2011年10月アーカイブ

7インチタブレット小戦

| コメント(0) | トラックバック(0)

ICONIA TAB A500が発売され、10インチサイズのタブレットの人気が出たのがつい半年前ぐらいか。

そのときからICONIA TAB A100さっさと出せと思っていたのだがようやく日本でも発売の運びに。

 

しかし11月末。欧米諸国ではとっくに売ってるんですが。

 

遅いとかもうIceCream Sandwitch出てるんですがとか色々気になる部分はあるのだが、売り出してくれるおかげで国内で実機を触ることが出来た。そのときに色々見て回ったので、今国内で購入可能(予約も含め)な7インチタブレットについてあれこれ。

 

まず、7インチで国内で買える(予約品含む)ものというと、

・ICONIA TAB A100
東芝 AT3S0
GALAXY TAB 7.0 Plus
・SHARP GALAPAGOS A01SH

ぐらい。中華PADならこの数倍のラインナップがあるが、ただでさえタブレットがキワモノなのに、さらにその最先端(ある意味)を行くような製品なので取り上げない。

詳しく知りたい方はこのへんのお店に行くと良い。重ねて言うが、オススメしない

また、Creativeの Ziio7と旧GALAXY TABも購入は可能だがもはや旧製品であり今から買うようなものではないので取り上げない。 物好きなら買っても良いかとは思うが、私が考える限り価格以外のメリットはない。

(そして価格のメリットもその他のデメリットを埋めるほど大きな物でもないだろう)

 

上記の中で発売しているのはAT3S0とA01SH。どちらも国内メーカー製品でモノはしっかりしている。軽いというのも利点ではある。が、どちらも残念なポイントがそれぞれある。

 

AT3S0は持った瞬間に「あ、厚い」と分かる厚み。あと、背面のプラスチックがとても安っぽく、質感がイマイチなのも残念。端的に言えば中華PAD臭がする。

この大きさでこの軽さというのは驚きに値することは値するが、何となく持ち歩きたくないなあと思ってしまうそんな子。

 

A01SHはデザインは秀逸。素材もアルミなので質感も良い。だが残念ながらタブレットの標準装備になりつつあるオートローテートロックスイッチが無い。(AT3S0はある)

タブレットやスマートフォンを持っている人なら、オートローテートをスイッチでONOFF出来る事の恩恵はよく分かると思う。これが無いのがこの機種最大の弱み。

別にそんなものはソフトウェアでやればいいので要らん、と言う場合はA01SHは優秀機種になってくれるだろう。

 

さて残るは7.0PLUSとA100。7.0PLUSは実機が触れない状態だが、旧GALAXY TABの性能強化モデルと考えてよさそうだ。後悔されている写真を見た限りではオートローテートロックスイッチは無さそうだが......どうだろうか。

性能的には不利であるはずの旧GALAXY TABがスペック以上の体感性能をもたらしている印象がある事を考えると、この機種もサクサクっぷりはかなりのもののような気はする。また、345gという頭一つ抜き出た軽量な機種であることも特筆だ。

しかし、この機種については「ちゃんと売れると良いね(販売停止にならないという意味で)」、というところが最大の懸念点なのは言うまでもない。

 

最後はA100。重量的には他機種に対しては不利(410g)だが、触ってきた印象だとそこまで重さを感じることもない。筐体も薄くて画面もそこそこきれい、デザイン的には背面カメラの場所が今ひとつ微妙ってところを除けば優秀だと思う。

 

このように特筆して他機種に劣っている場所が無い(強いて言えば今買えないこと)機種であり、かつA100は最大の魅力を持っている。

 

価格である。

 

小売価格が4万円なので、まあ安めっちゃあ安めだけどそれほどでも......と思う方もいるだろうが、誰が国内の話をしている

米Amazonでは349ドル。円高の今日この頃、76円換算としても日本円で27000円弱。送料、転送料を考慮しても3万円とちょっとあればおつりが来る。

関税がかかるかどうかは運次第(事実です)だが、たとえ関税がかかっても3万5000円以内には確実に収まる。ああ、悪くないな......

