2012年6月アーカイブ

ようやく転職ネタを公開。

システムエンジニアインサイド外伝~Hikaru Kamiyaの転職日記その1~

 

その1、ということでその2以降も用意中。それにしても文章が長い......

(短く出来そうなら次回以降の更新で短くする予定) 

Written by Kamiya

 

さて、明日は4時起き5時出社だ......

うーん、SI業界ってどこ行っても幸せになれないんじゃないかと思ってしまうが、システム作るのは好きなんだよなあ。

SE的書きまつがい

| コメント(0) | トラックバック(0)
Thunderbirdでメールを書く。


○○様

お疲れ様です、kamiyaです。

(中略)

以上、よろしくお願い致します。(escキー押す):wq(Enterキー押す)



心底、休んだほうがいいと思った。(連日6時出社で午前様&土日出勤 を3週間ほど継続)

Written by Kamiya



よくわからない人は「vi コマンド」でググってみよう。
脳のいろんな回線をカットオフしてただボーッと電車旅したいとか切に思うのは病みすぎだろうか...

Written by Kamiya



でもこういう番組で舞台裏を見てしまうとなんだか素直に楽しめないような気も。

自分が比較的社会の裏方的な仕事しているせいか、こういう裏方系の人たちの話はなんだかしみじみしながら見てしまう...
一週間の仕事の疲れを癒すために今週末も展覧会へ。本日は渋谷のBunkamuraで開催中のダ・ヴィンチ展に。

メインの見所は有名な岩窟の聖母(Ver3)と主催者も一押しのほつれ髪の女



岩窟の聖母の素晴らしさは言うまでもなし、ほつれ髪の女は描いてる側も絵の中の人物も人間じゃねえレベル

ああ天才っているもんだなぁ...と実感してみたり。



という感じで見所はそれなりにあるが、ちょっと今ひとつな点もある。

まず展覧会の規模そのものがやや小さめ。もともとBunkamuraの展覧会は量より質で勝負、という感じなのだが、それでも今回はちょっと作品数が少なめな印象。



そして、もうひとつ残念なのがダ・ヴィンチ本人の作品が多くない

本人筆は全部合わせて十数点程度、あとはダ・ヴィンチ一派の作品だったり、ダ・ヴィンチの図案をベースにして他人が描いたものなど。

なので、ダ・ヴィンチ展というよりダ・ヴィンチ関連展(本人筆もあるよ★)という方が正しいのでその点は注意。

Written by Kamiya



さて、一つ気になったのが模写のモナ・リザを集めたコーナー。

この模写・リザ(勝手に命名)コーナーでひとつ惹かれた絵が、ダ・ヴィンチ本人の筆とも言われる「アイルワースのモナ・リザ」。

モナ・リザは見る人間の心を映すというが、この絵だけは心が映った気がした



本人の作であろうがなかろうが、素晴らしい作品だと思うので、行ける人は是非じっくり絵を見つめてみて欲しい。

ちなみに私は嘲笑されているように見えた

展覧会の後で精神科でも受診したほうが良かったかも知れない