2012年4月アーカイブ

衝撃の展開

| コメント(0) | トラックバック(0)
実家に帰ってトイレのドアを開けたら便座が猫に占領されていたてござるの巻。



おいたが過ぎますよみかん様。

しかし結局威嚇されて手が出せなかった私の負けだったり。



Yさんとの第二回送別会も無事済んでとりあえず前職の憂いは無くなった。

これでもう前職の人との関わりはほとんど無くなるのかぁ...と思っていたところ、Yさんがぼそっと一言。

「次の現場って○○駅の近くなんですよ」



すいませんうちの会社の所在地とほぼ同じなんですが。


本当にこの世界、狭い

Written by Kamiya



いろいろな意味で衝撃の展開が続いた昨日今日だった。

もうやだこの前職

| コメント(0) | トラックバック(0)
少し前の日記でも書いた、5年間私と一緒に仕事をしてきた、4月末で抜ける前職の基盤主力メンバー。仮にYさんとしよう。

私がシステム基盤を担当することとなったタイミングと、Yさんが私の会社の協力会社のメンバーとして参画してきたタイミングはほぼ同じ。

前職で最も長く私と仕事をし、また最も多く助けていただいた方。そのYさんの送別会が本日行われたそうだ



...なぜ伝聞形式か。

私に声の一つもかからなかったからである。


事実を知ることとなった送別会幹事との電話:
「Yさんの送別会やらないの?」「さっき終わりました」



( ゚д゚)ポカーン




前職で受けたいろいろな仕打ちはできるだけ水に流してきたつもりだが、こればっかりはさすがに許せるラインを突破

いくらすでに退職しているからとはいえ、前職で退出者と一番関わりが長かった人間に声すらかけないのは送別会の幹事としては考慮不足だろう。

退職から何年も経っているわけでもなし、私の判断としては十分声をかけるに値すると思うのだが...いや、自分の考えを押し付けてはいけない。

人の価値観や判断基準は異なるものだ。

だから、送別会の幹事が私には声をかけないと判断しても、私がこの幹事を社会人の中で最低の屑だとランク付けしても何ら問題はない。



とりあえず、Yさんには「送別会ハブられたんで金曜あたりに飲みましょう」とメールを送っておいた。

一方で幹事には電話口で「もうあんたらの技術支援しねえから」(未だに前職最後のPJに関する質問メールが来る)宣言をしようかと思ったが...

私情で仕事するのは良くない。そう思い直して言葉を押し留めた。



まあ、言わなかっただけで技術支援してやろうという気は全く無くなったわけだが。

Written by Kamiya



ちなみに、幹事が私に声をかけなかった理由↓

「忙しいと思ったので声をかけませんでした」

何の権利があってテメーがジャッジしてんだよ連絡ぐらいよこせコラ。

久々に

| コメント(0) | トラックバック(0)
SEI更新。

面白い話になるとか振っておいたが結局面白いと思えるのはせいぜい同じ経験した人だけのような気がする結末。

でもシステム開発でアドバイザ的ポジションの第三者を置いている顧客は増えてきているから、こういう問題も今後増えていくだろうなあ。



PMOともまた違う第三者、うまく使えているところはあるのだろうか......

Written by Kamiya



余談だが、今更ながら頂いたコメントを公開してみた。勝手に見えるようになるのかと思ったらそうじゃないのね......
(公開して欲しくない場合は一報ください)

返信を入れておこうかと思ったが完全にタイミングを逃した感があるので、別途日記やSEIの中で拾わせて頂くことにします。
ありがとうございました。
上司との別れに泣いた会社でさえ、辞めてしまえばもはや過去。

退職後二週間、もはや前職は思い出の1ページとなった。今の会社での仕事のペースを掴みはじめ、順調に周り始めている証拠とも言える。

率直に言えば、もはや前職は「どうでもいい」



もちろん未だ中で頑張っている人がいるわけだが、正直言って状況は思わしくないようだ。

私がシステム基盤を担当し始めてから5年弱、仕事を共にしてきた方(会社は別会社)も4月末で他の現場に移ることとなり、システム基盤の主力メンバーの離脱が続いている。

いやまあコチラは前職の会社の金がなくなり雇えなくなったというイタい話なわけだが。

こういうのが続くと厳しくなるのは残る人。仕事量の増加という直接的な重石も増えるが、いざというときにお願いしたり、気晴らしに話ができたりする人がいなくなると精神的にもきつくなる。

正直言って今年一年組織として乗りきれるのかなぁ...と憂いつつ、



「ま、過去の話だし」



ということになる辺りが所詮は退職した人間の言うことである。

Written by Kamiya



前職で関わりのあった方のうち、ごく少数の方にはこのブログのアドレスは教えているので、多分今日の日記も見られると思うが...まあ、それはそれで。

さて、あの会社(組織)は主力メンバーが抜けた理由を少しは省みてくれるかな?

