システムの最近の記事

とテーマでちょっと書いてみる。
ここでの体力トレーニングとは、筋トレやランニング、各種スポーツなどの継続的な実施を指すと理解していただければよい。
では始めよう。


1.修羅場を乗り切るための体力確保
SEだけというわけではないが、仕事をしていれば修羅場がやってくる。これは避けようのない事実である。
そのときに倒れずに乗り切るための体力を付けるためにトレーニングすべきというのがまず一つ目だ。


2.体を動かすことによるリフレッシュ効果
普段PCしか触らないSE、体を動かすこと自体がそもそもレアケースという場合も多いだろう。
そうなると、どうしても体がなまっていくというか、腐っていくような感覚になることさえある。

そんな日常の中で体を動かすことは、通常とは違う刺激と発汗によるデトックス作用をもたらしてくれる。これが2つめ。


3.辛いことに耐えるという状況に慣れる
筋トレにしろランニングにしろ、継続的に与えられる苦痛があると分かっている状況であえてそれを経験しに行き、そしてその見返りを得るという経験をする。
この苦痛に耐えるというのはある意味で訓練によって得られるスキルであり、このスキルがあると心の折れにくさが大分変わってくる。

日頃心が折れやすい仕事が多いSEだが、このように折れない心を養うことで仕事の成果も上がるという物だ。


ということで、SEが体力トレーニングをするべき3つの理由を書いてみた。
なお、このエントリを書くに当たっては、もう一つタイトルを考えていたのでそれも公表しよう。

IT業界で病まないためには

......まあ、鍛えといて損はないと思うのである。私としては。

Written by Kamiya

実利は計りにくい物の、「これぐらいランニング15Kmに比べたらなんてこたぁない」とか思えるとかなり強い。

いきなりペースアップ

| コメント(0) | トラックバック(0)

SEI更新。
仕事の合間にノートPC使ってEvernoteでネタ書けば良いんだと分かったら筆が進m(以下略)



今回はSEの勉強のお話だが、とどのつまりその人次第だよねえという話ではある。
私がPMチックなポジション(まあ役職上もPMなんだが)にいなければそれで終わるのだが、一応メンバーの面倒を見ないといけないのでそう突き放してもいられない。

私の場合は前職の入社数年間、技術的興味だけで色々やりまくったからあんまり勉強したって印象が無い......
とりあえず何して良いか良く分からねえなら丸善の技術書コーナーふらふら歩いて興味のある本買ってくりゃあいいだろうにと思う所だが、まあそれも人次第。



まあ、技術の勉強も良いんだけど誰か一人は基盤専門のPM業やってくれる方向に育てたいのが正直な希望。
(割と本気で採用活動中)

Written by Kamiya



基盤専門のPM業がIT業界の中でも特殊と呼べるポジションであるとしみじみ思う。

(ただでさえ数が少なく技術志向が強いインフラ担当者、その中で技術よりも管理寄りの立場にいる人間は大分少ない。ニーズはあるポジションなんだが......)

気がつけば3年半ぶり

| コメント(0) | トラックバック(0)

ということでSEIに新ネタアップ。書いてる途中に、



いつまでテキストサイト形式の文章書くつもりだよ

なんだかすげえ説教臭い話なんだけどこんなノリだったっけ?



とか色々思うところはあったがとりあえず上げてみた。これが3年半の年月ってやつだと思えば納得でもある。

というか、転職後に視野も視点も変わりすぎて、今までのSE観やIT業界観ががらっと変わってしまったため、今までのSEIにも首をかしげる部分もあったり無かったり



まあせっかくなので今の視点、立場からのSEIをチマチマ書いていこうかと思う。多少でもお楽しみいただければ幸いだが、3年前以上に絶望的な話が出てくる可能性もあったり無かったり

Written by Kamiya

今日はちょっと技術よりのお話。

Gigazineの記事を見ていたら、CiscoのスイッチにLANケーブル接続時にファクトリーリセットがかかるという脆弱性があるという記事があった。
内容はなんてこと無い、単にケーブルの種類によってはLANポートへの結線時にリセットボタンが押される可能性があるという話である。

