2012年3月アーカイブ

と、いうことで

| コメント(0) | トラックバック(0)

30日付けで会社を辞めたKamiyaです。

これでノーマルルートから修羅場ルートへスイッチ。しかし企業年金やら何やら、辞めないと気にもしないことが一杯だ......

 

さて、突然だがこのブログも改題しようかと思う。そんなに意識して付けたわけではないが、ラノベからマルチメディア展開された某作品に影響されてしまった感もあるのでちょっと引っかかってはいたのだ。

(ちなみにこの某作品、アニメコミックラノベ含めちゃんと見たことはなし。最近こういうパターン多いな......)

 

会社も変わって生活も多少変わることなので、心機一転と言うことで。

とは言った物の、設定方法どうすんだとかなんか気の利いた名前が浮かぶかとか色々課題があるので途中で挫折したら元のままになるかと。

 

結果は明日の日記で。とにもかくにも一区切りである。SEIのネタストックもかなりあるので早めに書き出しておくか......

Written by Kamiya

 

と、ここでふと気付いた。最終日の退勤時間ちゃんと入れてたっけ......?

どこまでも締まらないないまま、次へ続く。ごめんなさい部長。

現在、AM 3:40。



今日会社を辞める人間の帰宅時間がこれっておかしいだろ。(よくある話とも聞くが)



3月度、改めて振り返るとまあよく働いたものである。

というか移動が多すぎて実働時間の1/3は歩くか電車乗ってるかという状況で仕事時間が削られた上に、引き継ぎ先が4月以降じゃないと対応できないので3月から入るのは無理と言われるなど、年休消化ナニソレな状況だった。



まあ、正直いってしまえば辞め方については失敗したことは間違いないだろう。

基盤部分のみだが、一人で進めてるシステムの担当者が退職するというおおよそ組織にとっては悪夢のようなことをしたので、まあ多少ごたごたするかなと思ってはいたものの、この展開は想像以上。

休みが取れないどころの話ではない、最後まで徹夜同然という状態で退職することとなった。



ということで、先週から更新が滞っていたことの説明が以上。辞めるにあたっての経緯とか、残念さはあるけど後悔は無いこととか、色々と書きたいことがあったのだが、それは4月以降にさせていただくこととしよう。

本当は今書かないと忘れそうなので書きたいのだが、この状況では何ともしがたい。そして今日もあっち行ったりこっち行ったりで慌ただしくなる一日になりそうなのである。

Written by Kamiya



次の職場はそこそこハードモードと聞いているのだが、今の状況と対比したら「なんて楽な職場なんだ」と思う可能性大。

うちの会社も、ある意味ブラックと言えるかもしれない。

7年間で最も急がしい月

| コメント(0) | トラックバック(0)
辞める身として申し訳なさを感じて「せめて最後までこき使ってください」とは言ったが本当にこき使われるとは思わなかっった。

なにこの糞忙しさ。



週休1日レベルが維持され、春分の日は「遅刻しても怒られない平日」扱い。


ほぼ毎日どこかに移動しているせいで体力は削られ、引継ぎに気を使い精神力が削られる。
つくづく思うが辞めるほうが大変だなあと実感する。

Written by kamiya


この疲労感は驚異的。
3月に入ってから平均睡眠時間が4.5時間程度のKamiyaですこんにちはっ♪(無理矢理テンションをあげてみた)

さて突然だがスーツが破れた。正確に言えばスラックスの股上に近い部分が、何かに引っ掛けたのか、見事にざっくりと行っていた。

クールビズのため年に半年しか着なかったとはいえ、2着をローテして2年は着ていた安スーツ。

まあお役御免の時期かなあとあきらめて廃棄することにしたものの、そうなると我が家にスーツは1着しか無いことになる。

いくら何でもスーツ1着はリアルかりあげクン状態でよろしくない。
(彼のスーツはいつもチェック柄)



ということでいろいろと面倒くさくなった私は近所のAOKIでスーツを調達。

年を取ると着るものにこだわりがなくなるというが...ひたすら安いものを探してネットショップで済ましていないだけまだマシだと思いたい。



で、二着スーツを調達してきたのだが、そのうちの一着を物珍しさからこれにしてみた。

最近話題に上るようになった自転車通勤用スーツというやつでかなりの変わり物。
別に自転車で通勤するアスリート系の人間ではないが、でかいバッグを持って走り回る私には都合がいいかなと思って購入。