 

20111030_order.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 

ということでまた次回。

Written by Kamiya

 

実は個人輸入はコレが最初ではない。その話はこれが届いてからにしよう。

この動画を見てて思う。いやもっとあるだろうと。

 

と言うことでSEなら分かるであろう「あなた疲れてるのよ......」な行動10選。

 

 

・同じキータイプの間違いを3回以上連続でやる

(例:「。」を打とうとして「・」を打って消してまた「・」を打って消して......)

 

・ドキュメント作成中、頭に浮かんだ文字列(例:ああああ)を脳直でキーボードでタイプして「あ、間違えた......」と思いつつも数分間何もせずに固まる

 

・自販機で缶コーヒーの「あったか~い」を買おうとして「つめた~い」の缶のボタンを押す。

 

・自販機お茶を買おうとしたはずなのに気がついたらコカコーラ ZEROを握っている

 

・PCをシャットダウンしようとして何故か電源ボタンを押す

 

・Excel等の「保存」ボタンを押そうとしても狙いがずれて押せない。しかも2,3回続けて狙いがずれる

 

・土曜日に起きた瞬間に「ああ、会社に行かないと」と思ってベッドを降りる。(降りた辺りで気付く)

 

夢で設計書のレビューをしている

 

・特に目的もないのにteratermを立ち上げて適当なLinuxサーバにログインしてみる。しかし目的が無いので適当にlsコマンド打つだけで抜ける

・LinuxやUnixのコンソールにログインしているといつの間にか「shutdown」と打っている。 

Written by Kamiya

 

ええ、もちろん全て体験談です。最後のshutdownコマンドはオプションを付けていないのがせめてもの救い。

 

ところで、数日前に寝言で「なるほど、そうか!」と天恵を得たかのように叫んだ
何を得心したのか教えてくれ。
(泊まりに来ていた友人が聞いていてとてもビックリしたそうな)

さて前回の話の最後に出てきた復刻作品。

 

・ガーディアンヒーローズ

発売が1996年と15年前。セガサターンなのでもう少し遅いんじゃなかったっけと思っていたが考えてみればKOF95とかがセガサターンで遊べて、その時代の作品だからそんなもんか。そりゃ私も年取るわけだ。

 

ゲームシステムは所謂ファイナルファイト系だが、3ラインシステムの採用と簡単なコマンド入力による派手な魔法や必殺技の爽快感があり、一人プレイでも十分楽しめる。

また、当時のアクションゲームにしては珍しくマルチエンディングを採用しており、進め方次第で戦う敵もエンディングも違うが、トゥルーエンド的なものは無いので気軽に進められる。

ストーリーモードの1プレイ時間は30分-1時間程度なので暇つぶしにさくっとプレイ出来るところもよし。

 

マルチプレイはストーリーモードのマルチと対戦がある。ストーリーモードでは3ラインシステムのおかげで同士討ちを意図的かつ簡単に回避することが出来るので、複数人プレイでもストレス無く戦える。これはコレで良いのだがこのゲームのマルチプレイの真価は対戦のキャラクターランダムである。

 

対戦は時間制限のポイント制と倒されたら終わりの2パターンがある。どちらでも使用するキャラクターとレベルを自由に選択できるが、キャラクターランダムにすると各プレイヤーの使用するキャラクターがバランスなど完全無視の無作為で選ばれる

この操作キャラクターが異常に多いのがこのゲームの特徴であり、上はラスボス下は一般市民までゲーム中に登場するありとあらゆるキャラクターを利用できる。

そのため、ランダムにするとラスボス1体で他全員市民とかいう事態も発生し、逃げ惑う市民をラスボスが圧倒的火力で殲滅するというRPGの序盤的な展開にもなる。

 

このめちゃくちゃっぷりが多人数プレイでは面白い。4人プレイで2強2弱とかになると2強にちょっかい出してくる弱者がウザかったり、2強の決着が付いたあたりで弱者が残った方を倒しておいしいとこだけ持って行ったりと、弱い方は弱いなりに戦略考えて戦えるのである。

まあ、高レベルで全員市民とかになると終わるまで時間かかりすぎるので素直にリトライした方が良いと思うが。

 