所謂タイトル釣り記事な訳だが、だからといって馬鹿に出来る話でもない。脆弱性などとどのつまりはそういうレベルの話なのだということを端的に表している話だと思う。



脆弱性というのはシステムのバグやソフトウェアの面が大きいと思われがちだが、実態はヒューマンエラーがほとんどを占めていると言っても良いと考えている。
今回の話も設計者がボタンの配置に気をつけていれば回避できたであろう話であり、昨今の情報漏洩の類も結局は内部のメンバーの作業(悪意はもちろん無いが)によるものが良く見受けられる。

何かセキュリティ対策の製品を入れたからといって100%安心になるなどあり得ないのだ。
内部のメンバーがちょろっと気の迷いを起こしたらそれで終わりということを考えれば、内部のメンバーに教育をする方がよっぽど実効性の高い思索になる。

そう考えるとやっぱりシステム上の最大の脆弱性って人間なんだろうなあとそんなことまで思う今日この頃。

Written by Kamiya

レジュメやら履歴書やらの書き方というのは色々とネットやら本やらに書かれているが、人を雇う側としてはそんなに細かく見ないよなーというのが正直なところ。
人を雇うとなるとそれこそ大量の書類が届くわけで、慣れてくると「これはちょっとイマイチだからやめとこう」という自分なりのルールが出来てくる。



なぜ「こう書いてあったら雇おう」とならないかというと、最終的には雇うか雇わないかについては会ってみないと決められないからである
つまり、レジュメや履歴書は足切りの材料以上の何者でもなく、一定以上のレベルに気合いを入れてもあんまり効果がない、というのが個人的な印象だ。



ということで、今回は「これがレジュメに書いてあったら雇わない(システムエンジニア編)」と言うことでお送りする。
まあ個人の意見ではあるが、転職やフリーランスの方の参考になればと思って書いてみる。

と、その前に、いくつか本エントリの前提条件を書いておく。

・「レジュメ」とは業務経歴書等、履歴書以外で自分のスキルや実績をアピールするための何らかの書類である、と定義する
・対象はシステムエンジニアで技術職を生業としている人
新卒は本エントリの対象外とする(評価がまったく違う軸になるので)

これらを頭に入れていただいて、それでは参ろう。



1.自分の強み、ウリの項目に性格について書かれている

「まじめな性格で、確実に物事をこなします」とかいうあれである。
推薦欄に書かれているのはよく見るし、それは本人のせいではないとも思うが、自分の強みとして性格面を書いている場合がたまにある。これを見ると、

他にウリは無いのか。

ととりあえず思うわけで。新卒とか2~3年目ならまだ理解も出来ようが、30前半のオッサンでこれを書いてくる人がいるのが頭の痛いところ。

強みには自分の実績を踏まえて新しい職場で貢献できるもの(利益源となる物)を書くべきである。
最初に推薦欄に書かれているのはしゃーないかと思うと書いたが、正直推薦欄に書くこと無かったのかなあと思うので、推薦欄にも性格などは書いてもらわないほうが良いかと思う。

性格など会えばそれなりに分かるし、載せるべき情報ではない。そもそも真面目かどうかなど客観的判断でありアピられても困る。



2.○○について勉強中で、こちらの分野もやっていきたいと思います 的記載

その前にアンタの得意分野で仕事して欲しいんだけど。


これを書かれると、「自分の得意分野と謳ってる部分に自信ないのかなあ」と考えるのだ。

もちろんスキルアップはして欲しいし向上心を持っていること自体は良いのだが、そんなもんレジュメに書かんでいいでしょ。
まずはその人の現状保有スキルが有用であるかどうかが第一なので、それをアピってもらわないとしょーがないのである。


