいよ宇奈月温泉から伸びるトロッコ列車。ここでも発車ギリギリになって乗り込む羽目になるという
恥を晒しつつ出発。

トロッコ列車でトンネルを何本もぬけ、渓谷の風景を堪能した後に到着したのが黒薙駅。ここで降りて列車を見送る。


終点まで行ってみたいが、今回は見送るのみ。



さて、この駅から旅館に行くわけだが…




左:…もしかしてここからですか。というか駅の出口はここ一つのみの様子。 右:何だか急な階段が見えますが。

予約後にこの旅館から郵送されてきた案内状に、



「山歩きの服装で来てください」



と書いてあったのはこのせいか…! 考えてみれば600mで徒歩20分程度かかりますって結構な道のりじゃねえか。
完全にハイキングコースで、少し歩けば全身から汗が噴き出るレベルである。




左・雨宿り場? ここもルートの一部。 右:崖下にはパイプの通る橋が。温泉か、はたまた電気か。



襲い来るヤブ蚊の群れに何故か携帯ベープを持つ同行者が率先して襲われるという状況の中進んでいくと、ようやく目指す温泉が見えてきた。

続く。

黒薙温泉編 その2へ