2011年9月アーカイブ

先週自宅でサマーウォーズ秒速5センチメートルを見たせいか、何となく映画見たい欲が出て幕張のシネプレへ。

 

見たかったのは少し前のブログでも触れた「世界侵略:ロサンゼルス決戦」と、一応コレでシリーズ的にはひとまとまりとなりそうな「ワイルドスピード MEGAMAX」。

 

注意:以降、少しネタバレを含みます。

 

 

先に見たのはロサンゼルス決戦。これは地球防衛軍的なノリなのかなあと思って見てみたが、残念ながらそうではなかった。

 

結論:海兵隊のPV

 

特にストーリーをひねることも無く、海兵隊最強&アメリカ最強というお話。世間一般で言われる「ハリウッド映画」のテンプレートと言っても良いぐらいの代物だった。(ほめてません)

何というか、新しく牛丼屋が出来たので取りあえず行って牛丼の並盛りを頼んだら吉野屋の牛丼とほぼそっくりのものが出てきたような気分。

いやまあある程度分かってたけどもちっとヒネれよ。攻めてくるのがエイリアンだろうと他国の兵士だろうとどっちでもいいストーリーも何とかして欲しかった。

 

 

 

比較的がっかり気分で続けてワイスピ。こっちは中々面白かった。

 

結論:カーアクション映画としては優秀

 

内容的には1~4(MAX)までのまとめ的な内容。時間軸的には3が一番後になるが、話としてはMegaMaxでシリーズ総括って感じである。

 

このシリーズはマニュアルミッション礼賛で有名なのだが、今回はあまりマニュアルミッション礼賛って感じではなくなっている。カーアクション自体は見所が多いが、単なるレースだけじゃない部分が多いのも今作の特徴。

 

シリーズのまとめをしようとして色々詰め込んだ感はあるが、全体として楽しく見られた。ただし、ストリートレースの映画という面が大分薄れてしまっているのは4と同じで、5はストリートレース要素はもっと薄い。レースそのものは一工夫してあるが。

 

結局は1・2の雰囲気とは違うので4がダメな人はダメだと思うが、4が多少受け入れられた人、また今までのシリーズの同窓会が見たい人はどうぞ。

 

さて、明日は知人が出演するオペラを見に行くことになっている。なんだかんだで芸術の秋状態になっているそんな今日この頃。

Written by Kamiya

 

MegaMaxを見終わった後、ちょっぴりワイルド風味に車を飛ばしていたら、

 

リアルポリスに停められたのはここだけの話だ。

(注意で済みました)

 

レース観戦後とカーアクション系映画鑑賞後の運転にはくれぐれもご注意を。

毎年話題には聞くものの、どうも今ひとつ腰が上がらずに行きそびれるイベントというのがちょこちょこある。

私の場合、「花火大会」「クリスマスライトアップ」というのが二大巨頭なのだが、コレに続くのが「東京ゲームショー」

 

今年もスルーしようかと思っていたが、友人からのお誘いがあり行くことになった。と言うことで行ってきました東京ゲームショ-2011

今回初めて行って、会場を出たときにしみじみ思ったことが一つだけ。

 

「誘われてももう行かない」(あくまで私のポジションの場合はということで)

 

 

何があったかと言うと――

 

いつもの通勤より少し遅く家を出て、電車に乗って海浜幕張の駅へ。到着したのは10時少し前、開場が10時だったので多少並んでるかなあと思って会場に着いたところで ( ゚д゚)ポカーン

 

ナニコノ人の群れは

 

少なく見積もっても1000人近くが入場待ち。しかも入場待ちの場所は炎天下の駐車場。パッと見で「正直1時間で入れれば良い方かなぁ」と早々に覚悟を決めさせてくれる人数である。

よく見てみれば日傘を持ってきている人もいて、この人たちは去年も来ている手練れの人だろうなと思いつつ「問題点が分かってるなら解決してくれよ主催者」とも思ったり。

 

この時点で正直お誘いなんてどうでもいいから帰ろうかと思ったのだが、ここまで来てただ帰るのもパッとしない。ともかく入場してみようという結論に達する。

当日券を買って入場待ち列に並ぶ。列は駐車場の外まで伸びていて、列に並ぶと駐車場に案内され、そこで待機することになる。

 

