2011年11月アーカイブ

久々に土日フル休日が手に入ったので、土曜日にフラフラとカメラ持ってお出かけ。

 

狙うは茨城・西山荘。あの水戸黄門こと光圀公の隠居の地であり、この季節は紅葉が素晴らしい。そう、今回の旅の目的は紅葉狩り

ネットで情報を集める限りでは今が見頃のようだったのでこの場所を選定。

袋田の滝がもう終わり、西山荘が見頃なので、今の紅葉前線の中心がこの辺なのだろう。来週はもう12月、おそらく、来週が関東での紅葉狩り最終日になりそうだ。

 

まあ、それはそれとして西山荘。車の方が便利なので車でGo。私の家からだと首都高に乗り、C2を南から北に上がって常磐道に抜けるルートとなるのだが、朝6時を過ぎたばかりなのに渋滞の情報が。

なんだそれと思ったら事故渋滞。朝っぱらから何してくれてんだコラと思うところだが、やむを得ず渋滞回避で下道を利用。

結局下は下でそれなりに混んでいたので渋滞をそのまま通過していた方が早かったような気もするが......過ぎたことは気にしない。

(この日は帰りがけの高速でもフェンスに突っ込んだエスティマを見かけたり、八王子インターでは料金所にバンが突撃して爆発炎上するわで事故多かった印象が......皆様もご注意を)

 

常磐道をひたすら走り、日立南太田インターで降りる。そこから国道293号、224号と乗り継ぎ、常磐道の流山インターチェンジから1時間半程度で到着。

到着時刻が9時過ぎだったため、まだ人もいない静かな時間。私と同じく写真を撮っている人を2名ほど見かけたが、それ以外はほとんど観光客もなし。取りあえず開いているようだが......

正直「あれ外したか?」と不安になったが、管理人のおじさまが「奥に行くと赤くなってますよ」と親切に教えていただいたので西山荘へ向かう。

 

さてその結果はと言うと......

 

20111127_red1.JPG 20111127_red2.JPG 20111127_red3.JPG 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上の写真の通り、中々良い感じ。来たかいはあった。霜が降りるほど寒いところだけが個人的に難点。(だから紅葉するわけだが)

 

余談だが西山荘の内部は個人利用のみ撮影可能という微妙な縛りがあり、ネットに掲載するのは果たしてどうなんだかよく分からなかったので、西山荘の外側で撮影した写真のみ掲載しておくことにする。

ちなみに中は杉林などがあり、静謐なマイナスイオンスポットとなっている。敷地もそれほど大きくなく、写真を撮りながらでも1時間程度でざっと回れるので、ブラブラ散歩するには非常に良い場所である。

ただし、入荘料600円オーバーという価格はちょっと高すぎる印象が......せめて500円以下ならもっと気楽に来られると思うんだが。

 

さて、西山荘の散策を1時間程度で完了し、次にどこ行くかと地図を撫でる(Androidタブレットのオフライン地図を利用。いやあ便利だコレ)。

調べたところ「竜神峡」なるものが近く(といっても20km近くは離れているが)にあり、これも紅葉スポットらしい。

次の目的地をここと決め、車を出す。

 

車を飛ばすこと30分弱、竜神峡に到着。何でも大吊橋が有名らしい(というかそれがメイン)ので行ってみた。

 

20111127_red4.JPG 20111127_red5.JPG 20111127_red6.JPG

 

取りあえず紅葉は良かった。山も適度に色づき、近くで見れば三枚目の写真のような紅さが目を楽しませてくれた。

だが、基本的に高いところがダメな人間が徒歩専用の吊り橋なんて平常心で渡れるわけがない。

 

写真を撮り終えたら早足で吊り橋を渡り切り、帰りはきつい坂道があると分かっていながら吊り橋を回避して下の道で戻った私を誰が責められよう。(ダムの堰堤を渡ったので結局高さがあるところを移動することになりどっちにしろ怖かったわけであるが)

ついでに戻り道で撮った写真も以下に掲載。

20111127_red7.JPG 20111127_red8.JPG 20111127_red9.JPG

 

紅葉が終わればいよいよ年の瀬。一応、12月にもやることがある(仕事も私事も)というのは幸せな話なのかも知れない。

Written by Kamiya

 

......でも、予定があるのは12月第一週の土日だけだな......ちなみに土曜日は知り合いの結婚式、そして日曜は発表時点から楽しみにしていた「Make: Tokyo Meeting 07」である。

詰問

| コメント(0) | トラックバック(0)

なあ......一体何を考えている?