こんな感じでMMORPGも無かったその当時のマルチプレイ人気をPSのブレイズ&ブレイドと二分した名作なのでXBOX360持ってる人は是非一度お試しあれ。

なお、アレンジ版でかなり調整されているようなので(未プレイ)、昔やってた人にはアレンジ版も楽しみな作品である。

 

しかし、15年も経ってから復刻ってのも珍しい。公式ページから飛べる開発者インタビューを見ると「知名度向上のために作った。売れたら続編作る」って事らしいが。

 

今続編作るならDSだろうなぁ。

Written by Kamiya

独身平民の楽しみ

| コメント(0) | トラックバック(0)

ブログの更新もせず、情報処理技術者試験の受験票が入った封筒の封も切らず(つまり試験はブッチ)ひたすらにACECOMBAT ASSAULT HORIZONとDEADRISING2 OFF THE RECORDをやりこむ日々。

 

せっかくなので感想でも。

 

・ACECOMBAT ASSAULT HORIAZON

買った直後にネットの評を見たら賛否両論で「外したかな?」と思ったが、最終的には割と良い感じの作品という印象に

 

旧作はミサイルでの撃墜が基本だったが今回はぴったり張り付いてマシンガン&ミサイルをたたき込むという強制ドッグファイト重視の作品に。

デモ見たとき「あんな狭いところどうやって飛ぶんだ」と思ったものだが一旦後ろに張り付いてドッグファイトモードに入ってしまうと半自動操縦になることで解決している。

モードに入ると地面などに激突することは無いようだが、人間ではまず無理な機動を強制される上に敵を倒した瞬間にモードが解除されるため、撃墜のタイミングを間違えるとモード解除直後に山肌に激突する。

 

この作品が賛否両論なのは今までに比べて全く戦闘スタイルが異なると言うことと、ドッグファイトがかなり疲れるので今ひとつ爽快感が薄いことが原因じゃないかと思う。

現実世界をベースにしてるのでトンネルくぐるなんて無茶もしない、今までのシリーズの醍醐味はほぼ無くなったがマンネリ感を打破するために色々苦労したんだなというのは伝わってくる。

 

ゲーム前半は変わったシステムと妙にかったるい機動のせいで、そもそもどうやって敵を倒せばいいのか感覚がつかめずにストレスも溜まるが、後半になりシステムを理解し、機動力のある機種を手に入れるとこのシステムの面白さが活きてくる。

 

最後の頃は立派にエースの戦いぶりを楽しめるので、ストーリーも決して悪い物じゃないだろうが、アメリカTueeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee!!! なシナリオがお腹いっぱいな人にはうんざりな話ではある(私もあまり好きではない)。

だが現代世界でまともに空戦出来て他の国にちょっかい出せる国はこの国しかないから仕方ない。

 

今までからすれば異色だし次回作でこのシステムが引き継がれるかは微妙だが、「こういう見せ方もある」ということを示してくれた良い作品だと思う。

 

とりあえず「現代戦でドッグファイトなんてまず発生しない」というセオリーは置いておこうか。

 

・DEADRISING2 OFF THE RECORD

2の世界の主人公をフランクさんにしてみました。それだけの作品と言えばそれだけの作品。よく言えば資源の再利用、有り体にいれば使い回しその辺は制作サイドも気にしてるのか定価も安い

しかしフランクさんのキャラクターで十分おつりの来る作品でもある。やはりデッドラの顔はこの人だ。

 

ストーリーは完全にパラレルワールド。2の主人公であるチャックの代わりにフランクさんが動き回る。ただ、完全にチャックがいないわけではなく、ちゃんと登場する。

皆までは言わないが、このシリーズを分かっている人にとっては予想を裏切らない登場の仕方をしてくれる。しかも結構序盤で。

 

一部を除きほぼ2と同様にストーリーが進むが、あまりにも2の世界やキャラクターを上手く利用しすぎている気がする。と言うか、これって実は2のストーリー案の1つだったんじゃ無かろうか。

最終的にコンペで負けた物が、お蔵入りにするのは残念な完成度だったので売り出してみた的な......ストーリーも正直こっちの方がしっくり来る(2で感じてた妙な違和感がない)あたり、実はこっちが本命だったような気さえする。

