2013年5月アーカイブ

デブ防止&体力維持を目的として一週間に2~3回のペースで走ってたりする。距離は5~10kmをその日の気分で、ペースは1キロ5分半~6分程度。
(レースに出たいわけではないのでファンラン程度)

 

だが、10km近くなると必ず足にマメができるという残念な仕様により10km以上走るのが結構辛い。

 

これ、シューズで何とかならんものか、(というかほぼ確実にシューズが合ってないと予測)ということで、スポーツ用品店でシューズのフィッティングをしてみた。

店員のおねーさんに足形を計ってもらう。計るのは足の長さ(ミリ)と幅(EとかEEとかのアレ)。

 

おねーさん「えーと、左足が260mmの4Eですね......で、右足が260mmのF......F!?

私「F!?」

 

おねーさんも私もびっくり。おねーさん二度言いしてるし。それもそのはずFは4Eのさらにワンランク上、超幅広と言っていいレベル。

 

足の幅のサイズにFというのがあったのも驚きだが、まさか自分の足がそんなにでかいとは思わなかった。

元々足の幅が大きめなのは自覚していたので、革靴でもイタリア靴など細身のものは避けていたが、そりゃ合わないわけである。

 

で、このサイズになるといわゆるスーパーワイドとかの部類に入るシューズしか合うモノがないそうで。

スーパーワイドですら4EのサイズなのでFはスーパーワイドで合うモノを選ぶこととなり、結局選択肢が極端に狭まってしまう。

 

とはいえ合わないシューズで走ればマメはできるわ疲れるわで足に悪いしロングランも難しい。最終的に、店員さんのお勧めでミズノのWAVE NEXUS7 SWを購入。

で、こいつで走ってみたところ......マメはできないしフォームは安定するし(クッションの違いもあるだろうけど)でコンスタントに10km走れるようになるという大改善。

やはり一度ちゃんとフィッティングしてもらうべきだと痛感。当たり前ながら、いいシューズを買えばいいってもんでは無いのである。

Written by Kamiya

 

ちなみに足の幅はC~Gとなっており、Fよりも上のサイズがあることはある。Gの人はさぞかし苦労しているだろう......

さて、ランニングシューズはいいとして普段の靴はどうしよう。

 

前回書いた、5末で退職する方(以下Aさん)とちょっと話をするタイミングがあった。

そのときの会話を簡潔に書くとこんな感じだ。

 

Aさん「いきなりで申し訳なかったですね」

私「いえいえそんなことは。個人個人考えありますし」

Aさん「次行くところはまああまり大きくないんですけど、現場感覚や技術がある人が少ないところでして、そういう人が求められるみたいです。kamiyaさんなんかも私はいいと思いますよ」

私「なるほど」

Aさん「まあこの会社も今年度はいいですけど来年度、再来年どうなるか分かりませんし......定期的に会って情報交換でもしていきましょうよ」

私「そうですね、それは是非お願いします」

 

......会話の骨子だけを抜き出すとこんな感じだが、何となく言外の意味を察することができると思う。

暗に、1~2年後にこっちの会社に移りませんか? ということである。

 

もちろん私が今すぐ転職することは無いだろうと踏んだ上で、いずれ引き抜きたいと思っているのは伝わってくる。

このお誘いについては、特に否定も肯定もない。ビジネスパートナーとして選んでいただいたことはそれはありがたいことであるし、私の将来の選択肢も一つ増えたことになる。

会社を辞める上に同僚を引き抜くなんてもっての他だ、と言う人もいるかも知れないが、うちの会社の場合、愛社心なんてA4コピー紙より薄い人間がほとんどなので誰も気にしない。

というか、会社が社員に対して周囲の人間を引き込めと奨励しているので怒れる立場じゃない。
(注:ベンチャーや外資系では社員に転職エージェント的なことをさせるのはよくある話のようです)

 

私もどちらかといえば愛社心薄い方なので、特に会社を離れることに申し訳なさはない。

とはいえ、まだやるべきことをやっていないので会社を離れるとしたら年単位でもう少し後の話だろう。
まだそれほど会社に貢献してはいないわけだし。

Written by Kamiya

 

こんな状況を経験するとは2年前には考えられなかったなぁ。

結局、現職を選んだ瞬間に私の人生は大きく方針転換していたわけだ。......こういう環境を経験すると面白すぎて元(国内ベンダー)には戻れんのぉ。

うちの会社はボーナスが4月に出る。

割とこういう会社はよくあるのだが、そのため5月~6月の退職者が異常に増えるという現象が起こる。

 

