貴重な物の使いにくさたるや

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日はエアガンのお話。



クリスベクターやらWE ACRやら、比較的変なのをサバゲでよく使う私だが、それでも使いにくい銃というのはある。
あまりにも入手性の悪い銃がそれだ。

たとえば、KSC のP226R。握りやすく撃ちやすくスライドスピードも高い、とても好きな銃なのだが、困ったことに中古を含めてほとんど市場にモノが出てこない。
マルイのP226があるじゃんという人もいるだろうが、握りやすさや質感が段違いなので、出来ればこちらを使いたい。

が、モノが無い。となると、故障した時の代替品確保が難しくなり、どうしてもメインで使いづらいという結論に達する。
そもそもそんな貴重な物をサバゲで傷だらけにすること自体がためらわれる。

ということでKSCさん、ニューモデルも良いんですが、せめてもちっと再販を増やしていただけないでしょうか。

Written by Kamiya



クリスベクターも入手性悪いじゃん、と思われる方もいるだろうが、発売が比較的最近であるが故か、金に糸目を付けなければ比較的入手は容易なのだ。
金を積んでもモノがない、これが真の意味での入手性が悪い代物である。

また、クリスベクターの場合はKWA製を調達するという手段も取れるので、その点も入手性を高める理由の一つ。



P226Rは本当にエアガンとして出来が良いだけにもったいない。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://crosson.style.coocan.jp/movt/mt-tb.cgi/266

コメントする