∞モードもちゃんとあるし、これは楽しめそうである。

 

......さて、この2作品に埋もれてしまったが、これらの発売日の前日にセガサターンの名作がXbox Liveで配信されていたことをご存じだろうか。

長くなってしまったのでその話は次回に。

Written by Kamiya

 

高校時代のパーティプレイと言えば、ブレイズ&ブレイドと、これである。

ついカッとなって

| コメント(0) | トラックバック(0)

CEATEC行ったり山中湖行ったり。その場の思いつきでフラフラ行くのはいつものことだが。

 

CEATECではやはりというか何というか、3Dテレビと4K技術が各ブースで幅をきかせていた。まあ今年以降のトレンドなので各社注力するのはうなづける。

3D技術では裸眼3Dの技術展示が目に付いたが、実際出来が良いものも結構ある。FA・システムエンジニアリングのブースでは裸眼3Dとしては疲れの少ない3D映像が展示されており、ここまでになったんだなあと感心した。

まあ、コンテンツの内容が医療関係者向けのオペの資料映像で、地上波ではモノクロにされたあげくモザイクかけられるような映像である事は些細なこと、である。でも眼球にメスとか痛いから。

 

その他、個人的に惹かれたのは東京農大と沖電気が組んで展示していた「超臨場感テレワークシステム」。

その中に忙しさを推定する技術として、PCのキー操作やウィンドウの開き方などを評価して人の忙しさを計るという仕組みを展示していた。何でコレに着目したかというと、

 

・導入の容易さ(PCにソフト入れれば済む)

・利用者に意識をさせずに測定が可能

・今まで見えにくかった部分を定量化することが出来る

 

というところから、かなり実用性の高い仕組みだと思ったからである。で、こいつを何に使うかというと......最近流行のカイゼンというやつに応用できないかなあと考えている。

 

忙しさと作業時間を乗じることで成果物からの推測ではなく、純粋な作業量を計ることが出来る。

であれば、計測した作業量と作業の結果となる成果量を比較することで、作業量に対してどれほどの成果物が作成されたかを数値として示せるのではないか。

つまり作業の効率化を行った際、より定量的にその効果を示せるのではないかと。コレは使えるかも知れない、という商売人的根性でこの技術の説明を聞いていた。

 

まあ、キーロガーのような機能を他人のPCに仕込むわけで、スパイウェアとも取られかねないソフトウェアの扱いがグレーゾーンであるとか、PCを使わない作業の忙しさが計測できないなど問題はあるが、平易な仕組みで「忙しさ」を計測しようとした目の付け所は素晴らしい。

 

 

そんなCEATECの翌日にぶらり山中湖へ。特に理由もあったわけではなく、

 

どこかに走りに行きたい→道志みちなんてどうだろう→じゃあその終端の山中湖に行って帰ってこよう

 

というそんなノリで山中湖へ。結果、朝も早よから出かけていって現地滞在時間(車から降りてぶらぶらした時間)15分弱で帰宅。相変わらずピットストップのような観光だった。

占めて300kmほど走って行って帰って約6時間。ほとんどアクセル踏んでただけだったが、久々に走りきったので満足。

ん? 情報処理技術者試験? まあ、気にしなさんな。

Written by Kamiya

 

システムエンジニアインサイド追加。今回は「あるある」って感じの話かも知れません。

IS12Tアップデート

| コメント(0) | トラックバック(0)

IS12Tのアップデートが来たのでアップデート実行。アップデート手順が分かりづらいがトップページの「auからのお知らせ」をスクロールすると出てくる

スマートフォンでまとめてアップデートサイトを作っていただいたのは分かるが、正直分かりづらいんですけどau様。せめて機種専用ページに情報載せるとかしませんか。

 

公式のアップデート方法手順書ではWindowsPC用の物しかないが、Windows Phone 7 Connector for Macを使う事でMacでもアップデート可能。

ソフトウェアのダウンロードにはAppleアカウントが必要だがMac野郎の方々ならすでにお持ちのことだろう。私はIDもパスワードも失念して作り直したが。

 

