2015年8月アーカイブ

レジュメやら履歴書やらの書き方というのは色々とネットやら本やらに書かれているが、人を雇う側としてはそんなに細かく見ないよなーというのが正直なところ。
人を雇うとなるとそれこそ大量の書類が届くわけで、慣れてくると「これはちょっとイマイチだからやめとこう」という自分なりのルールが出来てくる。



なぜ「こう書いてあったら雇おう」とならないかというと、最終的には雇うか雇わないかについては会ってみないと決められないからである
つまり、レジュメや履歴書は足切りの材料以上の何者でもなく、一定以上のレベルに気合いを入れてもあんまり効果がない、というのが個人的な印象だ。



ということで、今回は「これがレジュメに書いてあったら雇わない(システムエンジニア編)」と言うことでお送りする。
まあ個人の意見ではあるが、転職やフリーランスの方の参考になればと思って書いてみる。

と、その前に、いくつか本エントリの前提条件を書いておく。

・「レジュメ」とは業務経歴書等、履歴書以外で自分のスキルや実績をアピールするための何らかの書類である、と定義する
・対象はシステムエンジニアで技術職を生業としている人
新卒は本エントリの対象外とする(評価がまったく違う軸になるので)

これらを頭に入れていただいて、それでは参ろう。



1.自分の強み、ウリの項目に性格について書かれている

「まじめな性格で、確実に物事をこなします」とかいうあれである。
推薦欄に書かれているのはよく見るし、それは本人のせいではないとも思うが、自分の強みとして性格面を書いている場合がたまにある。これを見ると、

他にウリは無いのか。

ととりあえず思うわけで。新卒とか2~3年目ならまだ理解も出来ようが、30前半のオッサンでこれを書いてくる人がいるのが頭の痛いところ。

強みには自分の実績を踏まえて新しい職場で貢献できるもの(利益源となる物)を書くべきである。
最初に推薦欄に書かれているのはしゃーないかと思うと書いたが、正直推薦欄に書くこと無かったのかなあと思うので、推薦欄にも性格などは書いてもらわないほうが良いかと思う。

性格など会えばそれなりに分かるし、載せるべき情報ではない。そもそも真面目かどうかなど客観的判断でありアピられても困る。



2.○○について勉強中で、こちらの分野もやっていきたいと思います 的記載

その前にアンタの得意分野で仕事して欲しいんだけど。


これを書かれると、「自分の得意分野と謳ってる部分に自信ないのかなあ」と考えるのだ。

もちろんスキルアップはして欲しいし向上心を持っていること自体は良いのだが、そんなもんレジュメに書かんでいいでしょ。
まずはその人の現状保有スキルが有用であるかどうかが第一なので、それをアピってもらわないとしょーがないのである。


3.出来ること、得意なことが書かれていない

ニュアンスが微妙なのだが、「○○をやってきました」ということと、「○○が出来ます、得意です」というのは微妙に違うのである。

それなりに社会人経験のある方はお分かりだろうが、「やったから出来る」は全てにおいて当てはまるわけではない。
もちろんやらないと出来ないのはその通りだが、何かをやっても不向きだったりして成果が上がらない、ということは良くある。

色々経験する中で自分の得意な物やこなせることを見つけ出し、それをアピールすべきなのだが、経験しか書かれておらずいまひとつアピールが弱いレジュメを時々見る。
これはレジュメを出してくる側の意識もあると思うのだが、基本的に雇われるのではなく雇わせるという思考で行かないと採用してはもらえない。



採用する側の方が強いというのは日本社会の刷り込みみたいなもんだと思ってるが、システム業界では必ずしもそうではないと思う。
そもそも人手不足でプレミア数十万なり数百万なり乗っけても優秀な人間を採用しようという流れになっている状態なのだ。



絶好のプレゼンの場で控えめに行ってどうするよ......と思うのだが、これは分かってる人は分かってて実践するし、そうでない人はずっと控えめに雇われ側立場としてレジュメを書いてくるのである。
結局の所その人自身が自覚しているアピれる能力を持っているかどうかだから、アピれない人はスキルもそれなりなんだろうな、とは判断しちゃうけど。



さて、簡単ながら私なりの雇う側としてのレジュメのNGポイントを書いてみた。
最後にもう一度書くが、雇ってもらいたいなら雇う価値があると思わせるべきである。



それが苦手なのが日本のサラリーマンなのではあるが。

Written by Kamiya



しかし、私も大分考え方が変わったもんだ......ベンダー子会社に居続けたら、決してこういう考え方はしなかっただろうなぁ。