2013年9月アーカイブ

ならば醸造だ

| コメント(0) | トラックバック(0)

9月前半までまだまだ暑いなあと思っていたら9月後半にかけて一気に涼しくなった今日この頃。

休日はスカッとした秋晴れの日も多く、行楽には最高の日よりが続いている気がする。

 

まあ先週今週と休日には仕事してたがな!(しかもトラブった)

 

とはいえせっかくの三連休をフルに仕事でつぶすのはもったいない。ということで、フラフラと長野まで出かけてみた。
(注:つまるところこれは先週のお話です)

 

わざわざ長野まで何しに行ったのかとゆーと。

 

IMG_2092.jpg
空あおーい。(PLフィルターの効果もあるが)

 

こういうことですね。ん?分からない? つまり、

IMG_2119.jpg
ぶどー。

 

これが、

IMG_2152.jpg
ぶどーs。

 

こうなるわけです。まあ、要はワイナリーのぶどう収穫イベントに行ってみたわけで。

もちろん出不精の私の発案ではなく、会社のワイン好きの人から勧められて参戦。

 

この手のイベントに参加するのは初めてではあるが、摘んだぶどうはつまみ食いできるわ、木造の農具小屋からぶどう畑を一覧できるわ、ワイナリーのワインやシードルを、チーズやラムステーキと一緒に芝生に生えた大樹の木陰でいただけるわでいや本当に長野まで足運んだ甲斐があったというモノ。

IMG_2173.jpgIMG_2179.jpg
左:農具小屋。新築らしく、木の香りが満ちる超素敵な場所。 右:農具小屋からワイン畑を望む。何この楽園。

IMG_2305.jpg
木陰でお昼。ワイナリーらしくワインが無尽蔵に出てくる。(まあそんなに飲まないけど。昼間だし)

 

ちなみに今回摘んだぶどう(シャルドネ)は4年後にスパークリングワインとなってお届けされる模様。

......4年後という中期的な楽しみができると人生意外に楽しいもんだなと思う。
とりあえず4年は生きていける(今の会社にいるとは限らないが)。

 

ということでワイナリーでのイベント、朝の早起きは必要ながら、来年もまた行こうと心に決めるほど楽しかった。
つーか朝10時から冷えた白ワインとかたまらんですなオイ

Written by Kamiya

 

おっとワイナリーのお名前を忘れていた。サンクゼールという結構有名なワイナリーです。

MH4が出たので、

友人「とりあえずMH4やろうぜ」

 

的な電話がかかってくる。とはいえそもそもDSを持っていない私。

 

友人「買えばいいじゃない」

 

P9160527.jpg
ご覧いただけるだろうか。

 

うん、ノリで行く人生を少し反省した方がいいね

 

で日曜深夜から参戦して気がついたら総プレイ時間15時間でHR3
休みの一日を完全にゲームでつぶすというのを数年ぶりにやらかす。

 

......このまま4050になっても同じことしてるのかなあとと思うと少し空恐ろしくなるそんな祝日でしたとさ。

Written by Kamiya

 

いやでも容赦なくプレイヤースキルで勝負しないといけないゲームデザインになってて個人的には楽しかったりするわけで。

ギャーギャー言いながら悶絶しつつ楽しむのがMHの醍醐味でしょうやはり。

ときめけ高電圧

| コメント(0) | トラックバック(0)

IMG_1617.JPG
メカメカメカしい。

ということでのっけから写真で始まった本日の記事だがとっととネタばらしするとKEKの一般公開に行ってきましたよというお話。

 

この分野に特別詳しい訳ではないので詳細な説明は割愛する(というかできない)が、簡単に言うと物質に対して電子やら陽子やらを高速度でぶつけることでいろいろと分かることがあるらしく、それをするための設備らしい。

物質に対して大エネルギーをたたき込むという実験の性質上、敷地内には大量の放射線検出器が置かれ、至る所に放射線マークがあるというお世辞にも安全な施設とは呼べない(実際事故も起きてるし)が、この類の施設がないといろいろな分野が進歩しないということもあり、リスクを受容した上で必要な施設のようである。

 

まあ、私としてはんなこたぁどうでもいいわけで。ポイントはただ一つ、この施設がメカの塊ということである。

 

IMG_1729.JPGIMG_1849.JPGIMG_1765.JPG
左・いわゆる加速器。レールガンと呼ばれても違和感がなし。
中央・こちらも加速器だが建設中。当然と言えば当然だが整然と並んでいる。
右・検出器、いわゆるセンサーだがここまで大きいと何がなにやら。

 

