2012年2月アーカイブ

友人の夫婦に娘が生まれて、3ヶ月ほど経ちある程度安定したので(赤ちゃんおよび親の住み家に)お邪魔する。

30前後という私の年代からすれば良くあるシュチュエーションである。そんなシチュは具現化したのが今日だったりする。

 

昨年結婚した夫婦もお子さんを授かっていてもう裏山おめでたいの一言しかないのだが、そういう状況を見るにつけ思うことが一つ。

さて自分は結婚して子を育てるというデファクトスタンダードかつ生物の最重要課題であるタスクが遂行できるのやら。

 

個人的な理想としては大学時代から付き合っていた彼女と28ぐらいで結婚するという物があったのだが、もはやそれは叶わぬ夢。

(まあ夢ってのは状況に応じある程度移り変わる物だからこだわりはしないが。

なお、「大学時代から付き合っていた彼女」というものがそもそも存在しないので一応補足する)

 

知り合いには「今の年収だったら結婚相談所に登録すれば確実に結婚できるよ」と言われたが、

結婚そのものを目的としたらその後続かないって言ってたのはあなたですよね。

 

なにはともあれ「是が非でも結婚し結婚生活を続けたい」と思うところがまずjはスタート地点らしい。

さて努力......する気にならない辺りが私の限界ということか。

Written by Kamiya

激動の一週間を終えて、来週からは平常運転に戻りそう。

とはいえ、そのレールは先々週までの物とは違う、一本隣のレール。

いずれは、今までのレールから遠ざかり、別々の場所へ行くレールになるのだ。

 

後悔はしていないが寂しさはある。それが正直なところ。

まあ、このブログもまたしばらく平常運転の毎日を綴るブログに戻ることになる。

 

それはそうとして、ちょっと前に書いた実家のネコ。

約半月ぶりに実家に出向いたところ、妙に巨大化し「みかん」と名前まで付いていた

 

20120218_mikan1.JPG

そのみかんちゃん。

 

一眼で狙うついでにじっくり観察。色はいわゆる茶トラ。しっぽは前足に回せるほど長く、体はスマート。

毛並みはショートでふかふかで、所謂普通の雑種ネコだが、顔がちょっと小ぶりでけっこうかわいい。

 

総じて言うなら美猫さん。余談だが、以前ウチにいた犬も雑種ながら、柴犬の純血種に間違われることがあるほど目鼻立ちがきりっとしていた。

どうも、ウチは容姿のレベルが高いらしい。犬猫だけは。

 

獣医さんからも純血種に負けないなかなかの美猫さんとの評価のようで、

 

「この間、この子の色違いが9万8千円で売ってましたよ~(笑)

 

なんて話をしていたそうな。ペットブームの闇を鮮やかに切り裂きすぎです獣医さん。

 

そんなみかんちゃん、今後これといったネタが無いときにたまに登場すると思われるのでお見知りおきを。

 

20120218_mikan2.JPG

まだ警戒は解いてないですよ 顔。たまにしか行かないから今後ずっとこの顔だろうなぁ。

 

Written by Kamiya

 

退職交渉については「もう止めてもしゃーねーな」という雰囲気が伝わったらしく、とくに引き留め要請は来ない模様。

ちょっぴり残念。(面倒臭くなくてよいけれど)

覚悟はしていたが

| コメント(0) | トラックバック(0)

辞意を伝えた直後の、上司同僚の目線は心苦しいものだ。

 

Written by Kamiya

 

だが後悔を全く感じていないあたり、我ながら気持ちの整理の付いた退職、と言うことらしい。

私の目の前にオファーレターがある。日本語に直すと「内定通知書」。

日本語を見れば何となくイメージがわくと思うが、一応説明しておくと、転職活動において内定が出た場合に渡される、年収やその他諸々の条件が記載された紙である。

 

このオファーレターが、企業から転職者への最終的な契約内容説明書となる。

つまり、転職者にとっては転職を希望する会社からのオファーレター受領が転職活動の終了であり、最終的な入社判断のための資料となるわけだ。

 

私の目に前に、紙がもう一枚ある。こちらは、入社誓約書だ。

こちらがいわゆる契約書であり、端的に言えば「名前書いたらちゃんと契約履行しろよ=入社しろよ」という内容だ。

 

そして、この紙に私の名前と押印がある。

印は、車を買うときにハンコ屋のおばちゃんにまんまと乗せられて買った分不相応な代物で、印鑑登録までしている正式な印鑑だ。

せっかくなので使ってみた。

 

やや話がそれたが、あとはこの紙を封筒に入れて投函し、会社に届いた時点で入社が確定する。

 

裏を返せば、とうとう会社に「辞めます」宣言をする事になったわけだ。

さて、私がこの宣言をすると、一体どうなるか......

 

ただでさえシステム基盤メンバーが足りない、おまけに私の持っている仕事は私一人が担当している、ダメ押しで4月以降の仕事のオファーがすでに2件来ている――

 

もう祭りになる要素しかない。

 

元々すんなり抜けられるとは思っていない。今私が見てる新人どーすんだーとか私の抜けた穴誰が埋めるんだーとか色々とあるだろう。

個人的には一人抜けた程度で崩壊する組織なんて組織であって組織でない、そんな体制組んだ幹部社員連中が頭悪い。

と思っているが流石にそれは言うべきではないぐらいに大人にはなった

 

取りあえず早いところ私を引き留めるのは無理と理解してもらい、私がいなくても仕事が回るようにしていく方向に持って行こうと思う。

その過程で繰り出されるあれやこれやの引き留め策生暖かい目とニコニコ顔で見守るのが私の現職最後の楽しみになりそうだ。

 

コレで「あっそう、いいよ」と一言言われて終わりだったら、それはそれでまた清々しく転職できるのだが。

Written by Kamiya

 

ところで、個人的には上司や周りの同僚よりも私が指導している新人に対しての申し訳なさの方が強い。

だって入社一年も経たないうちに、自分に指導をしてくれている、新人の立場から見ると手本とすべき社員が会社を辞めるのだ。

そんな状況を目の当たりにしたら、

 

「え 俺この会社入ったの間違いだった?」

「今までこの先輩に付いてきたけどまずかった?」

「ていうか俺これからどうしよう」

 

ぐらいの事は考えるだろう。今後の彼の社会人生活に大きな影響を与えなければ良いんだが......

サクッと忘れるインパクト強すぎて脳裏に刻みつけられるかどっちかだろう)

全俺が震撼

| コメント(0) | トラックバック(0)

転職(ほぼ)決定。

 

詳細は次号で!(眠いから)

Written by Kamiya

 

取りあえず次職もSEなのでこのブログのネタは尽きないかと。

そして昨年の給与より高いオファーをもらったはずなのに先頃届いた源泉徴収票を見たら昨年よりも年収が下がったオファーだったという意外性。

 

でも次の会社の方が(気分的に)うまい飯が食えそうなのでよし。死ぬ気で働く一年になりそうだ......(でも充実感ありそう)