2012年1月アーカイブ

久々の更新

| コメント(0) | トラックバック(0)

物欲倉庫に追加。旧HP時代も含め、初めての非デジモノ(CDもある意味デジモノだし)。

 

さて本当はSEIも一本書きたかったのだが、物欲に時間がかかったので次回以降に。

自分で言うのも何だが、次回のSEIはなかなかおもしろい話だと思う

Written by Kamiya

 

あ、また危険なフラグを立ててしまった......

実家に帰ったらなんかいた。

 

20120130_neko.JPG
(私の)母親にはよくなついているが父親にはなつかないあたり、男に捨てられたものと想定。

 

話を聞くと 生後2ヶ月の捨て猫&前足に深手 という死亡フラグ立てまくりで家の前で延々と鳴いてたのを保護したらしい。

保護したのが12月の半ば、保護するのが一晩遅かったらだめだっただろうとのこと。

 

なんというか死の淵にある動物を保護する家柄なのかもしれない。
(去年までうちにいた犬も子犬の時に 保健所or飼い犬 というデッドオアアライブな状況ですんでのところでうちに引き取られてきた)

 

保護してから1ヶ月、前足の怪我もほぼ回復。

今ではコタツの中でくつろぐくらい実家の環境にも慣れ、まあまあ幸せの日々を過ごしているように見える。

 

この話を「実家でネコ飼い始めてさー」という調子で知り合いに話すと「ネコ派に鞍替えしたか」とよく言われる。

いやネコ派じゃないなぁと言ったら、

 

「Full HD画質で5分以上ムービー撮り続けた奴が何を言う」

 

とか言われた。それはそれこれはこれ

 

ところで、犬や猫はしばらく見てると仕草や表情でオスメス見分けがつくものである。(さてこの仔はどっちでしょう)

自分でも不思議なのだが、目元あたりを見ているとなんとなく察しが付くあたりが私の役に立たない無駄スキルの一つというところか。

もしかしたらひよこ鑑定士とか向いてたのかも知れない。

 

 

さて忘れていないぜ今年の目標

 

一月も終わりになったころにやっと今年の目標を公表する事が出来そうだ。

スキル、生活、その他に分けて、できるだけ数値目標で立案することにした今年の目標は以下の通り。

 

1.スキル:TOEICで750点以上取得

2.生活その1:100万以上貯金(少なくとも月々の決算で赤字無し)

3.生活その2:体重を70kg前後まで落とす、もしくは体脂肪率を15%以下にする

4.その他:本、CDの所有量を年初の50%以下まで削減(特に実家に置いてある分は完全に処分)

 

以上4つ。では各目標に関してコメントを。

 

まず上の1つ目は結構大きく出たが頑張ってみたい。

もちろんその先には仕事や趣味で英語力を活用していくことで人生の幅を広げようという目標があるが、まず数値で出せそうな部分からアプローチしていこうと思う。

ちなみに現段階の得点は540点程度。さて200点、挑んでみたいと思う。

 

2番目3番目は要するに煩悩制御

と言うか、「そろそろお前いい年なんだからさぁ......」という自戒のための目標というのは公然の秘密。

 

こちらも現況を書いておくと、体重は76Kg、体脂肪は20%前後。そして貯金は50万以下というダメ人間。

とりあえず酒量の漸減がどちらにも効果がありそうなのでそのへんからアプローチ。

 

最後の4つ目は昨年からの続き。自炊環境を利用することで本を減らし、不要なCDはリッピングして売却or廃棄。

本当は昨年中に終わらせたかったが、自炊に想像以上に時間がかかったのでこなしきれなかった。

 

今年もすでに実家のマンガの大半を自宅に移動し、解体、スキャンを始めている。何とか今年前半中には終わらせたいところだ。

この作業の締めくくりは私にとっての聖典「かりあげクン」の電子化......これだけはできないかも知れない。

 

 

まあこんな感じの目標とした。ショボイといえばショボイが、いままでロクに目標も立てずに生きてきた人間ようやく計画性を持った生活を送り始めたというところだけでも評価に値すると思う。(ドヤ顔)

 

状況については定期的に公表する予定。

具体的にこのぐらいのペースで......と思っていることはあるが、例によって「予定を書くと叶わない」呪いがこのページにはかかっているので明言は避ける。

 

では、2012年もよろしくおつきあいください。SEI等の企画物もなるべく書くようにしていくので、たまーに見てもらえるともしかしたら役に立つことが書いてあるかも知れない。

 

言葉を返せば 「毎日見るほどのものではない」 とも言えるがそのへんはご自由に。

(ちなみに、もうこのページをリアルの知り合いに隠すつもりはないです > 現実の友人達へ)