3.出来ること、得意なことが書かれていない

ニュアンスが微妙なのだが、「○○をやってきました」ということと、「○○が出来ます、得意です」というのは微妙に違うのである。

それなりに社会人経験のある方はお分かりだろうが、「やったから出来る」は全てにおいて当てはまるわけではない。
もちろんやらないと出来ないのはその通りだが、何かをやっても不向きだったりして成果が上がらない、ということは良くある。

色々経験する中で自分の得意な物やこなせることを見つけ出し、それをアピールすべきなのだが、経験しか書かれておらずいまひとつアピールが弱いレジュメを時々見る。
これはレジュメを出してくる側の意識もあると思うのだが、基本的に雇われるのではなく雇わせるという思考で行かないと採用してはもらえない。



採用する側の方が強いというのは日本社会の刷り込みみたいなもんだと思ってるが、システム業界では必ずしもそうではないと思う。
そもそも人手不足でプレミア数十万なり数百万なり乗っけても優秀な人間を採用しようという流れになっている状態なのだ。



絶好のプレゼンの場で控えめに行ってどうするよ......と思うのだが、これは分かってる人は分かってて実践するし、そうでない人はずっと控えめに雇われ側立場としてレジュメを書いてくるのである。
結局の所その人自身が自覚しているアピれる能力を持っているかどうかだから、アピれない人はスキルもそれなりなんだろうな、とは判断しちゃうけど。



さて、簡単ながら私なりの雇う側としてのレジュメのNGポイントを書いてみた。
最後にもう一度書くが、雇ってもらいたいなら雇う価値があると思わせるべきである。



それが苦手なのが日本のサラリーマンなのではあるが。

Written by Kamiya



しかし、私も大分考え方が変わったもんだ......ベンダー子会社に居続けたら、決してこういう考え方はしなかっただろうなぁ。

何となくそんなことを感じたここ数日。


私の仕事はHPさんだったりIBMさんだったりのベンダーさんに支えてもらわないと何ともならないケースが多いのだが、それなりに無茶をお願いするケースもある。

その場合に助けてもらえるかはやはり普段の信頼関係というか、こちらから仕事をやりやすく調整してあげたりといった気遣いからだったりする。



が、うちの会社はそういうところを無視して「金払ってるんだからやってよ」という話をする人が多い。
まあ確かに正しい一面もあるが、んなこと言ってるから「あの会社とはおつきあいできません」と言って仕事を断るエンジニアが出てくるわけで。

お金だけで全てが片付く世界ではない、基本的なその点をもう少し理解して会社間のおつきあいはする物だと最近は良く思う。
ベンダーさん側が凡ミスしなければもうちょっとフォローも出来るのだが。

Written by Kamiya


結局最後はスキキライ、それがビジネスだと思ってる。

当然の話だが、自分の年齢が上がれば「部下」と呼ぶべきメンバーの年齢も必然的に上がってくる。



私の年齢だと30前後、場合によっては自分より年上のメンバーが部下という立場になったりする。
その中には当然と言えば当然ながらあんまりお仕事の出来ない人もいるわけで。

そういうメンバーに対しては叱りつつ褒めつつ伸ばしていく必要があるのだが、正直「この年齢の人にこんなこと(きちんと出社しなさいとか)言わにゃならんのか」と思うときも多々あり。



社会人になって一番がっかりしたのが、「大人ってみんな出来る人ばっかりじゃないんだな」ということに気づいたこと。
それなりの率でダメ人間はいるし、そのダメ人間率が年を経るごとに下がっていくかというとそうでもない

高校生レベルが言われそうなことをアラフォーのオッサンに言わないといけない、なんてことはままあるのである。
とはいえ周囲の目や立場的な物もあって言わないわけにはいかない。

