2015年10月アーカイブ

とテーマでちょっと書いてみる。
ここでの体力トレーニングとは、筋トレやランニング、各種スポーツなどの継続的な実施を指すと理解していただければよい。
では始めよう。


1.修羅場を乗り切るための体力確保
SEだけというわけではないが、仕事をしていれば修羅場がやってくる。これは避けようのない事実である。
そのときに倒れずに乗り切るための体力を付けるためにトレーニングすべきというのがまず一つ目だ。


2.体を動かすことによるリフレッシュ効果
普段PCしか触らないSE、体を動かすこと自体がそもそもレアケースという場合も多いだろう。
そうなると、どうしても体がなまっていくというか、腐っていくような感覚になることさえある。

そんな日常の中で体を動かすことは、通常とは違う刺激と発汗によるデトックス作用をもたらしてくれる。これが2つめ。


3.辛いことに耐えるという状況に慣れる
筋トレにしろランニングにしろ、継続的に与えられる苦痛があると分かっている状況であえてそれを経験しに行き、そしてその見返りを得るという経験をする。
この苦痛に耐えるというのはある意味で訓練によって得られるスキルであり、このスキルがあると心の折れにくさが大分変わってくる。

日頃心が折れやすい仕事が多いSEだが、このように折れない心を養うことで仕事の成果も上がるという物だ。


ということで、SEが体力トレーニングをするべき3つの理由を書いてみた。
なお、このエントリを書くに当たっては、もう一つタイトルを考えていたのでそれも公表しよう。

IT業界で病まないためには

......まあ、鍛えといて損はないと思うのである。私としては。

Written by Kamiya

実利は計りにくい物の、「これぐらいランニング15Kmに比べたらなんてこたぁない」とか思えるとかなり強い。

いきなりペースアップ

| コメント(0) | トラックバック(0)

SEI更新。
仕事の合間にノートPC使ってEvernoteでネタ書けば良いんだと分かったら筆が進m(以下略)



今回はSEの勉強のお話だが、とどのつまりその人次第だよねえという話ではある。
私がPMチックなポジション(まあ役職上もPMなんだが)にいなければそれで終わるのだが、一応メンバーの面倒を見ないといけないのでそう突き放してもいられない。

私の場合は前職の入社数年間、技術的興味だけで色々やりまくったからあんまり勉強したって印象が無い......
とりあえず何して良いか良く分からねえなら丸善の技術書コーナーふらふら歩いて興味のある本買ってくりゃあいいだろうにと思う所だが、まあそれも人次第。



まあ、技術の勉強も良いんだけど誰か一人は基盤専門のPM業やってくれる方向に育てたいのが正直な希望。
(割と本気で採用活動中)

Written by Kamiya



基盤専門のPM業がIT業界の中でも特殊と呼べるポジションであるとしみじみ思う。

(ただでさえ数が少なく技術志向が強いインフラ担当者、その中で技術よりも管理寄りの立場にいる人間は大分少ない。ニーズはあるポジションなんだが......)