2015年1月アーカイブ

物議を醸しそうなタイトルだが、理由は割とレベルの低い話だったりする。

 

昨今、海外製のエアガンが昨今大分増えた。いわゆる台湾や中国で生産されたガスブロのことを中華製と言ったりする。

特に中華製で目立つのが長物ガスブローバックガン。海外は高圧&気温に左右されにくいガスが使えるため、ガスブロが結構作られるのだ。

(この辺は後々物欲倉庫ネタで)

 

しかしこのガスブロ、やはり日本製に比べると品質、安定性ではやや劣る。そもそも高圧ガスを利用する前提故、動作がイマイチだったりする。

そんなガスブロの動作をうまいこと安定させるためには、日本製の低圧ガス対応のパーツ、および日本では中々生産されない台湾製ガスブロ対応のパーツが必要になってくる。

 

そう、中華エアガンのパーツを供給する国の多くが、台湾のメーカーなのだ。となればガスブロのエアガンを愛する私としては、台湾びいきにならざるを得ない。

さすがに工作精度では日本に劣る部分がある。が、ユーザ側で何とかなる範囲のパーツを供給してくれるだけで十分だし、無加工で使える精度の高いパーツも多い。

 

良い意味で一昔前の日本の町工場、そんな印象がするのが台湾のメーカーなのである。

Written by Kamiya

土曜日夜~日曜朝に夜戦。

月曜朝~月曜夕方までアウトドア戦。

 

なぜか連休中に二回もサバゲっていて何やってんだかとふと冷静になって思う今日この頃、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

 

さて月曜は北関東の山中がフィールドだったのだが、悪いことに前日に雨が降り路面凍結。

スキーに行かない首都圏生活者としては氷雪の中車で走るなんて想定していないので、スタッドレスでも何でもない夏タイヤでおっかなびっくり走ることに。

走っていくと想定通り、縁石に乗り上げてたり片輪側溝に落ちてたりとあちらこちらで事故多発。
まあ普段走り慣れてないよなーと思いつつもちったあ気をつけろと思ったり。

 

凍結路を走り慣れている訳ではないが、それでも何となく気をつけるポイントは分かる。

ハンドル操作を最小限にし、加減速をできるだけしないように低速でフラットに走れば良いだけのはずだ。

その上で、できるだけ凍っていそうな部分を避け、坂道は少し助走を付けて慣性で出来るだけ走行するなど、工夫できることはいっぱいある。

 

氷の上で滑らないようにする方法は足で歩くのも車で走るのも同じはずなのだが......

Written by Kamiya

去年サバゲ関係に突っ込んだ費用を全額カウントしてみたらドン引きだったKamiyaです。
(手取りではなく月給飛んでました

大分遅くなりましたが新年明けましておめでとうございます。

 

今年は年末年始の休みも短いのでとりあえず東京国立博物館で長谷川等伯の松林図屏風を見てみたり。

......分かってはいたが人が多いそして子供率多し。

小学校入る前の子供連れてきても分からないと思うがなあ。
ていうかどっちかっつーと邪魔なのでその辺お察しいただきたいです親御さん。

 

ということで、今年の初めはこんな感じでライトに開始。今年はもう少し更新頻度を上げたいところだが、どこまでできることやら。
(決して宣言はしない)

それでは今年も一年、よろしくお願いします。

Writtn by Kamiya

 

物欲倉庫に趣味の物をちょっぴり載せておきました。

実はもう一つ紹介したい物があるのだが、こちらはもうちょっと動作がマシになってから......