技術の最近の記事

台風接近

| コメント(0) | トラックバック(0)

となるとやはり一番気になるのは明日休みになるかどうか(電車が止まるかどうか)だ。

......いやそういうもんでしょう人間。

 

昔であれば仕事をせずに休暇と割り切って家でゴロゴロニヨニヨしていたが、残念ながら今の会社では自宅から会社のPCにアクセスが可能である。

きわめて便利な一方、会社に行かなくとも仕事をしなければならないという残念な事実。

 

では、この状況で仕事をしないためにはどうするか。

 

......呑むか。

Writtn by Kamiya

 

ちなみにリモート接続は技術的にはF5のfirepassを利用し、パスフレーズにRSAトークンを組み合わせることでセキュリティを向上させている。

そのため、事前に認証されたPCと発行されたRSAトークンの2つを持っていないとログインができないようになっている。
この仕組み上、PC故障時の面倒くささがそれなりにあったり。

RetinaのMacbookが使えたらなあと思う今日この頃。Surface Proでも大丈夫っぽいから交換して欲しいなあ。

NASとかいかがでしょうか

ということで玄人志向のNASを紹介してみたが需要はあるんだろうか。

(まあ、思ったほど変なNASじゃなかったけど)

 

とりあえずNASとインターネットの経路を双方向ふさいでおこうという気持ちになったのはLG製という理由故か

Wrtten by Kamiya

プチお役立ちメモ。

RHELのCUI画面でカーソルが見えなくなることがたまにある。シングルユーザモードになったときとか、よく見かける。
(機種依存?)

長いコマンドで、履歴を呼び出して一部だけ修正する、なんてことをしていると、この現象が邪魔すぎて困る。

何とかならないもんかなとネットを探したが意外に見つからない。で、いろいろ調べてたところ、viコマンドを打って、何もせずに :q! で抜けるとカーソルが見えるようになった。

とりあえずメモとして残しておく。

Writte by Kamiya



初めてまっとうに人様のお役に立つかもしれないことを書いた気がする。
IT屋向けなので分からない方はスルーで。

暴風雪と言っても過言ではないレベルの大雪になった東京。

JRが軒並み逝き、交通が半分ほどは麻痺した都心でお買い物。何買ってきたかと言うと

20130114.jpg
一般人置いてけぼり画像。

金無いっつってんのに何しとるんじゃワレェ。



ということでちょっと思うところありCPU、マザーボード、メモリ、グラボを一新。
ケースは流用、電源も流用するつもりだったがケーブルの数に難ありと見て追加で購入。ええい無駄金を。



わかる人には「ん、AMD?」というツッコミが入るところだろうが、今回は久々にAMDCPUを採用してみた。しかも最上位のFX-8350。

動作クロック4Ghz、(一応)8コア、16GBメモリと、スペックだけ考えれば並のサーバを超えている。

そして手前に転がる謎パーツ......詳細は別途日記とは別に書く予定のPC作成記録に載せる予定である。



記録をたどってみると前回の自作は5年前......そのときと比較すると、隔世の感があるものだ。

CPUのコア数は2倍になり、いったんマルチコア化で落ち着いたかに見えたクロック数は再び4Ghzを上回るレベルまで上がってきている。

メモリは16GB、32GBが当たり前になり、数値的な面だけ考えればPCとサーバはほぼ同等のレベルになりつつある。
(信頼性という点ではサーバ用製品の方が高いと思うが)

今後PCがどこまで性能を伸ばすかわからないが、とりあえずこの構成でまた5年は持ちそうだ。......まあ、生活環境変わったら途中で省スペースPCに変わるかもしれないが。

Written by Kamiya



それにしても、このCPU熱い(温度的に)。 ベンチマークの結果等は追って日記とは別枠に整理して記載する。

謎パーツの実力も気になるところであるが、こいつが本当の実力を見せるのは、4月以降になる予定。
まだ足りないパーツがあるのだ。

ちょっと思う所あり

| コメント(0) | トラックバック(0)
facebookに登録してみた。

本名登録なので検索すれば出てくるかと。

一応勤務先も載せてはあるが、面倒くさいことになりそうなら消しておこう...いや、消しておくべきか。(さっさと修正)



ネットの世界は「向こう側」現実世界は「こちら側」と明確に分けて今までネットと付き合ってきたが、「こちら側」の世界の範疇でネットと向き合うのは久しぶりだ。

(前HPで芝居の情報載せてたとき以来か)



他にもtwitterを使ってみたり(フォロー専用)とちょっとSNSに触り始めた今日この頃。

fbに登録したらちょくちょく知り合いからメールが飛んできたりするあたりですでにメンドクセエと思っているのでドハマリはしないだろうが、まあこれもお勉強。

Written by Kamiya

会社を休んで日経コンピュータセミナー「「動かないコンピュータ」撲滅の勘所」に参加。

なんでタイトルからしてつまらなそうなものに参加したかと言えば、かの惑星探査機「はやぶさ」についての技術的講演が行われるとのことだったため。

そうでもなければ自腹切ってまでは参加しない。

 

さて、はやぶさの講演自体ははやぶさプロジェクトの紹介が講演時間の半分以上を占めたため「あれ何だかセミナーの方向性と違うような」と途中は思っていたが、最終的にはイトカワタッチダウン時に弾丸が発射されなかった件の人為的ミスに触れられていて、セミナーの趣旨に合致した講演だった。

