2014年2月アーカイブ

途中から思わぬ方向に

| コメント(0) | トラックバック(0)

死ぬほど働いた(タクシー帰り×5とか)上に体調も崩さず生き延びたため、鉄人と呼ばれるようになる今日この頃。

そんな称号はマジで要らないので寝かせてください

 

さて仕事にうつつを抜かしている間にメインPCのSSDが死んだり(PlextorM5S)、スマートフォンの電池が持たなくなってきたりとなんだか色々と壊れる。

 

SSDはCrucialのM500に切り替えてとりあえずちゃんと動いてるが、悩ましいのがスマートフォン。

どいつもこいつもでかすぎじゃ。

 

4インチが大きいと言われた時代はとうの昔に過ぎ去り、いまや5インチ、挙げ句の果てには6.4インチという何考えてるのと言いたげなモデルまで発売されるように。

 

いくら何でも頭悪すぎと思うのだがこれが現実である。どう考えても片手で持って操作できるサイズではなく、どちらかというとタブレットにマイクとスピーカーがとりあえず付いているだけである。

昔はW-ZERO3で電話しているだけでも頭悪い子扱いされていたのだが......時代は変わった。

 

話を戻すと新しいスマホが欲しいが全く欲しいものがなくてどうしような状態というわけだ。

だが、そんな中出てきたのがSHL24、SERIE miniである。

 

画面サイズが4.5インチながら現在使っている4.3インチ画面のRAZRより小さく、フルHD、IGZO搭載で電池もよく持つ。

これでOKだと思ったが実物を見に行って衝撃を受ける。

 

ハードキーが、ない。

 

正確には音量用のハードキー。電子書籍閲覧用端末としてスマホを使っている私としては、音量の上下で次のページに送れないと非常に辛い。

一応音量用のキーはタッチパネルとして画面右下にあるものの、それほど押しやすい場所にあるわけではない。

 

ということで、結局機種変もせずRAZRを使い続けることになりましたよと......ん? 

 

......N-05EMNP無料で30000円キャッシュバックだと......!?(次回に......続くかも)

Writtn by Kamiya

 

うちには寝かしているガラケー用の回線がある。 後は分かるな?

気合いを入れてみる

| コメント(0) | トラックバック(0)

ただし間違った方向に。

20140216.jpg
ついカッとなった訳ではないが、PCでふらっとレースゲー買ってしまったので。

 

とりあえず感想。

 

・パッドより圧倒的に使いやすいかというとそうでもない(多分慣れの問題)

・椅子は固定されていないと厳しい(ブレーキ、クラッチ踏めない)

・フットペダル、ハンドルの位置の位置決めは中々難しい。(鉄騎コントローラの時も思ったけど)

フォースフィードバックの音が結構出るので、深夜の使用は避けるか、フィードバックを切る方がよさそう

 

ということで、とりあえす慣れないことには真の楽しみ方はできなさそうだ。

なお、Xbox360ではコンバータが無ければ利用できないようなので注意。

Written by Kamiya

 

そしてこいつが届く直前にPCのメインSSDが調子悪くなる。

......神ですらお前仕事しろというのか......

猛吹雪状態となった一夜から開け、さあて車の雪下ろしでもやろうかなと思って、

 

P2090606.jpg
多すぎ

 

あきらめた。これは東京に降っていい雪の量じゃない。
今まで30年以上生きてきたが、自宅近辺においては今回が人生最大の積雪量な気がする。

 

昨日はこの悪天候状態ながら、美術館が空いていると踏んで東京巡りしてみたり。で、何となくでふらりと上ってみた森タワー。

そこからの写真を2枚お届けして、今回は終わりにしよう。

 

IMG_4239.JPGIMG_4244.JPG
左・展望台から外を望......めない。 右・展望台から下の通りを。まだマシな絵。

 

上ってみようとか考えたことを割と早々に後悔してみたり。まあ世の中そんなモノであり、この展開を期待していた自分もいたり。

Written by Kamiya

 

さらには帰りの東西線に乗り込んだ瞬間抑止がかかり、秋葉原から本八幡経由でバスを使おうとしたがそっちはそっちで混んでてブリザード状態の中30分待ち続けるという苦行になったりして、まああれだ、

 

悪天候の日は家でおとなしくしてろってことだ。(でもまた雪降ったらカメラ持って出かけるんだろうなあ)

生き残れ

| コメント(0) | トラックバック(0)

先週の帰宅方法。

水曜日 TAXI

木曜日 的士

金曜日 タクシー

 

午前3時にエースコンバット0のオープニングを思い出すそんな今日この頃。

Written by Kamiya

 

そろそろ修羅場報告ブログはやめたいのだがネタがない件。