 

土日に連日出勤し、しかも自分には一銭も入っていないじゃないか。(年俸制じゃないのに)

 

そりゃあもちろんちゃんと勤務時間として申請すればいい。だが、「金が無いから」という理由で余計な残業代、休日手当を付けられないがために(自主規制)だろう。

 

おまけに今日は何だ。14時から仕事をして上がりが22時半だと? ちゃんと勤務時間を付けたら1万円近くにはなる仕事量だぞ? それを無料(むしろ交通費分マイナス)で......ボランティアにもほどがあるだろう。

 

まあ、スキルの未熟な自社社員のフォローをしているのは分かる。だが、そのために自分を犠牲にしていい理由にはならないだろう。

そもそもお前が頑張って仕事をこなしてもお前のスキルが向上するだけで周囲のスキルは向上しないんだぞ。

 

おい、何とか言ったらどうだ! (以上、鏡に向かって

Written by Kamiya

 

「大人の事情」を存分に味わう今日この頃。

自分を苦境に立たせている自分のプロジェクトマネジメント(すでに半分手を離れているが)が悪かったのかとも思うとフォローもやむ無しではある。

......そう考えて自責にしておかないと、どうでもいいや状態になりそうで危険。人間、やる気にも限度って物があるのだ。

毒書の秋

| コメント(0) | トラックバック(0)
ドグラ・マグラ(上)ギャシュリークラムのちびっ子たち-または遠出のあとでを読了。

精神を病み始めて参りました。

せっかくの秋の夜長、いままで気になっていながら読んでいなかったものを読もうと買い込んだらこのザマ↓である。



家畜人ヤプー 沼正三

痴人の愛 谷崎潤一郎

砂の女 安部公房



小生物語 乙一

どすこい。 京極夏彦

嗤う伊右衛門 京極夏彦




元々かなりの乱読家なのだが、今回は輪をかけてバラバラ。いくつかは奇書扱いされる物まで含まれる始末。

コレに前述のドグラ・マグラとギャシュリークラムのちびっ子たちが入るのでもうどうしたものやら。余談だがドグラ・マグラの表紙がとても電車の中で読めない表紙になっているのは嫌がらせか。いや読むけども。



ちなみに金銭的理由や置いてなかったという理由で断念したのが「城の中のイギリス人」と「ファニーヒル」。

正気半分、狂気半分な秋の夜長になりそうである。

Written by Kamiya



ところで、新宿東口の紀伊國屋書店に行ったところ家畜人ヤプーが平積みで置いてあった。

新刊でもない本の平積みは店員さんのオススメだったりするが、かわいい女の子の店員さんがオススメで置いてたりしたらと思うとそれはもう(以下略)。

いやまあ、そんなことはないと思うけどね......ていうか誰得だよあの平積み

前から気になっていた展覧会、メタボリズムの未来都市展に行ってきた。戦後復興から現代に至るまでの建築、および都市計画をテーマとした展覧会である。

 

シムシティ好き、特に現代建築好きには垂涎の展覧会。海上都市や環状都市といった未来の都市の展示もあり、都市景観好きにも刺さりまくる展覧会である。東海道メガロポリスハァハァ。

 

未来的な建造物、都市計画の話が主の展示ではあるが、単なる構想レベルの物だけではなく、ちゃんと実現している物もあるのでその辺が面白いところ。単なる建物ではなく、都市計画レベルで実現されているものの実物写真などは中々壮観である。

 

森美術館、全体的に入場料がお高めなのが玉にキズだが、この展覧会は好きな人なら大満足だと思うので気になる方は足を運んでみてはいかがだろうか。

ちなみに、メタボリズム建築が結実した代表例として大阪万博のコーナーもあるので、万博資料映像的な物を見たい方も是非。

 

Written by Kamiya

むなしさの食卓

| コメント(0) | トラックバック(0)

車で出かけた昼下がり。腹が減ったので高速のSAに。そこで出会ったカツ丼カレーカツカレーではなくカツカレー。

 

朝から何も食べてない。名前のインパクトだけで注文

出てきたものは、普通サイズのカツ丼を大皿の半分に盛り、残りの部分にカレーソースを流した一品。

 

看板に偽りなし。直球勝負、というか直レーザー勝負はえぬきどまんなか。サクッと食べる。

 

 

......うん、味はおいしい。カツはしっかり揚がっているし肉もジューシー。カレーも専門店でないとは言え、そこそこしっかり作ってある。適度な辛みがちょうど良い。コクもあっていい感じ。

 

だが、期待していた物とは何かが違う。言うなれば、1+1=2 になると思っていたら 1+1=1.3 ぐらいだったような。

 

空腹ではない、何か別の物が満たされない、そんなむなしさが生まれた秋の食卓。

Written by Kamiya

 

ぶっちゃけ別々に食べた方が満足度高かったと思う。