だがしかし、購入時の店員のおねーさんとの

「自転車で通勤されてるんですか?」

「あ、いえ、そういう訳じゃないんですけど、動きやすいかなあと思って」

という会話の後の、話すネタがなくなったような微妙な表情は忘れられない。

期待はずれでごめんなさい。


このスーツの細かい機能面はリンク先を見てもらうとよいが、リンク先の情報では伝わらない部分が2つ。



1つは手触りはっきり言ってよろしくない

素材を見てもらうと分かるがポリエステル100%。
帝人の新素材が使われており遠目からは普通のスーツと見分けがつかないが、近くに寄ってみて触ってみると明らかに普通のスーツよりざらざらがさがさしている。

手触りが悪いということはすなわち着心地も悪いということで、着た時の違和感はかなり強い。

着てしばらくすれば慣れてしまい、このスーツならではの動きやすさや扱いやすさが見えてきて印象が良くなるのだが、第一印象で「これは無いわ」と思う人もいるかもしれない。



2つ目は生地が伸びること。気持ち悪いぐらい伸びるので動きの妨げになりにくい。

この辺はさすが新素材、とは思うものの「なんだかスーツっぽくない...」とも思ってしまうのはやむを得ないかと。



さて、このスーツを一言で表すと何だろう。

会議中に暇だったので考えていたのだが、ふとあまりにも的確な一言が浮かんでしまったのでここで発表したい。



このスーツ、一言で表すと「スーツの形に裁断したジャージ」



一気にダサさ爆発となったがこの表現が適切すぎる。
いや元々のコンセプトがそうなんだから仕方ない話なのだが、言い方一つでここまでダサくなるとは思わなんだ。



とはいえフォーマル感は損なわれていないし、見た目としてもちょっと表面仕上げが違う普通のスーツ、ぐらいにしか思われないだろう。

機能性重視に振ったため動きやすいし汚れも落ちやすい。ここはポリエステル100%の強みだと思うが、そのかわり着心地はあまりよくない。

万人受けはしないと思うし、作り手もそこまで力を入れていないようだ(注)が、ニーズはあると思うので細々とでも作り続けてほしいところだ。
(注...AOKIのスーツでこのコンセプトで作ってるスーツは春モデルであるこの一着しか無い。要するにマーケティングのためのモデルのようなもの)

Written by Kamiya



余談だが、かりあげクンは同じ柄のスーツを十数着持っていたりする

その一つ前へ

| コメント(0) | トラックバック(0)

(注:今日は弩シリアスな話です)

 

今日は2012年3月11日。

東日本大震災から、1年。

 

大震災の翌日、少ないガソリンで車を転がし、何とか実家に戻った私を待っていたのは、子供の頃から過ごした愛犬の死だった。

私はこの震災で求職のニーズも減ると予測し、実施していた転職活動も止めて、自社の仕事に集中した。

 

それから1年。

 

愛犬と入れ替わるように、ネコのみかんがウチに居着いた。

私は結局自社から離れ、次の会社で仕事を続けていく事に決めた。

 

 

震災直後はこれでもう今の生活を守り続けながら過ごしていくのか......と思っていたものだが、一年過ぎたらこの有様に。

結局、ずっと同じ状況を維持、なんてことは出来ないんだなと悟った一年でもあった。いや、それが人間の性なのかも知れない。

 

年を取り常時変化する生物に「変わるな」という方が無理なのである。

ポイントはどう変わるかだが、結果がどうであれ、前を向くこと自体を楽しめる人間がいる。そういう人間がいる限り、日本の、人間の歴史はそうそう終わるものではないし、進歩も止まることはない。

 

いつか、「2011年に東日本大震災があったねえ......」なんて感じで年表の一項目として振り返られる程度になることを願い、そうするためには今何をしなければならないか考え、実践し、今日も明日もまた生きていく、それでよいと思うのだ。

Written by Kamiya

 

よく言う「子供達のために」、ってのは時間が離れすぎててピンと来ないので、取りあえずは会社の新人後輩連中をちゃんと指導していくことにする。

それが繋がって数十年後の人たちの助けになればそれで目的は果たせるわけだし。

ある意味東大と同じか

| コメント(0) | トラックバック(0)
絶賛求職中の方には怒られるかもしれないが、一つ気づいた真実。

入社するより退職する方が面倒くさい。

Written by Kamiya

それにしても、2月半ばに連絡した退職手続き依頼が、3月に入って不安になった私が指摘するまで放置されてたというのはちょっとどうかと思うよ。

後任が中々決まらない&決まってもちょっとアレな人で私からお断りさせていただかざるを得ないという状況と相まって、素で泣きそう。