駐車場はビニール紐で複数区画に区分けされており、各区画ごとに入場案内することで混雑を避ける仕組みらしい。待ち時間に不満を漏らす糞ガキお子様を横目に待つこと50分

11時になるかというタイミングで、ようやく入場。だが、中は中で大混雑。

 

同じく混雑することで有名な東京モーターショウも去年までは幕張メッセ開催だったので、あれぐらいかなあと思っていたのだがこれはそれ以上の混雑。ただ人が多いだけじゃなく、こちらの方が無秩序な感じがするのはイベントの年齢層のせいなのか、当然のように闊歩するコスプレイヤーの方々のせいなのか。

 

......とまあこんな感じでやっとこ入場したはよかったが、元々目的としていたイベント(お誘いもこのイベントの関連だった)はすでに終了、特に欲しいグッズも見たいゲームがあるわけでもなく、PS Vitaの初代PSP並の分厚さに少しがっかりしたぐらいで早々に出てきてしまった。

 

こうして、1200円払って得たものは残暑の日差しによる日焼けとチラシ二枚

あ、明確な目的が無い人が行っても微妙な気分で終わると言う教訓を得られたのは今後の事を考えると良いことだった、と思っておこう。

Written by Kamiya

 

ゲームの体験版がネットから落とせるから特に行く必要ないや、って思う人も増えてきてる気がするが......そういうものでもないのかな?

最優先事項

| コメント(0) | トラックバック(0)

イヤホンが壊れたので急遽調達。で、レビュー。(SHURE SE425

 

会社の行き帰りに音楽を聴いてストレスを出したりしてるところがあるので、音楽が無くなると結構辛い。出費としては予定外だがやむなし。

何気にイヤホンのランクを維持しているのもやむなし。(一旦上げたらもう下げられないトラップ)

Written by Kamiya

 

音楽、映像、絵画、その他諸々、人間の感性に関わる要素って金がかかる。絶対的基準が決まってないから仕方がないが。

久々にお客さん先でシステム基盤のレビューに出てきたら、「後は読んでおくから」と一言言われ打ち切られるそんな今日この頃。

お客さんも知っている類似のシステムをベースにしているのであまり説明するつもりはなかったが、あそこまでバッサリ行かれるといっそ清々しい

 

インフラ基盤は「動いて当たり前」、お客さんとしてもほとんど気にしない。システム基盤の立場を的確に表した名言「怒られはしてもほめられはしない」、それを思い出させてくれた一幕だった。

というか、この感触だともう対面レビューしなくていいんじゃなかろうか

事実次の打ち合わせがシステム基盤の内容だけになりそうになったら断られたし。レビューしてもらおうが貰うまいが、こっちとしてはそれなりの物を作るつもりだからまあいいけど。

 

さてそれはそれとして、個人的にお客さんとのコミニュケーション能力は付けたいところ。今回ももう少し上手く捌ければもう少し実りある打ち合わせになったんじゃないだろかと思うのもまた事実。

 

元々人付き合いは上手い方ではないので所謂「察する」という能力には長けていないことを自覚している。この能力を高めるにはとにかく人付き合いをしていくしかない。

それと同時に思うのがやはり既婚者の人の方がコミュニケーション能力は高いなぁということ。だからこそ結婚できる、と言うのもあるが結婚しているとコミュニケーション能力は自然と高められていく物らしい。

であれば、結婚するのも一つの手かも知れない......

 

 

あれ? もしかして、「自分のスキルアップのために結婚したい」とかのたまったのか私......

 

......Σ(゚д゚lll)

 

Written by Kamiya

 

我ながら酷いと思う。そして、結婚できない理由をまた改めて実感する。

SEIを更新

今回は割と良くある話@SE業界みたいな感じで。

 

そろそろ誰かのお役に立てるような技術文書書こうか私......

 

Written by Kamiya

IS12Tレビュー公開。詳細はリンク先にて。

Written by Kamiya

 

何か書こうとすると仕事が忙しくなるそんな不思議。