2013年4月アーカイブ

久々修羅場月間

| コメント(0) | トラックバック(0)

4/7の記事から丸3週間間が開いた。

まあ、それもやむを得ないことである。以下理由を羅列。

 

<羅列ここから>

1.
3月までやってた仕事の後片付けをお願いしようとしてた後輩が倒れる。(この仕事は私と後輩のみでやっていたので代役おらず)

 

2.
後輩がやっていた仕事が存外穴だらけだったためフォローに追われる。

 

3.
素敵イベント発生。

 「サーバのOSバージョン間違ってたから2台再構築しろ。土曜日の朝までに
(言われた時点で木曜日16時過ぎ。もちろんつくりゃいいってもんじゃなく、既存システムにできるだけ合わせておく必要あり)

 

4.
木曜日に別作業と合わせてサーバ構築。別作業が長引き、サーバ構築を開始できたのが24時を過ぎたころ。

だが指定されたバージョンのOSがどうしても入らない。やむを得ず朝4時に撤収、朝8時には出社してベンダーに問い合わせ。
(結局ハードウェア的に指定されたバージョンのOSは入らないことが判明)

 

5.
入らないならしょうがないねという話になるかと思いきや、OSのバージョンを変えてやっぱり入れ替えて欲しいということになる。
今度は余裕を持って15時ぐらいから作業を開始。22時ぐらいに何とか作業が完了し、ふうやれやれとラックを閉めようとしたそのとき、

別サーバで故障ランプが点灯しているのが見えちゃった。

サーバの再起動を繰り返す状態となってしまっていたため、サーバを停止しベンダー問い合わせと修理の手配。
終わったら朝2時を過ぎる

やむなく自社に戻り始発まで待機して帰宅。

 

6.
サーバ構築作業の翌日(つまり「5.」で帰った当日)朝10時から別作業(NW機器入れ替え)のお手伝い。

昼飯を食べながら「16時までには終わりますね!」

 

完全にフラグでした。入れ替えたNW機器が動かず作業終了が25時

 

7.
日曜日朝7時(つまり「6.」で帰宅した当日)から構築したサーバのテストを予定。

データセンターでNWのLAN結線しないといけなかったが、寝過ごす

平謝りで何とか8時までにDCに入り、結線&連絡した時点でパワー切れで机で爆睡。気づいたら13時。

 

8.
以上が3月までのプロジェクトの後片付けだが、それはそれとして4月以降のプロジェクトの方も進んでいる

要件定義書とか書かなくちゃいけなくてこっちはこっちで休む暇なし。

 

</羅列ここまで>

 

 ......私は仕事において「運が悪い」というのはあまり感じない。

大体においてそういう場合は「準備が悪い」「根回しが悪い」「想定が甘い」など、結局は何とかしようとおもえば何とかなったはずだからだ。

 

が、上記の5-6の流れについては運が悪いと心底思った。
なんだこのトラブルフルな週末は。

 

 

ということでブログを書くにもインプットを練り上げてる暇が無く、精神的に余裕も無かったのでしばらく間が開きましたとさ。

5月はもう少しましになる予定なので、また以前のペース以上で書いていこうと思う。

Written by Kamiya

 

ちょっと技術的なお話。

サーバの入れ替えについては、具体的にはRHEL5.6をHP 360e Gen8にインストールしようとしていた。

ところがGen8以降はRHEL5.7以降しかサポートせず、ハードウェアドライバが提供されていない
RHELのサポート機器リストにも5.6とGen8の組み合わせは記載されていない。

今後Gen8使ってサーバ構築しようという人はご注意を。(5.6が指定されるケースはそれほど無いとは思うが)

また、HPだけではなくGen8と同時期に発売された最新サーバは5.7以降対応となっているものが多そうなのでこちらも注意。

理不尽さぬぐえず

| コメント(0) | トラックバック(0)

休みをほぼ丸一日利用してシムシティ。

こんな人間が生きていける世界はまだまだいい方なんだと思う。

 