つか、弾丸発射されなかった原因が人間の凡ミスだったってのは初めて知った......扱う物のレベルにかかわらず、トラブルの原因て同じようなもんなんだなぁと実感。

はやぶさの講演をしてくれた橋本教授はパネルディスカッションで「新技術の利用についてどう思うか」という問いに対して「新しい技術を枯れた手法や思考で扱うことで信頼性を上げられる」といった話をしていて、新しい技術を積極的に使っていかなければならない宇宙屋さんらしいなあと感じていたが、教授の宇宙屋さん気質が最も出たと思うのが以下の質問に対する回答。(内容は骨子のみ)

 

Q.トラブル時に最も大切だと思うことを教えてください。

 

A.橋本教授:いかに速く緊急性の有無を判断できるか。で困ったときには物理法則を信じること

 

もう発想の起点が一般人と違うよ。

Written by Kamiya

 

至極当たり前の話なのだが、それがすらっと出てくる辺りが研究者である。

おそらくこのページ始まって以来のお役立ち系情報。こういうのをもっと書きためて行かないとなぁ。

 

事の発端は「Desire(X06HT)も使い込んできたしroot取るか」という思いつきから。Androidスマホ持ちとしてはやはりrootedに憧れる。(賛同者少数と予測)
rootの取り方はこの辺とかこの辺を参照。情報ありがとうございます。

一応、万が一のためのレスキュー用にGoldCard作ってから試したが、他サイトでも触れられているようにunrevoke3を使った作業内ではGoldCard不要。
この過程で購入時添付品のMicroSDをGoldCard化しようとしたら、使えないと評判のSanDisk製が入ってて軽くイラッとしたりしなかったり。(2010/4末本体購入)
おかげでWillcom 03に差していた東芝製2GBのMicroSDを潰す羽目になり無駄な作業が増える。

 

で、見事rootが取れたのでさて何すっぺかと考える(特にroot取った目的はなかった)
んー、せっかくだからあれ解禁してみるか、ソフバンもセコいことするのうゲヘヘということでテザリング解禁に着手。

それにしても、一年後にこれだけ他社がテザリングOKにしちゃうとはソフバンも思うまいて。

 

作業方法は意外にあっさり見つかる。ここのページが大助かり。こちらも情報ありがとうございます。
ところが、知識が無いのでこの手順を実行するのが一苦労。まずはsmali、baksmaliの使い方から。落としてきて......どうするんだっけ? もうjavaなんてスレッドダンプのチェック以外年単位で触ってないのでさっぱり抜けている。

さしあたりOracleのサイトからJDKの最新版を落としてきてインストール。で、この辺を見ながら作業。
こちらはjarコマンド打つやり方なので、smaliのサイトからダウンロードするファイルはbaksmali-1.2.6.jarsmali-1.2.6.jarになる。この辺りは解説サイトとは少し違うので注意。

jarファイルを落としたら、取得したodexファイルと同じパスにjarを放り込んで、↓こんな感じでコマンドを打つ。

java -jar baksmali-1.2.6.jar -d framework -o PCSCII -x PCSCII.odex
java -jar smali-1.2.6.jar -o classes.dex PCSCII

jarコマンド打ってるあたりでだんだん昔の感覚を思い出してきた。サクサク行こう。

 

smaliコマンド実行後の次の手順「生成したclasses.dexをPCSCII.apkに追加する」だが、Windows7ではzipコマンドなど無い。ので、

1.PCSCII.apk を PCSCII.zip に変名
2.PCSCII.zip をフォルダのように開いて、開いた場所にclasses.dexをコピー
3.PCSCII.zip を PCSCII.apk に変名して戻す

これでOK。しかしまだ面倒な作業は続く。

 

次の手順が「dexopt-wrapperでdexからodexを生成する」なのだが、リンク先の「dexopt-wrapper」ファイルが消えている模様。しかもネットを漁っても見つからない。
ファイル名をキーにしてGoogle先生に土下座してお願いしても出てこないぜどーしたもんか、と30分程度悩んだのだが、親切な方が開発者向け掲示板で再アップしてくれているのを確認。

URL書いて良いものか分からなかったので「modaco-odex」で検索を。2011年3月6日時点存在を確認。

 

ファイルを見つけて最大の山場を越えたかと思ったのだが山はもう一つあった。やり方が悪いんだと思うがファイルを転送後、稼働状態でdexopt-wrapperコマンドが叩けない。権限が無いとか言われてもお兄さん困る。

やむなくフォルダを一個作り、フォルダの権限をchmodで777に設定し、そのフォルダにdexopt-wrapperとPCSCII.apkを放り込み、コレにも777権限を付けることで対処。危険なので全ての作業後に一時フォルダは削除。

これで一通りの作業が完了。無事、USBでPCと繋げると「USB範囲」という微妙な訳の選択肢がDesire側画面に出るようになった。

 

さて、テザリング有効化したのは良いがどうしようか(例によって使い道を特に考えていなかった)。
と思って周りを見たらDellのmini9を発見。よしコレだ。(接続編に続く)

Written by Kamiya

 

長くなったので一旦切る。