2012年10月アーカイブ

げいじつの秋。

| コメント(0) | トラックバック(0)
という理由なのかわからないが、都内でオーディオのイベントがやたら多いのがこの季節だったり。

まず先々週に真空管オーディオフェアが開催。ふらりと行ってみたが年齢層もお値段もオッサン向けというちょっとアラサーには入りづらい雰囲気。

ちょっと手を出してみるというのすらやりづらい世界なので、まあしばらくは見て楽しむ程度かなあと。

デザイン的にはすごく素敵なのだがインテリアとして考えてもお値段が...



で、今週はオーディオ・ホームシアター展が開催。こっちはライトな雰囲気(とは言え一般の方からすれば十分高濃度だが)で入りやすい。

ハイレゾクラスの高音質音源とCD音源の聴き比べなどもできて良い感じ。音響機器の歴史を語る機器なんかも展示されてて楽しすぎる。



そしてオーディオイベントの最後を締めくくるのが来週のヘッドフォン祭り。これだけ青山での開催なので注意。

こっちは更にライトな方向に。とはいえ一般の方には(以下略)。



という感じでぶっちゃけ今から間に合うのはヘッドフォン祭りだけだがお時間と興味があれば是非。

Written by Kamiya



この世界に足突っ込むと恐ろしい勢いで金が減るので、こういう時にいい機材を堪能するというのも楽しみ方の一つかと。

真空管の本気なんぞ、フェアぐらいでしか聞けない。部屋の外からピアノが聞こえてきて、「へえ生演奏してるんだ」とか思いつつ部屋の中に入ったらスピーカーからの音だったとか衝撃すぎる。

今度は

| コメント(0) | トラックバック(0)
GRDⅢを無くす件。



割と今年は人生でこれ以上ないほどついてない年なのだが何なんだ今年。



しかしGRDⅢは痛い。値段もさることながら、扱いやすさで群を抜くレベルのコンデジだったからだ。

GRDⅣがあるじゃないかって? 「値段もさることながら」って書いておろうが馬鹿者が。

まあ写真自体は愛機EOS 40Dがあるので問題にはならないが、お散歩スナップカメラが無くなってしまったのはかなり寂しい。

なので次世代機を考え始めたのだが、素直にGRDⅣ...という気分になれないのも事実。



一昔前だとハイエンドコンデジといえはGRDぐらいしか無かったが、ここ2年ぐらいでDP2xやらXZ-1やらX10やら色々と出てきている。

CanonのSシリーズは昔から評判がいいし、コンデジではないがOLYMPUSのPENシリーズもコンパクトさで言えばコンデジにかなり近い立ち位置に居る。

挙句の果てにはSONYもRX-100なんてハイエンドコンデジを出してくる始末(しかもかなりいい画が出る)。

これだけ選択肢があると是非他のものも試してみたくなるのがヲタ人情。



ということで次の1台はGRDでは無くなりそうだ。

しかし操作性はGRDが群を抜いてるわけで、どうしたものか...操作性では頭ひとつ抜けているX10とかいいかも知れない。



まあ、何にせよ金が貯まるまで待たなければならないわけだが。

Written by Kamiya



ロストしたGRDⅢだが、例によってどこで無くしたのかさっぱり。

落とすというのはちょっと考えにくいので、うっかりゴミ箱にinされてそのまま...という可能性が一番高そうなのだが、もし事実だったら超自己嫌悪である。

ひょっこり出てこないかなぁ...

取り敢えずクリアした後の感想。



うん、微妙。



(以下、間接的にはネタバレ有り。見る人は注意。)

普通に書き始めると悪い話しか書かなそうなのでまず最初に良い点を。

アクションについては賛否両論あるが、回避アクション→攻撃の流れがスムーズに出来るのでボス戦のような1vs1の立ち回りが結構楽しい。

ボスの足元を抜けて背後から銃弾を叩きこむ、という流れは今までの作品ではできなかったアクションだし、使ってても楽しいのでコレは良いシステム。

また、システム上シングルプレイ時のパートナーがダイイング状態にならないようなので、ある程度パートナーの存在を忘れて戦えるのも個人的には改良点だと思う。



ストーリーではシェリーとジェイクの若手コンビの初々しさが、全体的にアラサーの増えてきた今作では新鮮。

クリスストーリーの終盤で完全にクリスの存在を食うピアーズもキャラとしては好きだ。


ということで、良い点終了。さて...本番に行こうか。



酷評されている理由の多くはえれえ面倒くさいQTEと完全アクションゲーになっててバイオらしさがないということのように見える。

が、4以降のバイオはアクションゲーだということはここまでシリーズ追ってる人は分かっていると思ったのだが。

ある意味まだこのシリーズに期待を持っている人が多かったんだなあ、と思ったり。



QTEはネットで意見を見るまであまり気にならなかったのだが、なぜかと考えて気がついた。

NINJA BLADEで慣れきってしまっていたようだ。意識して遊ぶとまあ確かにウザイ。



QTEだけではないが、今回は何かと即死イベントが多い気がする。そのたびにコンティニューさせられるのも評価を悪くしている一因なのは間違い無いだろう。



とまあシステム的にも色々あるとはいえ、私が一番残念だったのは今までそれなりの体裁を保ってきたストーリーが一気に微妙になってしまったこと。

まー、バイオハザードシリーズのストーリーの芯だった、ウェスカー(アンブレラ社)と旧STARSの対立は前作の5で一応完結したし、微妙になるべくしてなった結果だとは思う。



上でも書いたがシェリー☓ジェイクストーリーはお気に入り。しかしコレ以外が残念。

クリスはピアーズというキャラは素晴らしいがストーリー的には完全に蛇足で、5で終わらせときゃあ良かったと思うし、レオンはエイダの引き立て役になっており正直存在が薄い。



じゃあエイダストーリーはどうかというと、各種ストーリーでの登場シーンを継ぎ接ぎした結果、なんだか支離滅裂な話になってしまったように感じる。

終盤の避雷針のあたりなんて、エイダの性格や今までの行動を考えるとまずやらない行動だと思うし...