気分的には工場見学に近い感じだろうが、傍目から見てもどういう動きをするのか全く分からず。

ただ何やら「トテモスゴイ」ということだけは伝わってくる。

一度稼働中の機器を見たいものだが、稼働中にトンネルに人は入れないので残念。

 

さていろいろ機械があるのだが圧巻なのがコッククロフト・ウォルトン型加速器。旧式の機械らしいがこいつのインパクトがすごい。

まあ写真を見てもらおう。

 

IMG_1895.JPGIMG_1900.JPG
間近で見ると圧倒される造形。

 

どうだろうか。内張りがすべて金属の室内に、高さ10mはあろうかという謎の金属体。
柱の間にはこれまた謎のプラスチックの物体が張り巡らされており、何とも気味が悪いというのが正直な感想だ。

実はこれトランスのような高電圧を発生させるための機械とその高電圧で粒子を加速するガンの組み合わせ。左の写真の手前側がトランス、奥側がガンらしい。
(説明間違ってたらごめんなさい)

 

左側の写真左にある、つきだした銀色の箱(全部銀色だが)は発電機らしく、外部から電源を引くより発電機を備え付けてしまった方がコスパがよいとのこと。
なんかもういろいろとスケールが大きすぎる。

 

残念ながらこの加速器は修理中。震災の際にバッテリーが破損し、漏れたバッテリー液が基盤を腐食してしまいシーケンスにしたがった自動作動ができなくなっているそうだ。

マニュアルでも動作させること自体はできるそうだが、オペミスで事故ったりするらしく基盤を取り替えて復旧作業をしているとのこと。
手動に切り替えて動作......ってのは現実世界ではよろしくないらしい。

 

IMG_1899.JPG
さて写真左側の筒にご注目

 

余談だが、上の写真の茶色い筒(FRP製とのこと)に発電機のシャフトが収まっているのだが、この筒元々は茶色じゃなくて緑っぽい色をしていたらしい。

何で茶色になったかというと、中のシャフトに使ってるオイルが動作時に飛び散って、FRPの筒に付着し、染みこんでこの色になったのだとか。

なんだか作りの雑っぽさに親近感がわいたそんな一幕。

 

さていろいろと見てきて最後に見たのが計算科学センター。いわゆる所内データセンターである。

ここに収まっているもので、見るべきモノと言えば。

 

IMG_1915.JPGIMG_1916.JPG
やっぱ古いところは日立orIBMだなぁ。

 

もちろんスパコンである。コンパイラが優秀で誰でも使える日立製SR16000、フルにマシンスペックを使う並列処理プログラミングができないと使わせてもらえないというIBM Blue Gene

Blue Geneはワンラックで50KVAの消費電力、16000コア(たぶん)ほどのマシンスペックとのこと一度使ってみたいが、残念ながらこれほどのマシンスペックを使う処理が思いつかないので一生触ることはなさそうな気がする。

せっかくだからシムシティとか動かしてみたいものだが。(シムシティどころじゃないシミュレータが実際このマシン上で動作しているんだろうけど)

 

ということで、9時半入りで出たのが16時、しかもすべて見られていないという、内容が充実しすぎのKEK一般公開。

今回は雨降りだったのが少し難点だったが、それでも大盛況なのは内容の充実さ故だろうか。来年行くかというと、正直2年続けてはいいかなあと思ったりもするのだが......まあ、行けば確実に楽しめるイベントなので、タイミングが会えば是非。

Written by Kamiya

 

さて、ここからはおまけ写真。

IMG_1579.JPG
ぶっちゃけブサイクニャー

フォトンファクトリー入り口にいたふてぶてしい顔のネコ。なんだかえさとか水とかもらって半飼い猫状態の模様。

ニャーニャーとアピールしてました。営業?

 

IMG_1588.JPG
萌やしっ子。

フォトンファクトリー内部にて。萌えの波がこんなところにまで。(こんなところだからこそとも言えるが。研究者はオタ多いと思う)

残念ながらこの手の理系女子スタッフは少なかったように思えます。残念。
(個人的には研究者とか自分の能力を一点集中させてる子は好き)

 

IMG_1596.JPG
メーカーらしさがよく出ているシンプルなデザインです。

富士通製のポリタンクとは珍しい。(違) いやでもこれほんとに何なのでしょう。

 

IMG_1805.JPG
お前らは何でも木箱で納入するのか。

兵器臭満載の木箱。これ開けたら履帯とかスティンガーとか入ってるんじゃないだろうかと。

 

IMG_1791.JPG
おおきに。

先生は京大の人だと確信。ていうか英語にすると情緒もへったくれもないなオイ。

 

ということでKEK一般公開、楽しませていただきました。興味を持った方は是非来年、つくば市に足を運んでみてください。