2014年12月アーカイブ

年賀状書き、大掃除(半分)、全て今日。それもこれも30日まで業務してたせいだっつーか、

 

企業活動店じまってるのに市場が開いてるっておかしいだろ常考。

 

さて今年も終わり。振り返ってみると、今年前半はほとんど仕事してたはずなのだが、全くそんな印象が無い不思議。

とはいえ修羅場ってたのは日記の3月~6月が月一回の更新だったことが如実に表している。

仕事してたら大雪に巻き込まれ、帰宅はおろかビルから出ることすらままならなくなったのは決してもう味わいたくない思い出。

 

一方7月からはぬるま湯モードに移行。8末には九州巡りを堪能し、10月からはサバゲに手も金も出す。

仕事の方はだいぶポジションやタスクが変わってきて、ぶっちゃけ技術者作業が減って徐々につまらなくなりつつあるそんな感じ。

 

ということで今年も終わったわけだが、あんまり来年の展望が見えない状態での年越しという印象。

仕事がどうなるか、そもそも今の会社にいるのかというレベルなのだが、まあなるようになるのが人生である。
人は常に最良の道を知らず知らずのうちに選んでいると言う。ならば、納得できるようにやってみることが一番大事なのだろう。

 

ということで、浅くきれいにまとめてみたところで今年のブログ終了。また来年、よろしくお願いします。

Writtn by Kamiya

 

最良の道を選んだ結果結婚してないってことはもういいんじゃねえかと達観しつつあるそんな大晦日。

ツッコミ一発勝負

| コメント(2) | トラックバック(0)

ちょっと前の日経コンピュータの記事。

富士通がメガネ型のカメラ付きウェアラブルディスプレイとシステムを連動させ、データセンターの作業者がどのケーブルに対して作業をすればいいか、カメラで認識した画像を処理してディスプレイにインジケータを表示させる技術を開発中とのこと。

 

DCにカメラ持ち込めない場合(ほとんどのDCがそう)はどうすりゃ良いんでしょうか。

Writtn by Kamiya

 

上は現場のことを何も分かっちゃいないという典型例かもしれない。
(DC側のルールを変えるって選択肢はアリだけど)

今年も後半月

| コメント(0) | トラックバック(0)

会社の忘年会の写真屋やって調子に乗って800枚ぐらい撮影したら選別と補正でえらい時間がかかっちゃったりしてたらもう今年も後15日程度ですよと。
(結局アップロード先の容量の都合もあり150枚程度になった)

 

さてこの年の暮れにも関わらずなんだかうちのチームは不穏な動き。

一人社員が辞める(この社員のことは久々のSEIで書く予定)のは良いとして、ちょっと前に話をしていた外販の話もなんだか足踏み状態。

私の上司Aがさらにその上司である上司Bに話がなかなかできないと言っている。
つまり、やらないといけないと上司Aが言っている外販以上の何かやっかいごとがあるということである。

......もういやな予感しかしない。

 

仮に外販つぶれたら、いつ抜けるかのタイミングを計り始めるか。

Writtn by Kamiya

 

この間、仕事中にふと思い出したことがある。

 

「世界を救った勇者は、世界が平和になった後はその能力故むしろ邪魔でしかない」

 

なんでこんなこと思い出したのかなー。(棒)