そんなときにつくづく思う、「ああ、人間って成長しないんだな」という一節。



まあガンラックに10丁オーバーのエアガンが立てかけられている自分の部屋を見たときが一番そう思うんですがね。

Written by Kamiya


しかし、「アラフォーのオッサン叱りつけてもきっと変わんねえんだろうなー」と思っている自分がいるのもまた事実。

まあそういうときは思いっきり失敗してもらうのが一番効果があったりもする。

私の会社に、とある先輩がいました。もう既に退職してしまった、NW系に強いエンジニアさんでした。
技術力がある人で、インフラの基本設計部分について、NW、サーバなどを一手に引き受けて作っていました。



先輩が会社を退職する少し前、私と先輩で話をしていたときに、その先輩が言いました。

「僕はね、僕の(設計した)システムをいっぱい作りたいんだ。公共にも僕のシステムがある、流通にも僕のシステムがある、金融にも僕のシステムを作れた。だから、他の業種に行こうと思ってね。」
(注・・・・・・私の会社は金融系システムを構築する会社)

そう言って、先輩は退職していきました。



先輩は設計書をいくつか残していきました。
でも、そこには設計の内容や実装の仕方は書いてあっても、なぜそう設計したのか、設計のポリシーと呼べるものは書かれていませんでした。

先輩の作ったシステムは、ある面では考えられていたものの、なぜこう作ったのか分からず使いにくいという評価も多いシステムでした。
結局、次の代ではいくつかの設計は引き継がれたものの、8割以上は他の人が考えた設計内容に置き換えられてしまいました。



先輩は、次の職場でも「金融系にも僕のシステムがある」と言っているのでしょう。それが、5年ぐらいで消えてしまったシステムであっても。

Written by Kamiya



先輩が何をしたいのか、これでよいと思っているのかは今でもよく分かりません。

ただ、設計者の思いが残らず、検討すらされずに次世代に引き継がれなかった設計など、無かったに等しいということはよく分かります。

ちょっと前の話であるが、「ベンチャーは残業代なしでOK(ITmedia)」と、とある偉い人が言いました。

想像通りフルボッコでそらそうだよなと思う反面、残業代を必ず払う、ダメなら残業を0にしろ、って考えには同意半分そこまでしなくても良いんじゃないかと思うところ半分。

 

前にも少し触れたが、元々今の会社に来た理由の一つに「残業代気にするぐらいならがっつり働かされても文句言わないレベルでもらって年俸制の方がいいや」って発想がある。

言い換えれば、残業代というものがめんどくさくなったのが転職理由の一つなのだ。

 

私のような人間は少ないと思うが、それでも選択肢として残業代なしただし給料良しという会社があっても良いと思うのだ。

まあ不払い問題は残業代を払わないくせに給料が安い会社があることが問題なので、給料安いならちゃんと残業代払え嫌なら給料上げろというのは私も思うところ。

なお、某偉い人の言ったベンチャーの特徴、

 

(1)多くの従業員が企画型の業務を行い、ストックオプションをもらっていることも多く将来的リターンも大きい
(2)知識と情報を源泉とした高付加価値型サービスの提供が中心的な企業では、従来の時間という評価軸がなじまない

 

という件について、一応ベンチャー気質の会社にいる私なりの見解を。

(1)については経営陣や初期創業メンバーといった、会社が急成長するタイミングで在籍していたメンバ-には当てはまるが、ある程度育ってきた後に入ってきた多くの一般社員にはあまり当てはまらない。

(1)が全社員に当てはまるのは創業5年以内、社員数十人ぐらいのどベンチャーだけかと。

ていうか発生するかも分からない「将来的リターン」を給料と考えられるのはそれこそ志を持って会社を作った創業者や初期メンバぐらいじゃないのかと。

 

(2)についてはベンチャーだけの特徴では無い気がする。というか職種によるだろこれ。

 

この話は、元をたどれば時間という評価軸が職種を問わずに適用されていることが真の問題かと。

かといって成果主義だとうまくいかない。ってよく言われるけど大人の事情で評価が変わる成果主義じゃあねえ......