ということで、とうとう私のグループから私より年上の社員がいなくなりましたとさ。
(管理職除く)

ただでさえ人手不足の所に、二ヶ月で二人も社員が抜けられちゃあたまったもんじゃない。
主に残された人たちが。

 

とはいえあまり恨むつもりにもなれない。なにせうちの会社の大半は中途入社、つまり転職組である。

 

一度転職した人間は、移った会社の善し悪しに関わらず、やはりまた転職するものだと思うのだ。そういう生き方を選んだ人たちな訳で、会社もそういう人たちだと分かった上で雇っている。

そもそも私も転職組な訳で、こんなタイミングで転職しやがって、なんて言える立場ではない。ただひたすらに「残念」である。

もう少し、一緒に仕事をしたかった。

 

私自身は今の会社から抜けるつもりはまだ無いが、いずれは分からない。

「そういう生き方を選んだ人」の一人なわけで、ぶっちゃけ2年後はかなり考えてるだろうなあということは容易に想像が付く。

 

だからこそ話は聞いておこうと思う。いつか来る「その時」のために。
(しかし金払いの良さに釣られて残ってる可能性も無きにしもあらず......)

Written by Kamiya

 

現実問題、結婚してる人の転職の仕方 って気になりません?

主に奥様への説明手順とか。

腕が機材に負ける

| コメント(0) | トラックバック(0)

せっかくなので青山のヘッドフォン祭りに行ってみたりする。

 

今回は一日開催ということで異常な混みっぷり。STAXのアウトレットでも買ってこようかと思ったが、物販の待ちが半端無いので退散。
ちなみに会場入り口の空気をして、知り合い曰く

「スポーツジムの更衣室の匂いがする」

とは言い得て妙。次回は2日開催で頼みますフジヤエービック様。

 

まあ、もともとあまり物販で金を使うつもりはなかった。何故かと言えば、光学系装備を一新したためだ。

20130519_6d.jpg

 

はい35mmフルサイズ入りました。連射性能等、細かい部分のスペックは7Dの方が上なのだが、暗所の強さと画角の広さに惚れて購入。

Canon純正50mm f1.4とTamron 70-300mm f4-5.6も購入。広角が若干弱いが、フルサイズ化したため24-105mmの広角側を使えば風景写真も行ける。

とはいえ50mmの画角が楽しくてあんまりズーム使ってないが。うーむ単焦点楽しいなあ。

 

旧機種40Dは今のところまだ手元に置いている。望遠側が欲しいときには使えるし、レンズ交換が面倒になりそうな場面(結婚式とか)では役に立ってくれそうというのもあるが、何となく愛着があって手放しづらい。
2008年購入なので5年近く使ってたか......シャッター回数が2万行ってないわけで、もうちょっと使ってあげればよかったと後悔。

 

とりあえず今後は6D主力。写真写りという点で言えば現時点で最高、センサーサイズも一般用途ではこれ以上ないサイズなわけで、機材としては最高の機材が手に入ったわけである。

後は腕で勝負の世界。写真教室まで行く気はないが、もうちょっと丁寧に撮るべきか。

Written by Kamiya

必要性が皆無すぎる

| コメント(0) | トラックバック(0)

まとまった休日を取れず結局最大2連休で微妙感満載のGWも終わり。

転職話とかSEIとか物欲倉庫とか色々書こうと思いつつ全く手を付けなかったのはきっと現実が充実しているからに違いないと思うの。
(その割には今の仕事はそれほど楽しくないのだが)

 

それはそうとしてGWが終わったら会社からこんなモノを渡された。(画像手前)

20130515_ipon.jpg

 

どう見てもiPhone5です。パチモンだったらそれはそれで面白いものの会社の金使って何してやがるというシーンだがこれは本物。

また中途半端にベンチャー企業チックなことしちゃってまぁ......とは思うもののBYODで好き勝手されるよりはセキュリティポリシーのかかった端末で首輪付けておいた方が会社的にはいいのかもしれない。

 

さて、もらったはいいのだが、この手のデバイスの常で使い道が思いつかないと面白くも何ともない。

自分の端末ではないので脱獄仕掛ける訳にもいかないし、お遊びに使うにもメイン端末としてAndroidがあるので必要性を感じない。

 

せっかくだからiPhoneアプリでも作ってみようかなあ、とか心にも無いことを書きつつとりあえず今日は寝ることにする。

Written by Kamiya

 

スマホ2台もあってもなぁ......まあメイン機の通信量削減には役に立ってくれるかもしれない。