2014年7月アーカイブ

ああそういえば

| コメント(0) | トラックバック(0)

facebookのアカウント宛に「お誕生日おめでとう」のメッセージが届いたのだが私の誕生日は今日じゃないし何でだっけ......?
と考えて思い出した。

 

ああ、facebookの誕生日は実際の日から少しずらしたんだっけ。(何となくヤバそうなので)

 

まあわざわざ言う必要もないし、誕生日が近いのは事実なので「ありがとうございます」と大人の対応でスルー。

Writtn by Kamiya

 

あくまで個人的な感想だが、誕生日を人様に公表する理由がよう分からん。リア充の人には必要なのかもしれないが。

誕生日情報って消せるんだっけかな......

知り合いがサバゲやるかもとか言い出した

今手元にあるブツって中距離(15m以上)のゼロインしてない ってかちゃんと弾が飛ぶのかあんまり自信がない。

 

RIMG0028.jpg
暑かった......

ということで近場のフィールドでチェック。ブツはUMAREX(VFC)のG36KWEのACRKSC(KWA)のKRISS VECTOR

全部ド変態系の代物だなあと改めて思う。ガスブローバックだし。

 

あんまりエアガンネタを突っ込んでもしょうがないので子細は省くがとりあえず台湾製のG36KとACRが想像以上に素直な弾道かつ高精度だったのが意外。

特にACRは鬼ホップを想像していたが意外に素直に飛んでいる。ていうか18m先の10cmの円形ターゲットに10発中8発たたき込めるのだからゲーム用途としては十分である。

 

んー、持ってくならACRなんだが金属製パーツてんこ盛りなのでアホほど重い。
電動ガンに勝てる気はしないし正直中古のMP5 PDWやP90買って多弾数マグくっつけた方がよっぽど戦える

 

......まあ、サバゲのメインウェポンをガスブロにするって時点でハンデ戦だからしょうがない。だがせっかくだし頑張ってみたいそんな気分。

Writtn by Kamiya

 

まあ、実際にゲームするかはまだ決まってないのだが。どちらかというと手持ちのブツの遠射性能のチェック作業である。

このブログで触れたかどうだか忘れたが(たぶん触れてる気がする)、私は常人に比べるとかなり足の幅が広い。

4EとかFとか言われちゃう勢いで、これが靴選びの大きな障害にもなっている。

 

まあ幅が広いせいでダッシュが効いたり怪我しにくかったりする面もあるだろうから神様の贈り物に対して不平は言わない。

が、欲しい靴が選べないのもまた切ない話で。今日はそんな話。

 

 

オッサン世代になってきたせいか、体のいろいろな部分が20代よりも劣化していることを感じる今日この頃(もっとも劣化したのは気力と精神力だがそれは置いておく)、長時間歩くのも靴を選ばないと厳しくなってきている。

20代ならConverseで一日歩けたが、今それやったらたぶん3時間持たない気がする。
となるとロングランならぬロングウォークに適した靴が欲しくなる。

 

ちょっと前にMERRELL Chameleon 5 Stormを買っており、これはこれでまあデザインも悪くないし歩きやすいのだが、ウェット性能が低いというトレッキングシューズとしてはどうよっていう問題を抱えている。

ドライ性能はクソ高いので雨が降らなければ最強だと思うが、雨降りの鉄板と相性が悪いという街履きには辛い現実。

そしてやっぱりアウトドア向きなのでちょっとごつくて重いのも夏にはよろしくない。(ブーツとしてはかなり軽い方だけど)

 

フルサイズのカメラを突っ込んだカメラバッグを抱えてあっちこっち動き回る身としては、やはり軽くて動きやすいスニーカーを探すか......となると誰もが推す俎上に上がってくる品がニューバランス

だが、個人的にはデザインが今ひとつ気に入らず敬遠していた。特にNの部分がどうも
あとなんだか10代向けっぽいイメージがどうしても抜けない......(高校の知り合いが多用してたからだと思うが)

 

とはいえ万人が推すスニーカー、それだけの理由はあるのだろう。ということで表参道のNB東京へ。
そこで衝撃の事実を知る。

店員さん「デイリーユースのスニーカーはほとんどD(足幅の規格)しか作ってないんですよ......」

 

......DってEのシタデスヨネ......