 

Written by Kamiya

タイトルの「前の住人と~」を思い浮かんだとき、もしかしたら去年逝ったわんこの生まれ変わりなのかなぁとちょっと考えてしまった。

まあ確かめることは出来ないので、せっかくの縁だ、気の済むまでウチにいるといい......と思ったが、本当に生まれ変わりだったらこれだけは聞いておきたい。

 

お前、なぜに猫になった。
(犬より猫のほうが良いと思ったその理由がとても気になる)

言霊に恐怖

| コメント(0) | トラックバック(0)

先週三日間研修に行っていたため予定していた仕事が終わらず、土日を使って家で何とか形にしたらこの時間

 

月曜日の企業面接のための履歴書作成と職務経歴書作成が間に合わないので、やむを得ず明日(というか朝)にすることに。

 

本当に、迂闊にフラグを立てるもんじゃないなと思った。

 

Written by Kamiya

 

うーむ......手も脳も足りない。

どうしてこうなった

| コメント(0) | トラックバック(0)

ビフォー

20120115_isf_1.JPG

 

 

アフター

20120115_isf_2.JPG

 (補足:縁石に乗っかってしまい左フロントが完全に浮いている)

 

オートサロン3日目、午後のデモランセッションにて。どうしてこうなった という一言がとてもよく似合ってしまったシーンである。

ドリフトに失敗して攻めすぎてぶつけたとかならまだ理解も出来るが、残念なことにスタート直前である一枚目の写真からわずか5秒後の出来事。

まあ何はともあれドライバーのいたたまれなさっぷりが非常に印象的だった。どうかヘコまずに頑張って頂きたい物である。

 

せっかくなので、今回はオートサロンのデモランカー特集にしてしまうことにする。

 

・トヨタ 86 N1仕様

走っているところを生で見るのは初めてだが、軽快に走る印象を受けた。

ドライバーを務めた大嶋選手のコメントでも非常に乗りやすいとのコメントがあり、車そのものとして期待の高まる一台。

ただ、競技車両にしては音が結構マイルドで、D1車両やらその他のハイパワーカー勢に比べると気迫負けするのは致し方ないところか。

20120115_86.JPG

 

・リーフRC

電気自動車ナメてましたサーセン。加速は速いわくるくる回るわスゲーぞこれ。

見ていてかなり運転しやすそうな印象。エンジン音が無い代わりに小石が車体にぶつかる音と車体が風を切る音が聞こえるという、ギャラリー側にも新鮮な一台だった。

20120115_leaf.JPG

 

・インプレッサ IRC仕様

出ました新井選手。PWRCで見かけなくなって今何しているのかなと思ったらIRCに参戦してるのね。

まあそれはともかくインプレッサ。これは車がどうこうと言うより新井選手のショーなわけだが、最後に車から降りた新井選手が一言。

「ほとんどこの車は市販車と同じなんで、誰でもインプレッサ買えば今みたいな事は出来ます

 

......インプ乗りにプレッシャーを与え、購入のハードルを心なしか上げた一言だった。

20120115_imp.JPG

 

・マツダ 787B

私はリアル世代ではないが、この車の話は方々で聞く。レースカーを語る上で、唯一日本車でルマン24Hを制したこの車の話は必須だろう。

ルマン制覇20周年記念で、方々のイベントで走っていたようだが、どうもオートサロンでイベント出場は終了、これで見納めらしい。やはり機械的にシビアな部分が多いのか、スタートラインまでは手押しで移動、デモラン終了後も自走ではなく手押しで退場、と丁寧な扱いをされていた。

そしてそのエンジン音は段違い。バックファイアは砲撃音レベル、普通に走っているだけでも並のレースカーを凌ぐ音を出していた。こんなもんはもう作れないとは思うが、是非次世代ロータリーを積んだ車をマツダには出して欲しい。

 20120115_787B.JPG

 

と言うことでオートサロンモータースポーツデモラン特集、これにて終了。

その後、私はタイヤ臭を全身にまといながら出社しましたが何か

Written by Kamiya

 

今年の目標については書く日程は決めているが、言うと叶わなくなるジンクスが発動するので言わないことにする。

取りあえず、忘れている訳ではないです。

プチSEiその2

| コメント(0) | トラックバック(0)

さて前回の続き。

 

一緒に働いた人間ならまずリーダーに推さないであろう人(以降Aとする)をリーダとしたプロジェクトが始まったのは、震災前の去年の1月。その頃私は今の現場とは違う場所で働いていたので詳細な話は聞いていないが、初期はまだ平和だったようだ。

 

