2015年3月アーカイブ

逆に不安になる

| コメント(0) | トラックバック(0)

世の中には不思議なことがある。今日はそんなお話。

まあエアガンネタなんですけどね。

 

去年の10月に買ってから、そこそこゲームで使用した89式。精度の高さとまあまあの初速ということであまり不満はなかった。

DSC_7010.jpg
初速はだいたいこんな感じ。

 

が。定例会などに参加していると、微妙に飛距離で負ける場合が結構多い。

身内ゲーならほぼノーマルの銃で参加しているメンバーが大半なので気にならないのだが、それなりに気合いと金の入った銃を持ってきている人がいると、1Jカスタム系の銃がそこそこあり、89式のノーマルではわずかの差で撃ち負けてしまう。

次世代電動ガンも定例会では多いが、こちらも初速は元々高めで同様の気分を味わうことに。

 

正直89式は取り回しが悪い分、中、遠距離に回りたいなと思いつつもガチで遠距離戦やると負けるという悲しい展開になっていた。
そこで、第一歩としてちょっとだけ初速が上がってくれることを期待して内部のチューンをやってみることに。

もちろんショップに出すなんて野暮なことはしない。ていうかチューンしてみたいだけですハイ。

 

ひとまずangsのLバレル用0.9Jスプリングと、ライラクスのLAYLAX EGスプリングガイド/スムーサー Ver.2&8を購入。
ばらして組み込んで見たわけだが、作業風景を取り忘れたので写真はない。

で、組み込み終えたが......試運転でヒューズが飛ぶ飛ぶ。念のため20Aの物買ってきたがこれも飛ぶ。

 

さすがにおかしいってことで再度バラしてシム調整を実施。(シムセットは買ってたが面倒だったのでノーマルのままにしてた)

スプリングもノーマルに戻し、最終的にはスプリングガイド&シム調整&再グリスアップという超ライトチューンっつーかただのメンテレベルの仕様に。

これで動かしたところ、とりあえず普通に作動。取り合えず初速チェックするかー。

DSC_7029.jpg
!?

 

なんすかこの数字。

いやまてどういうことだ。元々の初速せいぜい85m/s前後だぞ。何でガイド変えただけでここまで上がるんだ。
スプリングガイドにはベアリングが付いていて、そのカサ増し効果で初速が上がるのは知ってたが、こんなに上がるわけがない。

ガイド変えただけでこの数字ならスプリング組んだらエラいことに&ヒューズ飛ぶのも納得だ。

 

謎事象だがこれはさすがに考えないといかん。そもそも電動ガンで初速が上がるというのは、バレル側に流れる単位時間あたりの空気の流量&発射に使われるトータルの空気量が上がるってこと(のはず)。

これを実現するなら、

 

1.スプリング強化

2.気密の確保

3.ピストンの前進速度の向上(スプリング強化以外で)

 

あたりになるだろうか。まあもっと他にやりようもあるのだろうがそこまで電ガンのチューンには詳しくないので割愛。

 

まず1.のスプリングについては、今回は完全に今まで使っていた物と同じ物を使っているので変わらない。

テンションが解放されてややスプリングが伸びており、なじめば元に戻るのか? とも思うが、一日後に再計測してもそれほど変化がなかったので根本的な原因ではないようだ。

一点気にしているのはスプリングガイド/スプリング/ピストン&シリンダー周りの組み方をミスっていて、スプリングのテンションが上がり気味になってしまっている可能性があること。

これは正直判断のしようがないが、しばらく動かしてみてシリンダー周りに異常が出るようなら確定だろう。

 

2.の気密の確保については可能性はある。今回いったんバラして組み直したわけで、その際のグリスアップや組み付け方によって気密が取れるようになったというわけだ。

それだけでここまで変わるのかということについては疑問が残るが、現時点で一番可能性が高いのはこれじゃないだろうか。

 

3.のピストン前進速度の向上だが、結局スプリング交換してやりたいことはこれなので、これが別の方法で実現されていれば初速は上がる。

パーツ交換なしで考えられそうなのは空気の抜けが良くなる、シリンダー内の抵抗が下がる、あたり。
結局グリスアップと組み付け方の問題なんだろうか。

 

原因が分からないのでいきなりメカボ内部破損の危険はあるが、何度か計測しても準空気銃に引っかかる値は出てないので、しばらくプリンキングなどで使い込んでみることに。

あと1・2m/s落ちてくれると(法律的な意味で)安心できるんだがなあ。

Written by Kamiya

 