ソフトウェアをインストールした後はWindowsPhoneをつなげば「更新をチェック」的なボタンが出るのでそれを押すと後は自動でアップデートされる。

この辺はWindowsとほぼ同じ手順のようなので問題ないが、私の環境だとUSBポートによってWindowsPhoneを認識したりしなかったりという事象が発生したので、Macで端末認識がうまくいかない場合はUSBポートを変えてみることをオススメする。

しかし、PCが無いとアップデート出来ないってのはPC用OS売るための施策ってのが見え見えで何ともいやらしい仕様である(だからMac使ってアップデートしてやったのだが)。

 

アップデート自体はバグフィックスがメインの模様。音楽を長時間聴いていると落ちる、と言ったメモリリーク風のトラブル対応などが入っているようだが、それだけで100MBものアップデートパッチになるとは考えにくい。

おそらく、あまり表に出せないようなバグフィックスも多数盛り込まれてるのだろうが、まあ新機種(新OS)の宿命である。

 

個人的に直っていて欲しいのが、たまに電源が落ちるという事象。もちろんバッテリー不足というオチではない。

はっきりとしたタイミングは分からないのだが、事象から推測するにどうも新規メールを受信するタイミングで電源が落ちているようなのである。一週間に一回ぐらいは発生するので使用に支障が出るレベルなのである。

ネットを探るとこの機種の電源落ちはよくでてくるのだが、どうも原因が複数ある模様。アップデート後にも直っていないという報告もあり、まあモグラ叩きで直すしかないだろう。

 

後、Gmailを受信後、返信すると文字コードの関係かタイトルが「??????」になる事象も直ってると良いなあと思ったのだが......こちらは残念ながら解決していなかった。

コレ直らないとメール端末として使えないんだけどなぁ。Gmail使うなって事か

 

まあ元々が技術的興味で買ってみた端末だから、不具合は調べて直していくしかない。いい加減本腰入れて調べるか。

Written by Kamiya

 

アプリの数の少なさ、上記のような不具合など、正直スマートフォンとしてオススメできる状態に無いのがIS12T。インターフェースやハードはいいのだが、今のところはネガティブ面が多すぎる。

Cメール送信不可とか絵文字表示不可など、Androidですら出来るものが出来ないのは後発組の意味がない。というより、ローカライズが全く間に合ってないということだろうけど。

下手するとこの一機種で国内展開終わっちゃいそうな気がするぞ......モノは悪くないんだから頑張れメーカー。

ちょっと用事があって実家に戻った帰り際。母親が一言、

 

「新米があるけどどうする?」

 

喜んでいただく以外にどんな選択肢があるというのか。たとえそれが精米前の玄米であったとしても。(コメ農家のコメの保存方法はほぼ玄米です)

帰りの道中で、玄米で貰ったコメを自動精米器で精米して普通の白米に。玄米の方が栄養価は高いのだが、やはり普通に食べる分には白米の方がおいしいと思う。

白米の中にちょっと混じってるぐらいなら食感のアクセントにもなって良いのだが。

 

家に帰って早速2合ほど研ぐ。新米かつ精米したてならでは、少し研いだだけでとぎ水が真っ白になる。古いコメや精米して時間の経っているコメだと水に糠が溶け出さず、あまり白くならない。

つまり、コメに汚れや糠が固着している状態なので、食べてもあまりおいしくなく感じるわけだ。

 

軽く研いだら炊く。新米なので水の量は気持ち少なめに。炊きあがりのブザー音がしてから10分ほど置いて釜を開けると、良い感じにツヤの出たご飯がいた。

一通りご飯をかき混ぜたら最初の一杯を茶碗によそう。が、特におかずも何も用意せず取りあえずよそってしまったのでどうするか悩む

悩んだ結果冷蔵庫にあった生卵を直接落として卵かけご飯でいただくことに。それでは一口。

 

......うん、まあ、感動するほどのおいしさってあんまり無いものだよね。おいしゅうございました。

Written by Kamiya

 

新米だから必ずすごくおいしい、って物でもないわけで。あんまり体調良くないのでおいしさ半減ぐらいはしてたかも知れないが。