で、とりあえずの目標としてアルコロジーを作ってみようと思い立つ。

しかし、ネットではアルコを作ると大量の人間が他都市に流入する結果、高速道路が大渋滞になり都市機能が麻痺すると記載されていたり。

さらにはもっともお勧めできない偉業とまで書かれていたが、シムシティ2000でお空にfly away(※後述)された経験を持つ人間としては是非作っておきたい。

ところがこれが結構めんどくさい。とかく金も人も物もいる。

 

(以下ファイルがやや大きめなので注意)

まず金属類を提供するために鉱業都市を。

 

20130407_p1.jpg

 

20130407_p2jpg.jpg

 

次に大量のTVを投入するため電子機器都市を。

 

20130407_p3jpg.jpg

 

とかく大変なのである。ていうか金属と合金は分かるが何故TV

 

さて、上記のスクリーンショットのうち、電子機器都市を見た瞬間何だか嫌な予感がした人もいるのではないだろうか。

左側、原発を中心とした不自然に広がったスペースは何なのかと。答えはこれ。

 

 

20130407_p4jpg.jpg

20130407_p5jpg.jpg

 

メルトダウン発生。しかも2回
今作、原発で働く人間の教育レベルが低いとあっさりメルトダウンが発生するという鬼仕様になってしまっているのだ。

 

しかしこの都市での1回目のメルトダウンは何の前触れもなく突如発生。

たいてい少し前にアラートが発生するのだが、アラートが出る間もなくいきなり吹っ飛んで呆然。

懲りずに同じ場所に再建設するも2回目は災害起因。
突如現れたおおとかげに踏みつぶされそうになったため、やむなく稼働を停止し、直後に爆破解体。

 

......ポーズ状態での作業で、稼働停止への状態遷移が行われる前に解体しちまったもんだからメルトダウン発生

市民からは市長の無知についてクレームが。全くもって返す言葉もございません。

 

ちなみに今作、メルトダウン発生時に一瞬の閃光とともに原子炉が機能を停止し、ある一定の範囲が放射能に汚染されて廃墟が続発するという動きになっている。

前作のような核爆発のようなアニメーションは無いのだが、これはこれで背筋の寒くなるビジュアルである。

 

同じ場所でメルトダウンが2回起こるという地獄絵図にもかかわらず8万人も人口がいるってのは人の業は深いと言うべきか。

まあ一番業が深いのは2回もメルトダウンしているにもかかわらずまだ原発を立て続ける市長(=私)なのは間違いない。

......なんだか現実にリンクしそうなのでこの辺でやめておこう。

 

さらにアルコロジーを建てるには労働力が必要なのでその都市も作成。

 

20130407_p6jpg.jpg

 

見た瞬間分かっちゃっただろうが、

 

20130407_p7jpg.jpg

 

こちらもメルト済み。反原発キャンペーンゲームだとでも言うのだろうか。

 

ということで艱難辛苦乗り越えてアルコロジー完成。だが......

20130407_p8jpg.jpg

 

何というか、完成までの経緯を思うと、

 

「そこまでして作るべきだったのか」

 

と思ってしまうのはきっと私だけではないはず。

ところで、アルコロジーは近隣都市からの水と電気の供給が必要なのだが、

 

電気は件の原発から、水は原発直下の汚染地下水を濾過したものを供給しています。

 

(つくづく思うが、今作は原発のリスクが大きすぎて割に合わない......)

