2015年7月アーカイブ

ふと気がついたら

| コメント(0) | トラックバック(0)

KSC MASADAが予約開始ですよ奥さん。
速攻で仕事中ながら自前のPCを立ち上げて予約入れましたが何か。

これでWE ACRの出番がとうとうなくなるのか......
カスタムパーツてんこ盛りだし、カスタムパーツをすべてノーマルに戻すと作動性が悪くなるし......

手間も金もかけたお気に入りの一丁ではあるから、しばらくは手元に置いておくつもりではある。カスタムしすぎて売るに売れないし。



ガスブロ長物でサバゲとかやってると、扱いに悩むのがマグチェンジのタイミング

ガスブロ長物はほぼリアルカウントのケースが多く、せいぜい30発前後。となると不安になるのが弾切れ。
電動ガンのノーマルマグでもほぼ60発以上、それと比べると大分少ない。



サバゲをやったことのある人なら誰でも分かると思うが、相手と撃ち合っている時に弾切れとなるとお手軽に絶望気分を味わえる

より経験者が多いと思われるFPSゲームの場合は、弾数にかかわらずフル装弾されたマガジンが無限に存在し、マガジンの残弾を自動的に取り出してくれる小人さんがいるため、ちょっと余裕があったらマグチェンジ、ということが可能になる。

しかし現実はそうはいかず。持てるマガジンは頑張っても10本程度、通常は3~5本程度
さらにマガジンに残った弾はそのままそっくり無駄になる。マガジンを再利用すればもちろん使えるが、何発入っているかなどもはや分からない。



これらを総合的に考えると、マガジンは残弾を使い切ってから交換する方が現実世界では効率が良いのではないかと思っている。

映画のネイビーシールズや米軍の戦闘ムービーなどを見てみると、マガジンチェンジ後にボルトリリースをしている=弾丸を使い切ってから切り替えている ということで、やはり残弾があるマガジンを取り替えるシーンはあまり見受けられない。

シューティングの世界であれば使う弾数とタイミングがある程度決まっているので、残弾のある状態でマグチェンジした方が有利なのだろうが、実戦ではそうも行かないようである。

Written by Kamiya



撃った弾を数えておけばいいという話も聞くが、そうそう出来るものではない。訓練積めば出来るんだろうか......