人間のわがままさを実感

| コメント(0) | トラックバック(0)

サバゲのウェポンとして何を持って行くかは悩みどころ。私の場合こんな感じ。

安定の一本
・89式
・G36V(UMAREX電動)
・P90TR

使いたいが安定性に欠けるのでどれか一本
・クリスベクター
・Magpul MASADA
・ホークアイ
・ACR(WEガスブロ)

装備に応じて
・MP7A1(マルイ電動)

安定のサブウェポン
・ハイキャパ(マルイガスブロ)



この中からチョイスするのだが、安定系の装備に一本面倒なのがいる。P90だ。

こいつは扱いやすさと精度、静音性を兼ね備えた良い代物なのだが、マガジンポーチが特殊でギア(マグポーチ等の装備)を専用の物にしないといけない。

ギアは装備を決める重要な要素で、ゲーム重視になればなるほど一つのギアで複数の装備、用途に対応できることを望むようになる。
つまり、マガジンポーチをいちいち増やさなければならないような状況は出来るだけ避けたい、ということになる。



ということで、軽量、扱いやすい、高性能と3点そろった装備としてマルイのG36Kを調達してみた。これは金属外装がほぼ無く、サイズもコンパクトなのできわめて扱いやすい。
しかも、次世代電動ガンのため、安定した初速と精度、高いサイクルを兼ね備えている。マガジンもG36用PMAGを使えばM4系マグポーチが使える。

これならP90を処分してギアを統一できる、と思って喜び勇んでゲームに投入してみたのだが――



燃えない。



取り回しが良く性能も良い、撃てば当たる、これほどの銃なのに燃えない。原因は何となく分かっている。


マルイのG36は元々おもちゃっぽさが強く、UMAREXのG36と比べると質感がかなり劣る。
そんな銃な上、金属パーツが極端に少ないため重さも軽い、触ったときの実銃感もあまり無い。となるとどうしてもイマイチな銃に思えてしまう。

......ショップで手に取った時にまあ気づいてたけど買ってみたら案の定だったわけですな。


G36Kを売り払うのは確定だがコンパクト系メインウェポンを何にするかは悩みどころ。電動のPDR-Cの中古でも良いかも知れないが、またマガジンが増えるんだよなあと思ったり。

サバゲーですら装備の共通化が一つの目標になるということを実感すると、実際の軍隊が装備の共通化や既存装備との互換性を追求するのも納得、である。

Written by Kamiya

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://crosson.style.coocan.jp/movt/mt-tb.cgi/263

コメントする