雲行きが怪しくなってきたのは夏に入りかけた5月末。私は今の現場に移動し(所属組織は変わってないので異動ではない)、他のプロジェクトの立ち上げを始めていたところだった。

 

自分の上司(Aの上司とは別)と仕事の話をしていた時、なんとなしにAのプロジェクトの話に話題が飛んだ。すると、ぼそりと上司が呟いた。

 

「A、最近来てねえんだよ......」

 

私は思った。「やりおった」 と。

 

別だって何かがあったという訳ではないらしい。ただ、ここ一週間出社しておらず、連絡も取れないという。

まあそれだけのことと言えばそれだけの事と言えるかも知れないが、如何せんAはプロジェクトリーダ、彼の判断や承認が必要な事もいっぱいある。

なんとか協力会社のとりまとめ役の方がサポートしてプロジェクトが破綻せずにいるようだが、だからといってそれでよい訳ではない。

 

結局、Aは1週間半ほど無断欠勤し、その後何食わぬ顔で出社したとのこと。

もちろんAは上司に散々怒られたようだが、ここからプロジェクトが本格的におかしくなっていく

 

その1:

まず、Aが会議中に寝るとのことで、各種会議には協力会社の人だけが出席するようになった。

 

その2:

さらに、Aがテスト計画の立案を協力会社に丸投げし、協力会社の人が計画立案と実施をとりまとめた。

 

その2改:

結局テスト計画に不備があり、テストのスケジュールが遅延したが、遅れを取り戻すために休日返上したのは協力会社の人のみ

Aはといえば遅れを取り戻すでもなく、リスケをするでもなく、進捗会議に出てただ進捗の状況を聞くだけでとくに対処はしなかった

個人的に親しいプロジェクトメンバーの協力会社の人曰く、「座ってるだけなら招きネコの置物の方がまだ価値がある」とのこと。

 

もっとも、この段になるともはや発注元である親会社からの信頼を完全に失い、スケジュール調整等はAの直属の上司である課長がやっていたのだから、置物を通り越して足かせである。

 

しかし、Aの上司はこの段になってもプロジェクトリーダを変えるという対応は行わなかった。正直どっちもどっちだ。

 

その3:

結局、テストの遅れとバグの発生が致命的なまでに深刻化し、親会社の担当者レベルで大問題に発展したあたりで「支援」という形でマネージメントスキルのある人間を数名関わらせるようになったが、時すでに遅し。

 

終局:

テストの遅れは取り戻せず、バグが収束しない状態で見切り発車的に顧客テストを開始

その結果が親会社の部門長まで巻き込んだ叱責と、自社の主力メンバーによる休日返上でのバグの洗い出しと再テストの実施である。

いざというときに個人ではなく集団として対応することが出来るのが組織力であり組織を構成するメリットではあるが、これは組織力の無駄遣いじゃ無かろうか......そもそも夏の時点でリーダ変えておけば済んだ話かも知れないのだ。

 

かなり早い段階(Aが1週間の無断欠勤を行ったぐらい)から、Aの上司に対して自分が一緒に仕事をしたときのエピソードを話し、リーダに不向きであることを訴えてきた私としては、どうしてもこの状況で進んで手助けをしてあげようとは思えなかった。

 

とはいえ直接関係のない自社の人間が休日返上で仕事をしているのは忍びない。協力会社の人にも迷惑をかけ続けるわけにも行かない。

それに気分が乗らなかろうが、片付けないと私の仕事にも色々な部分で支障が出る。そんなこんなで手伝いはしたものの......なんとも割り切れない気分ではあった。

 

 

さて、この場は組織力で乗り切れるだろうが、一つ気になることがある。うちの上司は今後Aをどう扱うつもりなのか

 

今回の一件でプロジェクトリーダとしては不向きであることが分かった。ではどうするか。

 

一担当者として、作業させる手もある。しかし、年功序列で上がってしまった今の単金(1ヶ月につきいくらで仕事を請け負うかの金額)はリーダを想定した額だ。

一般的に一担当者の方が単金は低い。同じ金額で一担当者として仕事をさせるのは厳しいので、単金を下げる、つまり実質降格とする形になるだろう。むろん給料も下がる。

 

それとも、単金を維持するためにまたリーダをやらせるのか。同じ失敗を繰り返すリスクは組織として背負うのか。

どちらにせよ、一つ分かっている事がある。

 

 

私が去年引っ張ってきた2年間で1億(親会社から自社への支払総額)の案件のうち、今年支払われるはずの6000万は他社に流れるんだろうなぁ......と。

Written by Kamiya

 

こういう事例を見ていると、大手企業が積極的に取り組んでいる「リーダ研修」の類がクソの役にも立たない場合があることがよおく分かる。

 