性能として上がろうが下がろうが、原因がよく分からないのは不安でしかない......自分も知らない神の手発動なのか。

まあ結果として壊れるかもしれないが、壊れたら壊れた箇所から原因の推測も付こうというもの、それはそれでよし。

 

89が一時的に使えなくなってもP90あるし、そろそろ春だしガスブロも使えるし、いやもう待ちに待った季節ですわ。

 

さらに余談

電ガンのチューンをしたい理由は知的好奇心以外にもう一つあり、これが出来るようになれば中華電ガンがいじれるようになるのがある。
......VFCのG36Vとかネラッテマセンヨ。決して。

3年目の真実

| コメント(0) | トラックバック(0)

電動クリスベクターきたああああ!!!!

 

でもKWAへのライセンス供与終了したっていうからGBB廃盤も確定......せめてKWA生産でKrytacが販売するとかしてくれないもんかなあ。

(Krytacの技術者がKWAからの引き抜きらしいって経緯を考えると無理だろうなとは思っている)

 

電動も年内は厳しいって話だし、来年春にフィールドで使えればいいやぐらいの気持ちで待つしかない。まあエアソフトガン クリスベクターの火が消えないだけでもマシかなぁ。

 

 

ってエアガンネタで始まったが今日はそういう話じゃないのだ。ちょっとSEIチックな話だが、ズバリテーマは

 

転職後の給料

 

のお話。転職して給料が上がってヤッホイなあなたに送る、少し頭を冷やすお話だ。

 

 

さて、転職をしたら給料が上がったなんて話はまあまあ聞く。

世の中的には転職をして給料が上がるなんて人材系業界の虚構だとも言われているが、事実として一定割合の転職者は給料が上がる。

 

この給料がその人の実力のみで決まっていれば良いのだが、最近は、業種によってはその人本来のスキルレベルと比較すると高値が付くことがある。

これを、「転職プレミアム」なんて呼んだりする。

 

なぜプレミアムが付くのかと言うと、簡単に言えば割高でも人を雇いたい状況にあるからである。一番多い理由は需要(求人)に対する供給(転職希望者)が少ないことだ。

 

転職希望者のうち、まあまあ戦力になると見なしたら、他社に取られる前に好待遇で自社に引き入れてしまう、ということが実際起こる。

つまり、現職と全く同じ仕事をしていても、転職先の方が多く給料を支払ってくれることがあるのだ。だもんで転職希望者は転職すると前の会社より給料が上がったと喜ぶ。

 

が、ここに大きな罠がある。

 

プレミアム付きの給料はその人の能力を超えている給料である。つまり、実力から考えると「高すぎる」のだ。

 

転職時はそのプレミアムが効いて給料が上がるが、次年度以降の評価は実力100%で評価される。

つまり、転職した人が仮に1年後に今と同じ能力だった場合、全うに考えると給料は下がるのである。

 

現実問題を考えると給料を下げるというのはよっぽど能力が低かった場合以外は実施されない。
とはいえ、プレミアムを超えてさらに給料を上げるにはプレミアム分+αの能力を発揮し周囲に認めさせないと上がりようがない。

 

この罠に陥ると、転職して給料は上がったが、その後2年~3年経っても給料が一向に上がらないということになる。
もしかしたらもう一度転職すれば給料は上がるかもしれないが、同じ気分を味わうだけだろう。

そして、転職には年齢の壁がどうしても存在する。ほいほい転職することのイメージダウンも言わずもがな。
後はどうなるかもうお分かりかと思う。

 

 

今まで書いてきたことは、私の会社で実際に起こったことである。
実例では再転職すらしていないものの、3年間給料が一緒ということのデモチベーション効果は大きい。 

結果としては転職3年目にして、スキルには見合っていないが給料を1段階引き上げることにした。
まだ本人には伝えていないが、どう伝えたものかは悩みどころである。

本人からすれば「努力して結果も出しているのに給料が上がらない......」という訳だが、傍目から見ればプレミアム分がやっと埋まった、ということなのだ。

 

今は新卒採用真っ盛りだが、落ち着いたらそろそろ自分も、と思う人は自分に付いた値段を冷静に見直して欲しい。

値段が現職よりかなり上がっているなら、現職以上に気合い入れて仕事しないとならない。
今まで通りにやっていたら転職先での1年後、2年後の給料アップはなく、3年目ですら怪しいのである。

Written by Kamiya

 