悟るにはまだ早いが

| コメント(0) | トラックバック(0)
今の率直な心境――

魅力的な会社は多いが魅力的な職場は無い。



転職で劇的に何かが変わるなどとは考えていなかったが、正直に言ってしまうと「んーこんなもんかー」な感じ。

視点は違えど同じ世界(仕事)を見て同じような業務をしているのだから、そう思うのも仕方ないかもしれないが。



前職では退職直前まで仕事をしていたせいで、気持ちの切り替えが出来きっていないというのはあるかとは思う。

(転職者用の研修も事務手続きの部分が半日ほどのみですぐに実業務)



また、現職で使っているデータセンターが前職で使っていたデータセンターと同じ建屋に入っているなど、何かと前職と関わりが多いのも前職気分を引きずっている一因。

このへんはうまく気持ちを切り替えて行くしかなさそうだが、正直あと1ヶ月ぐらいかかりそうなそんな予感がする。

その前に見限られなきゃいいがな...

Written by Kamiya



しかし、データセンターの警備員さんに「以前よく来てましたよねー。見覚えがあると思ったらw」とか言われることになるとは思わなんだ。

本当、この業界狭い

3日過ぎて

| コメント(0) | トラックバック(0)
ひとつしみじみと実感。

周りが優秀というのはとても楽しいがとても疲れる。



前の会社では、システム基盤という分野においてはそれほど周囲に詳しい人がおらず、残念なことであるが私が総合的なスペックではかなり上位の方にいた。

少なくとも参画していたプロジェクトでは私がシステム基盤部分のほぼ全てをまかなっていた。



しかし、転職して環境が一変し、周囲は「それ専門でやってきました」という人ばかり。

技術的な面では全く太刀打ちできないという感触はないものの、今までのように私がYESといえばそれがそのまま顧客まで通ってしまう状況ではなくなった。

むしろ扱っていた分野が異なるせいで、知ってる知らないという話で言えば私が知らない技術(ソフトウェア)のほうが多くなり、単純な仕事への貢献度合いでは圧倒的に劣っている。
(私が知っていてチームが知らない分野(バックアップとか証跡管理とか)もあるが、その分野はあまり使われていないので、現時点では私が持っているプラスアルファの知識はチームに貢献できていない)



ということで、まずは周りに追いつくべく、リプレースを担当する既存システムの知識を蓄えているのでその点では非常に疲れるのは事実。

しかし、その知識の蓄えの過程で色々な人から得る知識や、新システムを構築する協力会社との設計書レビューに参加させてもらう時など、参加者全員が知識を持っているので初歩的な部分は全てすっ飛ばして話ができている。

話は早いしレベルも高い。つくづくと「ああ、システム基盤に長けた人が周りにいるっていいなあ」と思ったりするわけで、これが楽しい。

この程度で幸福感を感じている自分を冷静に見つめると少し悲しいのだがそれは置いておく。



今の段階、そしてこの事実だけで転職の成功失敗を判断するのは早計だが、少なくとも前の会社ではどうあってもできそうにない経験をしていることは事実であり、それは決して悪いことではないはずだ。

あとは自分の努力しだい、というところか。何とかなりそうな感触はあるが。

Written by Kamiya



なにはともあれ、

日本のSI業界(SE)もまだまだ捨てたもんじゃないなと思えたのが一番良かったことだろうか。

ただし大手、あんたがたはもっと頑張れ。

4/1

| コメント(0) | トラックバック(0)
今日の挨拶:

この文章はモールス信号で打ちました




.
.
.



閲覧者にわかるかあああああああ!
(参考:http://www.google.co.jp/ime/-.-.html)

ということで閲覧者的には心底どうでもいいところからスタート。今年はエイプリルフールもネタ全開で喜ばしいことである。
気になる方はこのへんから探すと早いかと。

そういえば、昨日言っていた改題のお話は一旦保留。いや、まあ、なんというか



風邪引いたっぽいので早めに寝ます。



Written by Kamiya

よりにもよってこのタイミング。

コレもエイプリルフールネタだといいのに...本当、予告したことは何かしらの理由で実現しないなぁ...