RHELのCUIでカーソルが見えないときにはvi

| コメント(2) | トラックバック(0)
プチお役立ちメモ。

RHELのCUI画面でカーソルが見えなくなることがたまにある。シングルユーザモードになったときとか、よく見かける。
(機種依存?)

長いコマンドで、履歴を呼び出して一部だけ修正する、なんてことをしていると、この現象が邪魔すぎて困る。

何とかならないもんかなとネットを探したが意外に見つからない。で、いろいろ調べてたところ、viコマンドを打って、何もせずに :q! で抜けるとカーソルが見えるようになった。

とりあえずメモとして残しておく。

Writte by Kamiya



初めてまっとうに人様のお役に立つかもしれないことを書いた気がする。
IT屋向けなので分からない方はスルーで。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://crosson.style.coocan.jp/movt/mt-tb.cgi/169

コメント(2)

ご存知かもしれないけど、bashならCtrl-l(エル)で画面リフレッシュ(クリア)ができたり。

コメントする

この記事について

このページは、Hikaru Kamiyaが2013年1月20日 12:05に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「なんだか五年おきにやってる気がする」です。

次の記事は「スマホで悩む」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.1.1