2015年11月アーカイブ

注:エアガンのお話


先日の11/13にマルイのM4 MWS GBB(東京マルイ公式)が発売され、ド少数生産故に全国のGBBファンが泣くという憂き目にあったようだが、私の手元には、

IMG_7216.JPG

これがある。しかも予備マグ一本付き。ということで軽くレビューしてみることに。

IMG_7208.JPG

まず外見だが、見慣れた形である。リアル追求派ってわけではない私としてはさほど気になるところはなし。剛性も高く、一本の棒のごとき感触だ。
今回のウリの一つがセラコートだが、「うん......まあ......」という印象でさほどグッとくるものがない。私みたいな人間には豚に真珠なのかもしれんが少なくとも質感は悪くない。

そして早々にグリップをPTSのEPGグリップに、ストックはCTRに変更。ストックは無加工で装着可能、グリップはそのままだとM4と噛み合わせるところが当たって付かず、内部を少し削る必要があった。
どうやらM4本体側のグリップと噛み合う部分の鉄板の厚みが少し厚いらしい。

それ以外は特に問題なし、加工は数分と言うところなのでほぼ問題なしと言っていいかと。
なお、電動ガン向けのグリップは言うまでもなく使えなかったので注意。

IMG_7224.JPG

ハイダーはとりあえず外してみたが、芋ネジなどでの固定が無いせいか、何じゃこりゃと思うほど以上に締め付けがきつい。感覚的にはネジロック剤が塗られている感覚。

手元にあった逆ネジハイダーを付けたらすんなり回ったので、わざとハイダーパーツのネジ部分をきつめに作ってあるようだ。



通常分解レベルで内部を開けてみたが、ボルトやら例のZシステムやらが他に類を見ないレベルで作りがキレイなのにちょっと衝撃を受ける。
各パーツが丁寧に作られたことがビシバシ伝わってくるが、ここまでやらんといかんのかと少し首をひねるところではある。

IMG_7218.JPG

内部で気になったのはもう一つ、ホップ調整ダイヤルが矢鱈固いということ。マルイには珍しくクリック式になってる&手を伸ばしにくいというのもあり、回す感覚がつかめるまでちょっと苦労した。
まあ、回す感覚が分かったところで結局それなりに調整の苦労はするのだが。



いざ実射、といきたいところだが、生憎ロングレンジでの射撃をしてないので室温20℃程度の室内撃ちの感想ということでよろしく。

まずブローバックだが、この気温にしては中々元気がよく、夏に撃ったら結構楽しいことになりそうな感じ。前評判通り、衝撃吸収材が一枚噛んでるような重いリコイルで、KSCのMASADAのような鋭さとはちょっと違う。

どっちがいいのかといわれたらまあ好みだが、この重いリコイルをこの温度で実現しているという点だけでもM4は評価できる。
2~3回バースト撃ちしても結構頑張り、ちゃんとボルトストップがかかるので寒さにはかなり強そうだ。今の季節なら、ギリギリ一応屋外でも動作してくれそう(ちゃんと弾が出そうという意味で)な雰囲気である。

弾速は何回か計ったところ、0.2gG&G弾で80m/s前後(0.7J)でまとまっている。安定しているし、夏場でも90m/s前後にまとまりそうな感じ。
弾道についてはターゲットから3m程度の距離で撃った感覚だと、結構素直そうなので遠射が楽しみだ。

ただし、動作させているときに一点気になったことが。
ボルトストップ後、リリースボタンでボルトを前進させたときの音がなんかショボイのだ。

普通のGBB長物だと、リリースしたときには「ジャキン!」って感じの音がしてこれが熱いのだが、マルイのM4は「ボムッ」っていうか「ゴッ」っていうか。
おそらく何かバッファー的な物に当たっているみたいで、甲高い音が全くしない。ボルトリリース時の楽しみが90%以上無くなっている(私基準)。

これが動作性と射撃性能の引き替えなのか......と思うと実に切ない。やっぱりGBBとしての楽しさは他メーカーの方が上な気がする。
今のところ、これがマルイM4の最大の欠点である。

ということで、さらっとレビューしてみた。私としては当初通り、「ゲームで使うためのツールとしてのGBB」であり、「GBB一本でゲームしたい際の鉄板役」という認識だ。
年内には第二ロットが出回るとの噂だが、果たして今よりさらに寒くなった状況で、ゲーム向けGBBであるマルイM4はどこまで売れるのか......



いや正直お座敷だったら中華有名どころ含めて他社のガスブロ買った方が幸せになれると思うのですよ。

Written by Kamiya

今日はエアガンのお話。



クリスベクターやらWE ACRやら、比較的変なのをサバゲでよく使う私だが、それでも使いにくい銃というのはある。
あまりにも入手性の悪い銃がそれだ。

たとえば、KSC のP226R。握りやすく撃ちやすくスライドスピードも高い、とても好きな銃なのだが、困ったことに中古を含めてほとんど市場にモノが出てこない。
マルイのP226があるじゃんという人もいるだろうが、握りやすさや質感が段違いなので、出来ればこちらを使いたい。

が、モノが無い。となると、故障した時の代替品確保が難しくなり、どうしてもメインで使いづらいという結論に達する。
そもそもそんな貴重な物をサバゲで傷だらけにすること自体がためらわれる。

ということでKSCさん、ニューモデルも良いんですが、せめてもちっと再販を増やしていただけないでしょうか。

Written by Kamiya



クリスベクターも入手性悪いじゃん、と思われる方もいるだろうが、発売が比較的最近であるが故か、金に糸目を付けなければ比較的入手は容易なのだ。
金を積んでもモノがない、これが真の意味での入手性が悪い代物である。

また、クリスベクターの場合はKWA製を調達するという手段も取れるので、その点も入手性を高める理由の一つ。



P226Rは本当にエアガンとして出来が良いだけにもったいない。