元々それなりにリーダが出来る人が研修でスキルを身につけ、より効率的かつ効果的な組織運営をするためには有用だろう。

でも根本的に向いてない人が研修受けりゃ出来るかというと、やっぱり無理だと思うのだ。

 

あと、PMPを持ってるからと言ってリーダ認定するのも止めて欲しいところである。最近は取得者が増えた関係で資格の価値が大分下がってきている印象ではあるが。

前回の日記で「色々とうまくいかない一年になりそう♪」とか書いたら風邪は治らないわ、仕事は立て込むわ、

 

隣のプロジェクトが大コケし、応援にかり出されて日・月がつぶれるわ(そして風邪は悪化する)

 

きっちりとフラグを回収してしまった。

そういうわけで前回予告の今年の目標は来週に。そういえば、

 

「日記に予告を書くと必ずその通りにならない」

 

というジンクスの実績もまた一つ増えたなぁ......

 

さてさっさと寝ないといけないところだが、どうしても今回のトラブルの一件が腹に据えかねるのでプチSEiを。

そうそう、せっかくなので一つお断り。SEiの内容は基本的に事実に基づいているが、稼働時期やシステムの規模など、システムが特定されてしまうような内容はあえて変えているので、SEiの内容からシステムを推測するのは難しくなっている。

以上を踏まえ、あくまで作り話としてお読みください。......ま、バレるときはバレるけど。

 

今回トラブったシステムは稼働を3月に控えたシステム。工程的にはお客さん側でテストをやっているような状態なのだが、ここへ来てもっと前の工程で見つかってしかるべきバグが多発してしまい、お客さん&親会社怒り心頭。

まあ、きわめて良くある話である。

 

ここまでなら良くある話なのだが、私が腹に据えかねているのは「以前からこの人は危険だから外してくれ」と上司に進言していた自社のプロジェクトリーダを使い続けた結果、やっぱりダメでしたという結論になっていることだ。

このプロジェクトリーダとは同じ作業メンバーという関係で、同じチームで仕事をしたことがある。年は30代後半、技術にも詳しく、仕事も遅くない。自分の作業に没頭して周りが見えなくなったり、若干上から目線で物を言う節はあったが、まあ人間関係を崩すほどのものではなかった。

 

しかし、一点気になる点があった。無断欠勤が多いのだ。私自身、「朝起きたら気が乗らない」という理由で会社を休むのはアリだとは思っているが、チームメンバーかリーダーに当日の朝にでも一言連絡を入れるのが社会人としての最低限の礼儀である。

だが、この人は何の連絡も無く、翌日or数日後に何事もなかったかのように出社して「ちょっと体調が悪かった」とだけ言って仕事に戻る。しかも、これが1月に数回。元々の上司に話を聞くと、どうも昔からの事らしい。

 

ここまでの経緯を知っている人間や、いまこの文章をみた人なら、この人をリーダーにしたらどうなるか、というかリーダーにしちゃいかんだろという結論に至るのが普通かと思う。

 

だが、上司は彼をリーダーにしてしまった、そして......長くなってきたので一旦切ろう。

Written by Kamiya

新年

| コメント(0) | トラックバック(0)

明けましておめでとうございます。

いやまあもう1月3日だろ何してやがったんだと言う話ですが、酒飲んで寝るを繰り返して気がついたらこんな時間に。

 

さて、個人的な印象なのだが今年は年初から微妙な事ばかり起こってテンションが低い。一例を挙げると

 

・犬吠埼まで初日の出を見に行ったのは良いが雲に隠れて全く見えず

・その帰りがけにゲームでクラッシュしたかのごとく前部と後部がつぶれたスカイラインクーペを目撃

・元日に妙にでかい地震で起こされ、ニュースを見てみたらM7.0の大規模地震

・初売りに新宿まで出たらものすごい人出でやる気を無くし撤退(その後再突入で欲しい物は入手)

 

等々。どれもこれも良くある話なのだが、「何だか今年は色々とうまく行かない年になりそうだなぁ......」というネガティブな印象に。

年明け3日目で今年を終わらせてしまうのは残念すぎるで、取りあえずは物事を良い方向に進められるようにしていきたいと思う。

 

と言うことでテンションの下がりきった状態でお届けした新年一発目の日記。新年の目標などは今週末辺りに書く予定。

ところで、個人的にとても嫌いな上司(でも人・物・金を握っている部長)から年賀状が来たのだが返すべきか......まあ、返しておこうか。

Written by Kamiya

 

そしてこれから新年一発目の仕事を自宅で開始。ノートPCさえあれば仕事できると言うのも何かと問題である。