2015年2月アーカイブ

時間を金で買う

| コメント(0) | トラックバック(0)

前回の日記を見直してみたが、以前の日記を角度変えて斬り直しただけだと気づいて微妙な気分。

 

一ヶ月前のネタすら覚えていないとは......

 

さてエアガン系趣味を再開したせいで、副産物としてかなり工具が増えてきた。

元々ヤスリや精密ドライバーといった物は持っていたが、そこから一段上がり、専用工具系がかなり増えてきた。たとえば、

 

・ピンポンチ

・リューター

・トルクスレンチ

・ボールレンチ

・プラハンマー

 

等々。ネジロック剤等のケミカル系も増えた。

VFC G36用のバレルレンチ(バレルを外すために必要な工具。この用途だけにしか使えない)など、コスパの悪い物もちらほら。

昔は安価な精密ドライバー等で工夫して代用していた物も多いが、やはり専用工具があると早いし効果が高い。

 

特にリューターはいい。元は中華系エアガンのパーツ擦り合わせのために買ったが、細かい場所を削ったり、プラスチックに穴を空けたりするのでかなり役立つ。

これは昔あったらかなり時間の節約になったろう。

 

1万ちょっとで買えるし、作業効率が格段に上がるので、模型&エアガン系の趣味を持つ人にはリューターはオススメ工具だ。

工具もこだわり出すと沼になるから気をつけないと......

Written by Kamiya

 

買ったリューターは浦和工業製のHD-20A。ネット見てても中々評判よいし、使ってる上で不満もない。

リューター、最近はネイルアート用として使われる場合もあるのか......

先日、社長と私の部署のリーダクラス数名&他の部署のリーダクラス数名で食事会をすることになった。

社長と食事ってなんじゃそらと思う人もいるだろうが、うちの会社ではそこまで珍しいことでもない。(機会はもちろん少ないが)

 

その席上で社長から、

 

「君の部署(インフラ部隊)はもっと社内のプロジェクトの手助けをするべきだ。そうでなければ存在価値がない」

 

というお話が。それが本来の役割だからしゃあないが、言われてみるとムカつくもんだな。

 

元々うちの部署は社内で開発するシステムのインフラ部分を総合的に担当する、プロジェクト横断型の組織である。

それが、昨今プロジェクトからの無茶振りオーダーに耐えかねて「嫌なら外注しろボケ」と回答していたのが社長の耳に入ったようだ。

 

今の会社に入社した3年前はプロジェクトのニーズに応えるのが務めだと思っていたし、それはある意味で正しい。

一方で、その体勢は社内のプロジェクト以外に顧客が存在しないことも意味する。

 

つまり、顧客を選ぶことが出来ないのだ。

 

社内のプロジェクトがまっとうな良い顧客であれば問題は発生しないが、ダメ顧客になるととたんに苦労が増える。

勝手に社外のインフラ屋に見積もり取っておいて、社長から社外を使うなと言われ、「同じ価格でやってくれ」と決まった値段だけ持ってこられたらそらケンカになりますわ。

 

すべからく社内のプロジェクトを何らかの形で支援する人たちにはこういった不満があると思う。自分たちが社外からお金を持ってくるわけでもないから、立場も弱い。

そのときに、「じゃあ自分たちでアカウント(顧客)を持とう」という流れになるのは当然なのかもしれない。

Written by Kamiya

 

なお、今回の食事会は、

最近お前らのチームの仲が悪いんだが(どうなってんのか現場の話聞かせろ)」

というそのものズバリな食事会でした。メンバー選定も納得である。

 

 

注:本日の日記にはどこかのラノベのタイトルで聞いたことのあるようなものが混じってますが特に中身に詳しい訳ではないです。

定例会という物があると聞いていた。

 

フィールドが主催するゲーム会で、1~5名程度のグループで参加し、数十名レベルのゲームを行うという物だ。
はい、またサバゲのお話です

 

今までは身内のみでのゲームで、全く知らない第三者が入ることは無かったが、定例会は逆に全員他人。

一番気になったのはコミュニケーションが取れるかという話だが、やはり身内でないだけに声の掛け合いはやや少なめ。

とはいえ、目的が共通&情報交換が有効なことは分かっているので声の掛け合いは多少は行う。
また、近隣の人のやりとりを聞いていても有用。

まあ、結局ゲームの進行に影響があるほどの問題では無かったのでこれは杞憂だったというのが結論だろう。

 

さて、定例会に参加してみてその醍醐味がよく分かった。個人的にいいな思ったポイントは3つ、

 

・多対多のスケールの大きいゲームが出来る

・多種多様な武装を見られる

・進行を気にしなくて良い(場所によるのかも)

 

これらだろう。まず、スケールの大きいゲームというのが中々身内ゲームだけだと経験できない。

私が参加したときは30 vs 30ぐらいのゲームであったため、数に押されるという初めての体験に。

正直人が多すぎると戦略もヘッタクレも無い正面勝負が多くなるが、これはこれでお祭り気分で良いものだ。

 

武装の多様性はいろいろな人が集まる故の楽しみ。
銃ではAR系が一番多いが、MP5や89式、果てはXM8やVSS(ヴィントレス)やM60まで。

装備品はガチ勢8割、ライト勢2割といった感じ。
米軍装備で固めている人もいれば、自衛隊装備、ムジャヒディンまでいる。

コスプレ祭り的な部分もあるサバゲだが、あまり気にせず好きな物、使いやすい物を装備品にしている人が多い印象である。

 

最後に進行を気にしなくて良いという話だが、ゲームは時間管理や死亡時のカウント、開始終了のタイミングでのコール、写真撮影など、結構運営管理のタスクがある。

このタスク、身内ゲームの場合はメンバーの誰かが行う場合が多いのだが、これをフィールドのスタッフがやってくれるのがとても楽。

 

こんな感じで中々楽しい経験だった定例会だが、やはりもう一人ぐらい身内がいた方が良かったかな......というのが正直な感想。

Written by Kamiya

 

一点残念な話を言えば、やはりゾンビはいる模様で......俺ツエーしてもつまらないはずなんだが、難しいよねー。