2013年11月アーカイブ

思案なう

| コメント(0) | トラックバック(0)

今、目の前に。

 

 

 

しこたまワインを飲んだ帰りに酔い覚ましにと買ってきて

 

ベッドの横にコンビニの袋を置いた時点で寝落ち

 

朝気がついたらパッケージのフタ側が床に置かれた状態で常温化したブツを発見し

 

とりあえずそのままの状態で冷凍庫に投入

 

3時間経過して冷凍されきったであろう状態となった

 

 

 

 

雪見だいふくがあるんだがこれどうしたものか。

Written by kamiya

 

回答・解決:
直近で解決しなければならない問題ではないため、優先度を下げて冷凍庫に戻しました。

クローズ予定日:
11/16中を目処にクローズ予定です。

最近書いてないSEI的な話題であるがちょいと思ったこと。

 

若田光一さんがISS初のコマンダーとして宇宙に行くまでの経緯がをNHKスペシャルでやっていたので、見ていた。

トラブル時の対応こそがコマンダーに求められるものだという訓練風景は非常に共感できるもので、指示が出せない故に部下が独自の判断で動くとか涙無くしては見れないシーンだった。
(心当たりがありまくりの人間として)

まあそれは置いておいて、今回のポイントは、若田さんを採用したというJAXAのお偉いさんにインタビューしたときの言葉。

 

「彼はミッションプロフェッショナルとして採用したわけで、リーダーとして採用したわけではない」

 

何を言っているか分からない人は、おそらくリーダーには縁のない経験をしてきた人だと思う。

とても共感できる人は、資質のないリーダーの下について胃が痛くなる思いをした人だと思う。

頭を抱える人は、今リーダーの立場にありながら悩んでいる人だと思う。

 

IT業界では、望む望まざるに関わらず、ある一定の年代になるとリーダーになることを求められる傾向がある。

それがその人に向いているか向いていないかなど一切お構いなしなのだ。

 

まあ、会社としては年功序列で給料が上がっていくのに、テスターやらコーダー(=スクリプタ)やらやられたらたまったものではない。

よく分からないことに、「仕事が変わらないのだから給料も変わらない」という論理が中々通らない不思議な世の中なのが問題なのだが、経験を積めばリーダーになれるという謎の理屈が信じられているのも不思議である。

さてポイントは、「経験を積めば誰でもリーダーになれるのか?」ということだ。

 

結論から言えば、リーダーに向かない人はいない
ただし、向いている否かはその人がリーダーをやる覚悟があるかどうかだと思う。これはその人の技量とはあまり関係がない。

 

ではリーダーにならない人はどうするかと言えば、特定の領域を極めた「プロフェッショナル」or高いバランス感覚と全領域に渡って中程度のスキルを持つ「ジェネラリスト」になるかの二択である。

とはいえ、ジェネラリストはリーダーになる場合が多いので、プロフェッショナルになるしかないだろうなというのが正直な印象。

なれない人は、誰でもできる仕事をやって糊口をしのぐか、全く別の仕事をすることになる。

 

感覚的には前者が多い気がするが......まあそれでいいのならいいと思うがうちのチームにはいらないなあと思ったり。

 

ちょっと話がずれたが、スペシャリストがリーダーになれるかと言えばそうではなく、その逆もしかりという事実はIT業界に浸透すべきかと。

正直、リーダーできない人がリーダーに回るとロクなことが無いというのは誰しも経験している事実だろうから、そろそろスペシャリストとして生きていくルートを認めて欲しいなあとかNHKスペシャル見ながら思ってたりしましたとさ。

Written by kamiya

 

ちなみに私は頭抱えた人。

うちの会社は無駄に小金持ちが多い&役員クラスの人と飲んだりする機会が多いせいか、ワイン好きが結構いる。

そんなワイン好きの役員からこんな提案が出た。

 

「今度部内の定例会後にワイン飲みながらに雑談会をやろう。せっかくだから利きワインでもしてみるか」

 

どうせ飯も酒も会社の金だし定例会はいつものことだし特に断る理由もなし。とはいえワインは買ってこないといけない。

ということで、買ってきました。

 

IMG_3175.JPG
気がついたらここにいた。

 

塩尻@長野。ちなみに上記の写真はサントリーのワイン工場だが、別にサントリーに行ったわけではなく単に地名の入っている写真がこれだけしかなかったからという理由でチョイス。

ていうか買い出しが片道3時間半とかちょっとおかしいなと自分でも思ったり。

 

なお、サントリーのワイン工場は一般立ち入り禁止で特に売店もないので注意。

ワインが飲みたい&買いたいのであれば、駅から徒歩20分程度の井筒ワイン、五一ワイン、信濃ワインの直売所に行きましょう。試飲も可能です。

 

ところでワインと言えば10000円とか20000円とか場合によってはそれ以上するという高額商品の印象を持っている人もいるが、数としては10000円以下のワインが大半である。

昔はワインも安かろう悪かろうだったが、最近では2000円前後のデイリーワイン+αぐらいのグレードで割といいものが売っていてすばらしい限り。

もちろん高いモノはそれなりにおいしいワインだったりするが、酔っちまえばよく分からなくなるので私はあまり興味はない。

IMG_3118.JPG
訪ねた直売所の一つ、井筒ワインの直売所。紹介しといて何だけどごめんなさい今回は買ってません。

今回も2000円~4000円程度のワインを10本程度チョイスしたが、どれもちゃんとしたワインで安ワイン独特の嫌な渋みは無い。
というかさすがは産地価格なのか、この値段でこのグレードか! と言うモノが多くて口福。

個人的にはコンコード(ぶどうの品種)の赤がサクサク飲めて好き。ちょっと甘めだがそれがいい。

 

ワインと言うと海外物がもてはやされがちだが、日本のワインにもたまには目を向けてみてはいかがだろうか。

高くもないし、何より結構おいしいのだ。

Written by Kamiya