リーダーとプロフェッショナル

| コメント(2) | トラックバック(0)

最近書いてないSEI的な話題であるがちょいと思ったこと。

 

若田光一さんがISS初のコマンダーとして宇宙に行くまでの経緯がをNHKスペシャルでやっていたので、見ていた。

トラブル時の対応こそがコマンダーに求められるものだという訓練風景は非常に共感できるもので、指示が出せない故に部下が独自の判断で動くとか涙無くしては見れないシーンだった。
(心当たりがありまくりの人間として)

まあそれは置いておいて、今回のポイントは、若田さんを採用したというJAXAのお偉いさんにインタビューしたときの言葉。

 

「彼はミッションプロフェッショナルとして採用したわけで、リーダーとして採用したわけではない」

 

何を言っているか分からない人は、おそらくリーダーには縁のない経験をしてきた人だと思う。

とても共感できる人は、資質のないリーダーの下について胃が痛くなる思いをした人だと思う。

頭を抱える人は、今リーダーの立場にありながら悩んでいる人だと思う。

 

IT業界では、望む望まざるに関わらず、ある一定の年代になるとリーダーになることを求められる傾向がある。

それがその人に向いているか向いていないかなど一切お構いなしなのだ。

 

まあ、会社としては年功序列で給料が上がっていくのに、テスターやらコーダー(=スクリプタ)やらやられたらたまったものではない。

よく分からないことに、「仕事が変わらないのだから給料も変わらない」という論理が中々通らない不思議な世の中なのが問題なのだが、経験を積めばリーダーになれるという謎の理屈が信じられているのも不思議である。

さてポイントは、「経験を積めば誰でもリーダーになれるのか?」ということだ。

 

結論から言えば、リーダーに向かない人はいない
ただし、向いている否かはその人がリーダーをやる覚悟があるかどうかだと思う。これはその人の技量とはあまり関係がない。

 

ではリーダーにならない人はどうするかと言えば、特定の領域を極めた「プロフェッショナル」or高いバランス感覚と全領域に渡って中程度のスキルを持つ「ジェネラリスト」になるかの二択である。

とはいえ、ジェネラリストはリーダーになる場合が多いので、プロフェッショナルになるしかないだろうなというのが正直な印象。

なれない人は、誰でもできる仕事をやって糊口をしのぐか、全く別の仕事をすることになる。

 

感覚的には前者が多い気がするが......まあそれでいいのならいいと思うがうちのチームにはいらないなあと思ったり。

 

ちょっと話がずれたが、スペシャリストがリーダーになれるかと言えばそうではなく、その逆もしかりという事実はIT業界に浸透すべきかと。

正直、リーダーできない人がリーダーに回るとロクなことが無いというのは誰しも経験している事実だろうから、そろそろスペシャリストとして生きていくルートを認めて欲しいなあとかNHKスペシャル見ながら思ってたりしましたとさ。

Written by kamiya

 

ちなみに私は頭抱えた人。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://crosson.style.coocan.jp/movt/mt-tb.cgi/203

コメント(2)

俺も頭を抱えてるかなぁ。現在進行形で(苦笑)

頭を抱えてからが勝負、だと思っています。

コメントする