2013年10月アーカイブ

また間が開いたわけだが

| コメント(0) | トラックバック(0)

土曜日:6:30~19:00 でデータセンターで仕事(トラブルあり)

日曜日:5:00~15:00 でデータセンターで仕事(トラブルあり)

 

こんな状況が二週間続くとさすがに体力保持モードにシフトします。(上記は今週の状況だが先週も似たようなもの)

 

確実に7月からここ3ヶ月間は社会人経験中最大の忙しさ(下手すると過労死ラインのダブルスコアが出そう)だが、意外にも心理的なきつさはそれほど無いのが救い。
もつべきものは優秀な仲間、ということだろう。

 

残り2ヶ月(考えると半年間も修羅場続いてんのか)、全員生かして帰すの私のミッション。......できるかなあ。

Written by Kamiya

 

そんな修羅場の中女の子と食事行ったりモンハンプレイ時間80時間超えてたりするのであまり同情はされないとは思う。

baccalo_その後

| コメント(0) | トラックバック(0)

いろいろ調べた結果、どうもこういうことらしい――

 

・Terastationに大量データを長時間流すと、I/Oキャッシュがたまっていく

・キャッシュがある一定上限を超えると、カーネルパニック発生(OSがハングアップ)

 

......つまるところ、大量データを流すなということらしい。お前らの12TBモデルは何のためにあるんだと小一時間(略)。
ハングアップする転送容量としては600GBぐらいが閾値の模様。つまるところ600GB以上のデータを一括転送するなということである。

 

直接バッファローのサポートに聞いた訳ではなく、いろいろな人からの伝聞なのだが、I/Oキャッシュからディスクにはききれなかったことが原因と考えると、データが一部欠損していたことも納得がいく。

いろいろ考えると、この原因が一番今の事象を的確に説明できるのである。
(公式のドキュメントを見るとterastation再構築後に600GB以上バックアップ機種と一気に同期させるなとか書いてあるので、バッファロー側もこの設計不具合には気づいている模様)

 

ちなみにnetappに変えたら(帯域制限なしにしたとはいえ)300GBを1時間ちょいで転送しきってくれました。

うん、やっぱり二度と大量データ移行作業でterastationは使わねえよ。

Written  by Kamiya

 

繰り返すがterastationがまるでダメと言っているわけではなく、あくまで大量データの移行には向きませんと言っているだけなのでその点誤解無きよう。

「ディスク容量分一括送信できねえ時点で産廃確定?」
......まあ、それは個々人の感覚にお任せいたします。

baccalo

| コメント(0) | トラックバック(0)

Network Attached Storage、いわゆるNASという概念は新しいものではない。LAN上にディスクを配置して、複数のPCでネットワークを経由して共有する。

最近ではスマホとの共有を売りにしているモノも出てきて、ずいぶん一般ユーザに身近な存在になってきたが、NASが一般ユーザに広がり始めたのは一昨年ぐらいからだ。

普及のハードルであった費用や設定の複雑さ、運用の手間がだいぶ軽減され、比較的安価でGUI上での設定だけですむような製品が多く出てくるようになったためである。

 

その中で今もっとも有名なのはBuffaloのTerastation/Linkstationシリーズだろう。一般ユーザ向けはLinkStationという名前で売られているが、その企業向けがTerastationとなっている。

 

で、企業向けと言うことでそれなりにしっかりしたものだろう。と、思っていたのだが......

 

先週今週と、プレ移行作業として、現在稼働中のTerastationから移行用のTerastationにデータを移行するという作業をやっていた。

サーバはLinux(RedHat Enterprise Linux6.3)で、1サーバに2つのTerastationがGigabitEthernet越しにつながっていると思っていただければよい。

で、こいつでデータを流したのだが――

 

・NFSでマウントしてコピーをすると、ディレクトリしかできない、lsで見るとファイルが欠損する等の事象が発生
(元々NFSは機能としてはあるが自己責任でお願いしますという微妙な仕様の機能ではあったが)

・CIFSで再マウントしてデータを流すと、流れすぎてアプリケーションで利用しているクラスタのハートビートが途絶してクラスタが切り替わる
(これは単なる移行時の考慮不足だが)

・流量制限(100Mbps)をかけて流すも、転送時間24時間以上の試算

・これで一安心と思ったら突如Terastatioがフリーズ(dfコマンドのリプライがなくなる)

・リモートでGUIに入ろうと思ってもログインができず、結局現地での実機の電源ボタン長押しで停止

・再起動でデータは流れるようになったが、微細ファイルが多すぎるせいか、16Mbps程度しか速度が出ない

 

......ということで移行は今も続行中だったり。んー、所詮はTerastationということなのだろうか......

Written by Kamiya

 

NASとしてまるでダメとは言わないが、大量のデータ転送や時間指定の厳しいファイル転送で使うのはやめたほうがよさそうだ。

データ転送中にフリーズするのは勘弁していただきたいなぁ。