2015年6月アーカイブ

何となくそんなことを感じたここ数日。


私の仕事はHPさんだったりIBMさんだったりのベンダーさんに支えてもらわないと何ともならないケースが多いのだが、それなりに無茶をお願いするケースもある。

その場合に助けてもらえるかはやはり普段の信頼関係というか、こちらから仕事をやりやすく調整してあげたりといった気遣いからだったりする。



が、うちの会社はそういうところを無視して「金払ってるんだからやってよ」という話をする人が多い。
まあ確かに正しい一面もあるが、んなこと言ってるから「あの会社とはおつきあいできません」と言って仕事を断るエンジニアが出てくるわけで。

お金だけで全てが片付く世界ではない、基本的なその点をもう少し理解して会社間のおつきあいはする物だと最近は良く思う。
ベンダーさん側が凡ミスしなければもうちょっとフォローも出来るのだが。

Written by Kamiya


結局最後はスキキライ、それがビジネスだと思ってる。

当然の話だが、自分の年齢が上がれば「部下」と呼ぶべきメンバーの年齢も必然的に上がってくる。



私の年齢だと30前後、場合によっては自分より年上のメンバーが部下という立場になったりする。
その中には当然と言えば当然ながらあんまりお仕事の出来ない人もいるわけで。

そういうメンバーに対しては叱りつつ褒めつつ伸ばしていく必要があるのだが、正直「この年齢の人にこんなこと(きちんと出社しなさいとか)言わにゃならんのか」と思うときも多々あり。



社会人になって一番がっかりしたのが、「大人ってみんな出来る人ばっかりじゃないんだな」ということに気づいたこと。
それなりの率でダメ人間はいるし、そのダメ人間率が年を経るごとに下がっていくかというとそうでもない

高校生レベルが言われそうなことをアラフォーのオッサンに言わないといけない、なんてことはままあるのである。
とはいえ周囲の目や立場的な物もあって言わないわけにはいかない。

そんなときにつくづく思う、「ああ、人間って成長しないんだな」という一節。



まあガンラックに10丁オーバーのエアガンが立てかけられている自分の部屋を見たときが一番そう思うんですがね。

Written by Kamiya


しかし、「アラフォーのオッサン叱りつけてもきっと変わんねえんだろうなー」と思っている自分がいるのもまた事実。

まあそういうときは思いっきり失敗してもらうのが一番効果があったりもする。