今作の主人公はエイダだと考えているが、その割にはエンドロール後のムービーは「?」だし、今までのシリーズの流れを引き継いだせいか、立ち振舞が完全に脇役のそれになってしまっている。

せめてエイダのストーリーありきで周りのキャラを動かす、という流れにしたほうがよっぽどいい話になったんじゃないかと...

もしそういうアプローチを取った上でこの体たらくだったら、シナリオライターとこのシナリオでOKした奴はちょっと反省して欲しい






ということで私の中での最終的な結論は、「この作品で何がしたかったのか、全く分からない」ということに落ち着いた。

ゲームとしても、ストーリーとしてもこの作品にどれほどの意味があるものか。強いて言えば、まさしく「ラクーンシティの同窓会」(by エイダ・ウォン)というところか。

そんなものに大金使うな。



前作の5で第一作目からの宿敵だったウェスカー倒したんだから、そこで終わらせておけばよかったのに...そんなことを強く思うナンバリングタイトル最新作であった。

Written by Kamiya



5終了時点で残された唯一の謎がエイダの存在だったのだから、6でレオン、シェリー、クレアの3人でストーリー回して伏線全て回収してシリーズ完結、で良かったものを...

もしくはエイダ主人公の一本道。



回を追うごとに劣化していく過去の名作ってのは見たくないなぁ。

可夢偉(F1)&錦織(テニス)おめでとおおおお!!!

Wriitten by Kamiya



もはや先が微妙になりつつある年代の人間としては若い世代が頑張ってくれるととても嬉しい。

本業でも根っからの技術者では無いので、技術特化の人たちを支援できるといいなあと思ってたり。

それにしても、今年の日本のスポーツ関係は今まで苦労してたりあまり注目されてなかった人たちが活躍するシーンが多くてとても気分がいい。

発売日の0:10に手に入れ、そこから仕事の合間を縫ってプレイしてレオン編終了が今日の朝2:00。そんなbiohazard6

プレイ時間は7時間程度、となると単純計算で7シナリオ☓7時間で約50時間、途中効率化が入って40時間程度だろうか。

ゲームとしてはそんなもんだろうが、当初のバイオにあった「映画を一本見る気分」ってのはだいぶ薄れたなぁ...そういうコンセプトじゃないから仕方ないが。

シナリオが分かれてる分、ひとつのシナリオをクリアしてもストーリーの全体像が見えにくいので、消化不良感もあったり。

これはまあ全シナリオ終わらせてどうか、というところか。



まだ買ってない&購入検討中の人向けにちょっとだけ感想書くと、5比較でかなり難しくなってる気がする。



バイオのキーポイントであるアイテムからして今までとはシステムが異なる。

キャラクターによって武器固定っぽいのと、武器固定=要らん武器所有=不要弾出まくり=所持可能なアイテム数が減る というコンボ。

持てる武器は制限したかったなぁ...
(弾捨てればいいと言う人もいるだろうがそれなら最初から武器置き場が欲しかったし、武器選択に時間が掛かる)



あと、今回銃器系の威力がかなり低い(敵の体力が上がったとも言うが)。

初期状態だとゾンビにハンドガンで数発ヘッドショットしても死にやしねえ。
1のベレッタを彷彿とさせる弱さでちょっときつい。

ショットガンですら至近なら一発、ってわけでもないし爽快感は減ったと思う。



で、銃器の威力が低い=弾が不足しがち&体術に頼る部分が増える のだが、体術の連続利用に回数制限があるため、HS→体術 でゴリ押しが難しくなっている。

結局、不要な敵は倒さないという初期バイオの感覚で行かないとクリアが難しいあたりが今回の特徴だろうか。



ちなみにパートナーシステムはだいぶ改善されて、NPCだと弾数無限になってる気がする(確証はないが)。
弾薬の共有とかそういうのを考えなくて良くなったのはいいところ。

ていうか弾薬共有とかしてたらこのゲームシステムじゃ無理です。



他に書くことがあるとすれば、今回はステージの雰囲気が夜だったり研究所だったりが多く、結構初期バイオの雰囲気が強いのは個人的には良。

暗いので目は疲れるが。ということでbio6、全体的には良ゲーかと。前作なんて無かった方向で。



さて、そろそろクリス編でも行きますか。

Written by Kamiya



ところでレオン編ラスボス(ヘリと共闘するところ)だが、これどう見ても某化物狩りゲーの迅竜のアクションが入っているような...

ついでに言うと恐暴竜のアクションも入っているような...まあカプコンだし。