2014年5月アーカイブ

例によってぎりぎり一ヶ月前の更新だが、単に忙しいだけではこうはならない。

 

色々考えたり内省してみたりしたのだが、やはり慢性的な高稼働のせいで心がすり減ってるんだろうなあと言うのが個人的な結論。

どうやら私の今の限界はとうに超えてしまっていたらしい。

 

とりあえず限界を超えたときに起こる(起こった)ことを列挙してみよう。

・出社時間の遅延(15~60分)

・仕事に関する記憶力の著しい低下(言われたことはだいたい忘れる)

・良心の欠落(この辺までやらなきゃだめだよなあというもののうちコストが高いものが抜ける)

・ミスの多発(これは良心の欠落によって品質が下がったことによる二次災害かと)

・心が折れやすくなる(今日は休日だけど仕事しよう→いつの間にか酒飲んでて就寝)

・怒られることに対する麻痺

・新しいことをすることが面倒になる(美術館に行ったりとか、自分にない情報を取り込むことも含める)

・自分以外のことを考慮するのがめんどくさくなる(他人の面倒を見たくなくなる)

 

いわゆるセーフモードというやつかと思うと何となく納得。
ブルーバックにはならなくともセーフモードじゃあんまり意味ないよなあと思いつつ、これをどう伝えたものか。

Writtn by Kamiya

 

出社してれば健康、出社してなければ病気と見なすのが会社なので面倒だったり。

しかし倒れる(フリをする)のは何となく個人的に気分が悪いし......という割と八方ふさがり状態でお悩み中。

 

心療内科に行っておくすり出してもらうとわかりやすいかもしれないが、薬が要らない程度には活動できてるからなぁ。

セーフモードに入れるってのはある意味不幸なのかも。