Writtn by Kamiya

 

※の解説:

シムシティ2000ではプレゼント扱いでいくつでもアルコロジーを建てることができたが、その最終型が「エクソダス・アルコロジー」

名前でピンと来る方もいるかもしれないが、このアルコロジーは地球外惑星へ定着することを目的とした長期滞在用アルコロジーという設定となっていて、その実態は宇宙船。

 

同じくプレゼント扱いになっている宇宙港を建てると真の能力を発揮、アルコロジーの住民が満員になった段階で基部を切り離してお空にfly awayしてしまう。

もちろん人口(確か12万人程度だったか?)も一緒にfly away

 

いくらでも作れる関係上、究極の人口過密都市を目指そうとするとエクソダスアルコで都市を埋め尽くす形になってしまうのだが、

 

ある程度エクソダスアルコを作った状態でうっかり宇宙港を建ててしまい、

人口を早く増やそうとゲームスピードを最速にして、

あまつさえ人口増えるまでお昼寝でもしようとかしちゃったりすると、

 

目が覚めるとアルコが根こそぎ飛んでいき、後には瓦礫と数人の住人しか残ってないという悲劇が発生する。

シムシティ2000最大のトラウマな人もいるだろう。

 

気づけば四月

| コメント(0) | トラックバック(0)

どうも、去年に引き続き4月1日を発熱で迎えていたKamiyaです。

コロナウイルス滅べ。

 

去年は転職したての初出社日でとうてい休める状況ではなかったが、今年は余裕の午前半休。

まあこの年になるとAM休んだからと言って回復するはずもなく、未だにのどが痛い日々を送るわけだがまあそれはそれ。

 

 

さて現実世界でもネットの世界でも新入社員を見かけることが多くなった。

いやまあ時節柄当たり前で、メディアの記事や経営層へのインタビューでは「今の新入社員にかける言葉は」なんて記事もあったりする。

その「今の新入社員にかける言葉は」という類の記事を読んでいたときに、ふと「自分だったらこう言うなー」という言葉が出てきた。

 

人間、向き不向きがある。

 

やる気満々の新人に暴風雪を浴びせるような言葉だが、なんだかこれを抜きにして会社でのキャリアが語られてる気がしてならない。

というのは、私のSIerでの経験から思うことである。

 

私は元々SIerだが、SIerの場合、会社に入ると社員の大体の役割が決まってしまいがちになる。

アプリケーション開発の会社ならアプリ開発orプロジェクト管理で、運用をメインにやっている会社ならシフト制の運用監視、とか。

日本のSIは分業制(になっちゃった)なのである程度は仕方がない部分があるが、これが悲劇を生む場合がある。

 

与えられた役割に自分のスキルを合わせてうまくやっていける人もいるが、どうしても合わない人や、明らかに他の業務の方が向いている(≒他の業務が好き)な人が無理矢理与えられた役割に押し込んで窮屈な思いをしながら仕事をしている人もいる。

私も前職にいたときに、他の社員を見て「そんなに無理してやらなくても自分の好きなことすりゃあええのに」、とよく思ったものである。

 

もちろん、「やりたくない仕事」と「不向き」というのは違う。そもそも仕事の向き不向きとは何か? 

そこで重要なのは「自分が一番価値を出せる仕事は何か」ということ。

 

つまり、「自分はこの仕事もできるが、他の仕事なら他の人間より成果を上げられる」と言えるもの、それが「向いている」仕事というものだと私は思う。

そこを、「うちの会社はこれをやる会社だから」と、会社の立ち位置を個人の立ち位置に置き換えてしまう残念な人事や上司が少なからずいる。

 

しかも新人教育のなかでそれを言っちゃったりする。

キャリアデザインとかどの口が言うか。

 

まあ、人事や上司の仕事の一つが「新人を自社にマッチングさせること」なので、ある程度はやむを得ないと理解はする。

新人さんでもとりあえず入社しましたって人も少なくないので(私含む)、ある程度道筋があった方がよかろうとは思う。

 

ただし、「人には向き不向きがある」ことと、「向いている仕事を遂行する方が個人にも組織にもプラスになる」ことは、双方忘れないでいて欲しいと思う。

 

特に新人さんは心に刻んでおくといい。自分を守るためにも。(この意味は2年もすれば分かります)

 

ということで、ちょっと真面目な話で新年度一発目。生き残れ新社会人。

Written by Kamiya

 

<黒い話>

「将来性に価値がつくなんて、うらやましい話だ」

<黒い話/>