転職時はこれだけ上げてもらえればもう十分、と思っていても、昇給しなければ不満。そんなもんである。

植物戦隊カフンガー

| コメント(0) | トラックバック(0)

が襲来する季節になりましたが皆様いかがお過ごしでしょうかKamiyaです。

例年それほどひどくは無かったのだが、年々体に蓄積されるのか今年はなんだか嫌な予感が。

 

昔は実家の杉の木にBB弾をたたき込んで花粉を散らして遊んでいたものだが、今やったら多分見ただけで鼻水が出る。

 

さて花粉が春の敵だとするなら冬の敵は乾燥といったところか。

冬になると手の皮がむけやすいというのは良くある話で、私も例に漏れず結構むける方だったのだが、ここ数年でちょっと尋常じゃないレベルになってきた。

具体的に言うと、手の内側は全部むける。もちろん徐々にではあるが、指の方が指紋がいったんきれいに無くなるぐらいまでむけきって、その後手のひらも一通りむけて新しい皮膚に。

今年はそれが足にまで波及し、土踏まずの部分がむけるまでに。そのうち全身脱皮できるんじゃないかと密かに思っている。

 

原因は色々あるようで、乾燥、寒さ、体力の低下、中には汗の出すぎが原因というのもあり、まあ季節性だからしゃーないというのが統一見解である。

まあしゃーないとは言え、指先は感覚が鋭敏になって若干痛いし、見た目もよろしくない。ということで、出来るだけ軽減するために保湿クリームを塗っている。

鉄板なのが尿素入りのクリーム。コンビニでも買えるが、コンビニで売っているのはせいぜい尿素10%、出来れば20%のものが欲しい。

 

......ということで、同じ症状でお困りの方もいるかもしれないので私の使っている物を晒しておく。

 

まず家用のクリーム。サンドラッグで売っている、メディケーヌUというクリームがお安く容量もそこそこ。もちろん保湿効果もよい。

薬局プライベートブランドの尿素20%クリームはいくつかあるようだが、結構安価なのでオススメだ。

次に持ち運び用。チューブタイプの小型の物が欲しいが、これで尿素20%と言うのが意外に見つからない。さすがに家置き用と同じ物を持ち運ぶのはかさばるし出先で使いづらい。

色々と探した結果、ケラチナミンコーワWクリームでチューブタイプなのを見つけ、これを利用している。

パッケージで尿素20%をあんまりアピールしていないので最初は見逃していた。商売下手なのか尿素ごときたいしたことないと思ってるのか。

このクリームはちょっとお高いのだが、中々の優れもので、塗って延ばしたあと、あまりべたつかない。それでいてしっかり保湿してくれるので重宝している。

家置きにするにはランニングコストがネックだが、今まで使った保湿クリームの中でダントツの性能なので、べたつかない物をお探しなら一度お試しいただきたい。

 

そして、忘れてはいけないのがクリームを塗った後の手袋。最近のクリームはべたつきにくいとはいえ、そのまま書類やキーボードを触るのはさすがに気が引ける。

寝る時など細かい作業をしないのであれば軍手でもしておけば良いのだが、軍手でキーボードは打てない。
努力したい人は軍手でも良いだろうが、私としてはその努力はどこか別なところで使うべきだと思う。

そこで綿手袋。オススメなのはファスト綿手袋という代物で、サンドラッグでよく見かける。さっきからサンドラッグ製品が多いが、別にサンドラッグの回し者ではない。

単純にコストの問題である。綿手袋は耐久性、見た目の問題で基本使い捨て、せいぜいが一回洗濯して終了だ。ところが1双300円とかのものが多く、使い捨てにはやや高い。

そこに来て3双実売500円程度というこの綿手袋のコスパはかなり高い。まあ、他の品に比べればやや作りが雑なところはあるが、普段使いで困るほどのクオリティではないのでこれで問題ない。

なお、意外なことに綿手袋でも結構タッチスクリーンが反応するので、強く押しつければスマホやMacBookの運用に困ることはなかったり。

 

予防的にクリームを塗るのも良し、皮むけが進行してしまったらクリームを多すぎるくらい塗りたくり、手袋をして過ごせば治りも早く日常生活への支障も最低限に抑えられる。

困っている方は是非お試しを。

Written by Kamiya

 

12月頃に一回なりかけてクリームで発症直前で回避し、今シーズンはしのぎきれるかと思ったのだが、結局1月後半から皮むけ。

一回綿手袋が無くて水仕事用のビニール手袋を使ってしまったのが悪化へのトリガーだった気がするので皆様もお気を付けください。