 

マイノリティの悲哀をかみしめつつ、1400とか評判のよい型番のDモデルに足を通してみるが、親指の付け根と小指の付け根が締め付けられる感覚はぬぐえず。

これでは履くことはできても長距離の歩行には耐えられない......

 

結局、数少ない4Eが作られていた990の26.5cmが私の足にジャストフィット。それでもグレーは無いと言われ、個人的二番手の黒を購入。

アメ公足でかいんだからもっと幅大きいの作りやがれ。確かに日本人の足形に合ったいい靴ですがねこいつは!
(ほめてるのかけなしてるのか分からなくなってきた)

IMG_4549.JPG
ということで990の黒を購入。デザインもまあまあ気に入っているのですよ。

 

色々と制限はあるとはいえ、既製品でまだWIDEタイプの靴が作られているだけ感謝すべきなのかもなあ、とも思ったり。

「このサイズはオーダーメードですね」とか言われ始める日がこないことを祈ろう。

 

Writtn by Kamiya

ネタそのものはちょっと前に思いついていたが、ちょうど転職中の知り合いがいるので書くのを控えていた。

が、酒のついでに本人に中身を話してしまったので、まーいーかと。

 

 

IT業界に限らず、資格を取ってステップアップという考え方は割と普遍的にある話だ。

資格取得という明確なゴールがあり、かつそれがその人のスキルをアピールするためのわかりやすい看板になるので人気なんだろうなあと思うところではある。

しかし、だ。資格を取ったからといって転職ができるのか、また転職に「すごく役立つ」のかというと必ずしもそうではないと思う。

資格が無いとできない仕事の場合はもちろん転職時の材料になるが、資格が無くてもできる場合、資格が決め手になるケースって意外に少ないんじゃ無かろうかと。

で、IT業界の場合は多くは後者である。(PJ参画者が資格を持つことが受注条件になる資格があるなど、一部例外はある)
となると、正直言って資格を取得したから世界が変わるかというとそうでもないような気がする。

 

ちなみに、私は高度情報処理技術者に該当するNWとSC(情報セキュリティ)を持っているが、転職活動中にこの資格をアピールしたことはない。(もちろん履歴書には書くが)

さらに言うと面接でこの資格に対して特段触れられたこともない。正直言ってこの程度と言うのが経験上の実感だ。

 

じゃあ資格って何か意味あんの、と言うと、個人的には勉強するいい機会だと思って資格を取りに行くのがよいのかなあと。

実務をやっていると基礎知識だったり法律や標準化といったものに疎くなっていく。そういった疎くなりがちな部分をうまーく拾ってくれているのが資格の勉強だったりするので、そういう気持ちで受けるといいんじゃないかなぁ、と思って私は資格勉強している。

 

冒頭の転職中の友人にも言ったが、IT系の転職で資格とれるまで転職活動を待つのは無駄だからとっとと動くべし。
30過ぎると資格の一つや二つで覆せない「年齢」というマイナス要素が自動的に減算されていくのでなおさらである。

IT系においては資格の勉強が無駄とは思わないが、転職の切り札になるほど便利な代物ではない。
もちろんマイナスにはならないし、何か履歴書に書けた方が見栄えはいい。

だが、転職に絡めて資格を取ろうと思っている人は資格さえ取れば転職できるものではない、ということは理解した上で勉強なり転職活動なら進めるとよい方向に進むかと。

 

なお、これらは私の経験に基づく意見なので、つまりはIT系に限った話だと言うことは重ね重ね念押ししておく。

Written by Kamiya

 

 

ちょうど明日も中途の人を面接するのだが、面接する側としての履歴書の見方は、

 

1.年齢見る(スキルと経験値の標準値をイメージするため)

2.実務経験見る(どういった作業が多かったか(何ができそうか)のチェック、また本人からヒアリングする「これからやりたいこと」とのマッチングのため)

 

......ぐらいしか見ないからねえ......
正直資格持ってる人より実務経験としてどんなことをやってきたかを細かく書いてある方が通りやすいかも