2012年9月アーカイブ

半値八掛けという言葉をご存知だろうか。

元々は株価の底値を表す用語のようだが(半値八掛け二割引)、私がこの言葉を聞いたのはトレーダー講座でも株関連のニュースでもない。

自社向けに開いてもらったとあるベンダー(一般的用語で言えばメーカー)の製品説明会での話である。

その時のベンダー担当者の、製品の実売価格について言及した時に出てきた単語だ。



半値八掛け、つまりカタログ価格の約40%が実売価格ですと言っているわけで、とどのつまり60%オフ

ドンキもビックもヨドバシも驚きの価格である。中古品や型落ち品の話をしているわけではなく、新品で半年前ぐらいに発表された製品の価格だというからカタログ価格ナニソレの世界だ。

「ああ、ベンダーってこういう商売してるんだな」と、もともとベンダー側にいた人間としては切なくなった。



転職によって大きく変わったことの一つとして、あくまでSIをする立場にありつつもベンダーへの発注者としての立場にもなったということがある。

その立場から見たベンダーは、私がベンダー側だった時に思っていたほど専門性の高いプロ集団ではなく、ほぼ価格の優劣だけで競う横並び一線の存在だった。

その結果が半値八掛け上等の価格戦争、というのを見てて思ったことが一つ。



「ものづくりって何だろな」

Written by Kamiya



ということで仕事徹夜明けで暇だったので一筆。なんだかまとまりがないので加筆訂正して正式にSEI化するかも。

ちょっと思う所あり

| コメント(0) | トラックバック(0)
facebookに登録してみた。

本名登録なので検索すれば出てくるかと。

一応勤務先も載せてはあるが、面倒くさいことになりそうなら消しておこう...いや、消しておくべきか。(さっさと修正)



ネットの世界は「向こう側」現実世界は「こちら側」と明確に分けて今までネットと付き合ってきたが、「こちら側」の世界の範疇でネットと向き合うのは久しぶりだ。

(前HPで芝居の情報載せてたとき以来か)



他にもtwitterを使ってみたり(フォロー専用)とちょっとSNSに触り始めた今日この頃。

fbに登録したらちょくちょく知り合いからメールが飛んできたりするあたりですでにメンドクセエと思っているのでドハマリはしないだろうが、まあこれもお勉強。

Written by Kamiya

長文3連

| コメント(0) | トラックバック(0)
一気に3発!
 
 
 
 
 
 
ネタ小出しにしろよと言われそうだが出来るときには一気に出来る。と言うことで暇つぶしになると幸い。
 
 
 
さて、ちょっくらアートアクアリウム展に行ってきたのだが、来年も見に行きたいと思ったので一言書いておきたい事がある。
 
水槽のライトに色付けるのだけは止めて頂きたかった。ていうか、金魚見に来たんだから金魚見させろコラ。
 
青いライトの下で金魚展示(もちろん色なんか分からない)とか粋の欠片もない。と言うことで来年の改善を強くお願いする。
 
Written by Kamiya
 
 
 
......しかし、大水槽にあれだけ集めると雅を通り越すと言うことがよく分かった。
 
過ぎたるは及ばざるがごとし、という言葉を実感したそんな一日だったり。
という話題は別途書くとして、ちょっと日経コンピュータの特集「富士通、再成長への正念場」という記事を見ていて感じたことがあるのでそっちを書くことにする。

本文を見ていて一つ目に止まったのが「小口の案件の確保」。私は半年前まで富士通の子会社にいたわけだが、まさしくその「小口の案件」を担当していた。

小口の案件の場合、基本的に何人も人を割り当てることができない。(つか、ぶっちゃけ基盤系は一人だよね

そこで、一人で提案、設計、構築、場合によっては運用までを担当するわけだが、ここで今後小口の案件を増やしていこうとする富士通に対して一つの疑問がわく。



それが出来る人、いるんだろか?



富士通は大企業であるからして、分業が板についている印象がある。つまり、今まで設計しかしてこなかったとか、PMしかしてこなかったとか、そういう人が多いのだ(あくまで私見、んなこたぁないって反論ももちろんあるかと)。

そういう文化の会社の社員が、取り敢えず敵陣突っ込んで何とかしろ、というファンネル(もしくは千鳥)的な動きができるものか。

正直に言って、かなり疑問である。



で、千鳥扱いされてた社員は私のように辞めていく

貴重なはずの千鳥扱いされつつ富士通単価の(ゴニョゴニョ)以下で買い叩かれちゃあ腹の一つも立つってものだ。
(もちろんそれだけが辞めた理由じゃない、というかこれは理由の一部にしか過ぎないが)



また、富士通にはオープンソースとか使って安く上げるノウハウがないのも痛いところ。
(富士通でインフラの仕事すると、まず確実にsystemwalkerとInterstageで組むことになるので、OSSのノウハウが積み上がらない。)

なお、小口の商談でんなもん使う必要がないのは技術を持ってる技術者なら仕様書見ただけで分かる話。
ん? サポートなんて専門の会社にお願いすればいいんじゃない? (内部にOSSサポート部隊がロクにいないことを知っての記載)



そんな会社が小口の商談を取ろうとすれば、無理矢理に価格を下げることになり、それは結局人件費(=工数)に跳ね返り...誰も幸せになれないんですが



さらに言えば、マンパワーが必要な大口案件が大手、売上は小さいが機動性と即応性が必要な小口の案件が中小、と担当が分かれてたとこを、大手が強引に小口も持ってくようになったら業界全体としてバランスが崩れるような気が...

結局大手の傘下に入って小口案件を中小のSIerが実質構築する、っていうゼネコン状態が増長されるのかなぁ...とか思ったり。

んなことするくらいならとっととNE○吸収しちゃえよめんどくさい。
(私はそんなに思慮深く無い人間なので、頭の良い人から見たら分かれてるほうがメリットあるのかもしれないが)

Written by Kamiya



サーバの台数で構築費用が見積もられる、( ゚д゚)ポカーンな見積りを未だにやってるのかなぁ...

いやサーバ減っても設計内容はあんまり減らないし、インフラなんて設計7割構築3割の仕事だからサーバ減っても役割が減らない限りは工数あんまり減らないんですが...


とある映画のお話

| コメント(0) | トラックバック(0)
唐突だがクイズだ。


Q:

ある家にスキルもないのに株にハマったお父さんと娘の女子高生がいました。

株にハマるあまり家庭は崩壊寸前。娘が話しかけてもPCの画面にハァハァ(経済的な意味で)なお父さん。娘には見向きもしません

業を煮やした娘はお父さんの気を引くためにあることをしました。

さて、そのあることとは何でしょう。

Written by Kamiya




































A;

制服のまま逆立ちしてパンツを展開。

逆立ちした状態の娘「娘がパンツ丸出しなのになんとも思わないの!?」(セリフ原文ママ)


...頼む、ツッコミどころはひとつに絞ってくれ。

なお、なんの映画のネタか分かった人は、自分の人生を一回見つめなおしたほうがいいと思う