Written by Kamiya

 

最終的に年収が1075万以上の人だけがホワイトカラーエグゼンプションの対象になるみたいだが、

年収1000万の人が労働時間や残業代を気にして働いているとは思えないのだが。

3年目の真実

| コメント(0) | トラックバック(0)

電動クリスベクターきたああああ!!!!

 

でもKWAへのライセンス供与終了したっていうからGBB廃盤も確定......せめてKWA生産でKrytacが販売するとかしてくれないもんかなあ。

(Krytacの技術者がKWAからの引き抜きらしいって経緯を考えると無理だろうなとは思っている)

 

電動も年内は厳しいって話だし、来年春にフィールドで使えればいいやぐらいの気持ちで待つしかない。まあエアソフトガン クリスベクターの火が消えないだけでもマシかなぁ。

 

 

ってエアガンネタで始まったが今日はそういう話じゃないのだ。ちょっとSEIチックな話だが、ズバリテーマは

 

転職後の給料

 

のお話。転職して給料が上がってヤッホイなあなたに送る、少し頭を冷やすお話だ。

 

 

さて、転職をしたら給料が上がったなんて話はまあまあ聞く。

世の中的には転職をして給料が上がるなんて人材系業界の虚構だとも言われているが、事実として一定割合の転職者は給料が上がる。

 

この給料がその人の実力のみで決まっていれば良いのだが、最近は、業種によってはその人本来のスキルレベルと比較すると高値が付くことがある。

これを、「転職プレミアム」なんて呼んだりする。

 

なぜプレミアムが付くのかと言うと、簡単に言えば割高でも人を雇いたい状況にあるからである。一番多い理由は需要(求人)に対する供給(転職希望者)が少ないことだ。

 

転職希望者のうち、まあまあ戦力になると見なしたら、他社に取られる前に好待遇で自社に引き入れてしまう、ということが実際起こる。

つまり、現職と全く同じ仕事をしていても、転職先の方が多く給料を支払ってくれることがあるのだ。だもんで転職希望者は転職すると前の会社より給料が上がったと喜ぶ。

 

が、ここに大きな罠がある。

 

プレミアム付きの給料はその人の能力を超えている給料である。つまり、実力から考えると「高すぎる」のだ。

 

転職時はそのプレミアムが効いて給料が上がるが、次年度以降の評価は実力100%で評価される。

つまり、転職した人が仮に1年後に今と同じ能力だった場合、全うに考えると給料は下がるのである。

 

現実問題を考えると給料を下げるというのはよっぽど能力が低かった場合以外は実施されない。
とはいえ、プレミアムを超えてさらに給料を上げるにはプレミアム分+αの能力を発揮し周囲に認めさせないと上がりようがない。

 

この罠に陥ると、転職して給料は上がったが、その後2年~3年経っても給料が一向に上がらないということになる。
もしかしたらもう一度転職すれば給料は上がるかもしれないが、同じ気分を味わうだけだろう。

そして、転職には年齢の壁がどうしても存在する。ほいほい転職することのイメージダウンも言わずもがな。
後はどうなるかもうお分かりかと思う。

 

 

今まで書いてきたことは、私の会社で実際に起こったことである。
実例では再転職すらしていないものの、3年間給料が一緒ということのデモチベーション効果は大きい。 

結果としては転職3年目にして、スキルには見合っていないが給料を1段階引き上げることにした。
まだ本人には伝えていないが、どう伝えたものかは悩みどころである。

本人からすれば「努力して結果も出しているのに給料が上がらない......」という訳だが、傍目から見ればプレミアム分がやっと埋まった、ということなのだ。

 

今は新卒採用真っ盛りだが、落ち着いたらそろそろ自分も、と思う人は自分に付いた値段を冷静に見直して欲しい。

値段が現職よりかなり上がっているなら、現職以上に気合い入れて仕事しないとならない。
今まで通りにやっていたら転職先での1年後、2年後の給料アップはなく、3年目ですら怪しいのである。

Written by Kamiya

 

転職時はこれだけ上げてもらえればもう十分、と思っていても、昇給しなければ不満。そんなもんである。